God only knows

NO L'Arc, NO LIFE!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
金沢公演のMCレポです。本編レポ前編はこちら、後編はここに。
総括含め、ものすっっごい長さになってるので、読むには少し覚悟が必要かもしれません。

昨日のHz、面白かったですね。レポ書きながらだから余計に、ライヴのHYDEさんのイメージが強くて、見た瞬間、同一人物だよなー?と思った(笑)中野のホストHYDEもちょっと見てみたい気もするけど、でも、歌っててこそHYDEなんだろうな。

さてさて御託は置いといて、レポの方をご賞味あれ。MCの位置とかは本編レポでご確認ください。
【MC1】
「金沢ー。いま地球上にいなかったね」
唐突過ぎてなんのことか一瞬わからなかった(笑)友人によると、その後、宇宙にいた?と訊かれて、
「うん、宇宙にいた」
と答えたらしい。これもいきなり宇宙が出てきたように聞こえたから、一体どうしたんだろうと思って。
「もう帰って泣きたいくらい」
ええっ?
「終わろうかな」
早いよ!(笑)
「楽園へ行こう」「最高の夜にしようぜ」「照れててそのままライヴ終わっちゃっていいの?」
いつもの「裸になって」のところで、『HYDEも脱いでー』とか言い出した客がいて。前にもそういう感じのこと言った人いたけど、適当にあしらってたのにこの日は、
「そんなこと言ってるからばかなんだよ!!」
いよいよ呆れたんだろうなあと。本気で怒ってる言い方ではなかったけど。
「服じゃなくて、心のこと。そしたら、行けるから」
悪魔のささやき(笑)悪いことしてやしないのに、そんな気分になる。

【MC2】
「すごいね。いいね、金沢」
一言目に「すごいね」って。すごい満足そうだった。
「金沢ね、何年ぶりかに来たんだけど。バンバンV4って知ってる?」
そう言ってるようには聞こえたんだけど、知らない名前だったので調べた(笑)地元のファンの人とかは知ってるのかなーやっぱり。ラルクで、93年のClose by DUNE、FEEL OF DUNE、95年のin CLUB '95で来てるところです。何度も来てるとはいえ、10年以上経っても覚えてるなんてよっぽど印象深いところなんでしょう。
「あそこ楽屋にトイレがないんですよね。踊り場とかでしてた」
してないだろう(笑)楽屋にトイレがない話でいうと、他にどっかよく言ってるところあるよね。パチンコ屋のトイレ借りるとかいう…どこだったっけな。
「デビューした頃に来たことあるんだけど、そのとき、カウンターのある小料理屋みたいなとこに入って…、ちがうか。ラーメンとかあった気がする」
だいぶ違うんじゃないですか。しかも友達が、隣だった地元のファンの人に聞いたところによると、そこは小料理屋でもラーメン屋でもなく、好み焼きの店だったらしい(大笑)
「店長みたいな人が(このへん曖昧)こっちへやって来るから、ヤッベー、バレたかなと思ったんだけど」
いやいや。本人もちょっと笑ってた。
「そしたらね、『すいません、奥田民生さんですよね?』って」
似てないよ!客席からも似てないとか、HYDEの方がカッコいいとかいう声が上がる。するとHYDEさん、髪を耳にかけてるから見える横顔で、秘密打ち明けるみたいないたずらっぽい顔して、
「実は似てんねんって」
しかもおばちゃんバリの手振りつき(笑)
「ちがいますって言いましたけどね」
それ奥田民生で通してたら面白すぎるよ。
「金沢あんまり見てないんですよね」
富山に泊まらず夜のうちに移動したのに?まあ富山だったらすぐホテル特定されちゃっただろうけど。泊まるなら全日空だろうねって、日程出たときから言ってたんですよ。それじゃなかったら名鉄、みたいな。どーせ田舎ですよ(笑)
「金沢って名物とかあるの?」
最初に美術館!って大きな声で言った人がいたんだけど、微妙な反応。いろんなこと言ってたけどあんまり聞き取れなかったなあ。あと兼六園とか。金沢大学って言ってる人もいて笑った。それ名物じゃないんじゃ…。なにか言われたのか、
「魚おいしいらしいね」
とか言ってた。あんころもち!と言われたときには、
「あんころもち?日本昔話みたい。(日本昔話風の声で)オラぁ、あんころもち、見つけただぁ」
会場中が大爆笑!HYDEが、ライヴハウスで、日本昔話のモノマネをするところに遭遇できる可能性ってすごい少ない気がする(笑)うまい、とか似てる、とか言われて、「似てるでしょ?」とか言ってなんかうれしそうだった。
「じゃなくてさあ、もっと夕飯のおかずになりそうなもの…」
とHYDEが言いかけたところへ、ものすごい勢いで「治部煮、治部煮、治部煮!」って声が(笑)
「じぶに?」
大きな目を見開いて。鴨肉入ってる、と言われて、
「鴨が入ってるの?」
おいしいよ、と客もとにかく推す。
「だってー!聞こえたかな」
誰に言ってるのかと思ったけど、たぶんスタッフに向かって言ってたんでしょうね。今日の夕飯は治部煮を用意しろと。横暴なアーティストだなー(笑)

【MC3】
ピストルの音はするんだけど、なぜかこの日はステージが暗くて、あんまりよく見えなかった。でも2周、3周目くらいでかな?仁ちゃんのあたりでパン、と音が。MCが流れるまでの間にHYDEさんが仁ちゃんとこへ行って、なんか話しかけてた。仁ちゃんになったの?みたいな話だったのかな。仁ちゃんがうなずいてるのは見えるんだけど、なにせ顔がああだから(笑)表情はまったくわかんないし、大体しゃべれるのかな、あれで。
「セ、セセセセンキュー、センキュー。地元のみなさん、こんにちは。恒例となった、メンバーMC」
このへんは前といっしょ。
「HIROKIの煽りが聞きたかった人ー?」
盛り上がってるので、なんかよくわからないけど客席はイエー!(笑)ディテールは覚えてないんだけど、いつものHIROKIの煽りが入ってました。
「KAZの愛のささやきが聞きたかった人ー?」
愛のささやき?KAZさんのラフな声で(初めて聞いた!)、
「だめだよ、盛り上がらないから」
えええかわいいよKAZさん(笑)声も言い方も。
「FURUTONの愛のささやきが聞きたかった人ー?」
やっと念願のFURUTONの声が聞ける!
「俺といっしょに夜明けのコーヒーを飲もうぜ」
わーんカッコいいよー!(笑)渋くていい声でした。すきだなあこういう声。
「HYDEの愛のささやきが聞きたかった人ー?」
ここまでもちゃんと結構盛り上がってたんだけど、やっぱりKINGにはかなわないようで、すごい歓声が。でも、
「かんべんしてくらさいよー」
なんだよね(笑)くださいって言えてないもの。

【MC4】
ドラムでドコドコ、アンコールを促すスタッフ(笑)毎回趣向を変えて大変だなあ。
現れたHYDEさん、水鉄砲を手にして(FAITH飛行船の写真参照)うれしそうにステージ前方へ。子どもみたいな顔して、客席の端から端まで水をかけまくる。これね、スタッフ的にはいい手だったんだろうけど、そしてHYDEさん的にもペットボトルよりも広範囲に水を撒けるし、いつもと違うやり方で楽しかったんだろうけど、かけられるほうにしたら結構戦々恐々です(笑)水かけられること自体は気持ちいいんだけど、水鉄砲の水って、遠くてもかなりの勢いで飛んでくるんですよ。眉間にヒットしましたよ。ピシッと。それなりに痛いよ(笑)顔に来そうになったら目閉じないと危ない。
メンバーが各楽器を調整してる間、客席前方では「出たい人ー!」とサルベージ作戦が行われてて。この日は救出された人、かなり多かったんじゃないかな。涼がいた場所でも出たいって言ってる人がいたくらいなので。それを気にしてか、HYDEさんがギターを爪弾きながら、「死にそうな人はいまのうち手挙げといて」って。
その救出も一段落ついた頃。
「楽しくってしょーがない」
これを2回か3回繰り返して言ってました。ほんと楽しそうだなあ。
「これからノンストップで行くからな」
てことはUNEXPECTEDなし?えらいことになってきたなーと(笑)
「次はみんなで歌って」


【総括】
順番的には富山を先にしないといけないんだけど、記憶が薄くならないうちに金沢を繰り上げました。えらいことになってました金沢。こんなHYDEさん初めて見た。っていつも言ってるかな?(笑)
UNEXPECTEDがない初の試みだったっていうのを、FAの日記見て知って。たしかどこかでラストがUNEXPECTEDじゃない公演があったから、あ、同じだなくらいに思ってたんですよ。でもあのときは途中にあったんですね。この金沢の盛り上がり方とHYDEさんの「地球上にいなかった」状態が、なにによってもたらされたものかわからないけど(もしかしたらセットリストかなとか)、この公演は最後がMIDNIGHT CELEBRATIONで正解だったと思う。セットリスト決めるのは公演前だろうから、こうなることを予想してたわけじゃないだろうけど。でも最後がUNEXPECTEDじゃないってわかってるから、そういう方向へメンバーが持って行こうとしていて、それにうまいこと客が乗れたってことかもしれないですね。すごいなーライヴって。
ちょっと話逸れますが、つい先日友達(一般人)に手帳を見られて、「来週もライヴやん」「え、同じやつなんやろ?そんな何度も見て毎回興奮できるん?」と大真面目に訊かれてしまったんですけど(笑)、イエスかノーかで答えるなら自信を持ってイエスだなあと。そうじゃなかったら毎回こんな長ったらしくレポとか書いてられないし。同じ同じっていうけど、たしかに同じツアーなんだけど、毎回のライヴって全然ちがうものだから。それを知らない人に向かって説明するのはとても難しいなと思った。言葉じゃないんだよ。
えーとそうそう、金沢のことでした。こんな始めっから遠くへ行っちゃってるHYDEさんは初めてでしたね。川崎ではずっと笑ってて楽しそうだったって言ったけど、それとはちがう種類の笑いだった。うまく形容できないけど、なんかおかしいなー大丈夫かなーっていう(笑)そう思ってたのは涼だけかもしれないですけど。あくまで涼個人の主観では。
本編レポにも書いたけど、マイクの音量が小さかったのが唯一残念だったこと。もしちゃんとしてれば、もっと最初っからHYDEさんと同じところへ行けたのかなあと思うから。
金沢は涼がいた場所(富山では安全だった)でもすごい押しで、後ろからも押されるし、横に列になってて隙間とかないのに割り込もうとする人がいるから横からも押されて、なんか左右にも揺れてた気がする。何度も死ぬかと思ったんだけど、このライヴをこの場所で体感しないでどうするんだとなんか使命感のようなもので(笑)、なんとか粘りました。でもつらかったなあ。Tシャツの上にパーカー着てたんですけど、パーカーは明らかに自分のものではない汗で濡れて変色してるし伸びてた。つらかったにはつらかったけど、もしかしてこれがHYDEさんのいう楽園へ行くための手段なのかしらとか、ほとんどどうかしてる頭で考えたりしてましたね。
まあでも、楽しかったですよ。ちょっと変なHYDEさん見れたし(笑)終わったあとすぐ相方に、今日来てほんとによかったって言ったくらい。相方はこれで豊橋までがんばれるって言ってた。……許可なく書いたら怒られるかな(笑)
そんな金沢公演でした。さあ次は豊橋!












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://7thskylight.blog42.fc2.com/tb.php/93-c9bbfbb6

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。