God only knows

NO L'Arc, NO LIFE!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
えー、いまさら感を漂わせつつの雑感です。まあいつものことさ!(開き直りもないと壊れちゃうのさ~♪)ほんとは雑感ってリリース1週間後くらいまでの、新鮮な気持ちかつあまり聴きこんでない状態のものを言葉にするのが理想なんですが、言っても始まらないので当時書いたメモなど見ながら書くことにします。

そういえばMステの感想も書かずじまいになってるような気がするけど、びっくりするほど安定してましたね!ピッチが!トークの部分は「ど、どうしよう大丈夫か…てかkenちゃん、help them!」とか筋違いなことを思いながら見てましたけども。ほんとは心配だったのは歌よりギターの当て振りだったりしたんですが、それもそんなに気にならず。歌ってればなにもかも大丈夫ってことか…(よみがえる美嘉ちゃんとの共演)。あ、でも、間奏の喘ぎ声ですべてを使い果たさないでくださいHYDEさん、とは思いました。だってそのあと明らかに不安定になってたんだもん…惜しい、惜しいよハイディ。

結局、Mステで演奏してたのは去年のツアーのメンバーだったんですよね?アーリーはチェック柄のシャツですぐにわかったんだけど(そこかよ)、Ju-kenが赤髪じゃなかったので、動きがどう見てもJu-kenだけどでもツアーのメンバー入れてるかもしれないし…とか思ってたんですが、例によって例のごとくFAがJu-ken玉を日記に載せてたので「ああやっぱりそうですか」と。というかFAはhyde玉がhydeファンにドン引きされてたことを知っているのだろうか…。

閑話休題。まずはタイトル曲、I GOTTA~から。一応前置きしますが、長いです(笑)

この曲は解禁当時、わたしがそれほどいい感触を持っていなかったのをご存知の方も多いかと思いますが、いやーわからんものです。いまやすっかり虜に(笑)しょうがないよね魔性なんだから、と片付けるのは簡単ですが、それでは雑感にならないのでちょっとずつ分析してみましょう。

サビの失速感(※イメージです)や、“My heart by you 撃ち抜かれ”って「えええ」という腰砕け感が決してなくなったわけではないんだけど、「よくできてんじゃん(微笑)」という感慨が新たに生まれてきたんですよねえ。なぜ上から目線なのかとかはツッコまないでください。ソロではどうしてもこうなるのです。意識しているわけではなく。

まずもってキーが高いですよね。HYDEが書いたソロのための曲にしては。HELLOとかも高めで突き抜けた感じはあるけど、それよりもまた一歩突き抜けた感じというか、ずいぶん弾けたなーというか(笑)ここまでやるとは、って感じの徹底ぶりがある意味HYDEらしかったりもするんだけど(LOVE ADDICTのときより売れることを意識したって言ってましたよね)。

こういうアレンジで、バンドが演奏してて、HYDEがこういう歌い方をしてるからロックの要素があるけど、それを全部取っ払ってメロディだけにすると意外とかわいい感じなんですよ。いっぺん鼻歌で歌ってみてください。意外と悪そうじゃないでしょ?(笑)いかにもHYDEです、っていうまるで名刺のようなコード感はありつつも、Aメロで両側で鳴ってるコーラスの組み方にしても、かつては「ハードロック縛り」があったソロらしからぬキャッチーさ。

Mステで物議を醸した喘ぎ声(笑)に限らず、ここ最近のはいどの傾向にならって、歌声に艶っぽさだったり色気はあるんだけれど、全体的に「弾けたなー」っていう印象がやっぱり強い。あくまでイメージで受け取ってほしいんですが、「こんなのもできるんだぜ!」的な(笑)“(可能性へ)か~け~よぅ!”って歌ってんですよ?どうしちゃったの、ハイちゃん。

と、言いたくもなるってもんです。ラルクならばいざ知らず。“Don’t’ you look back”の入り方とかもそうだし。“滑らかな sexy line”って歌う後ろじゃ手拍子するかのようなドラムが鳴ってるし。

歌詞は日本語・英語まじりで、これまでのHYDEやVAMPSを踏襲したスタイルだけど、その中でもめずらしく、日本語と英語が同じくらいの比率になってますよね。個人的にはCOUNTDOWNの原曲(日本語まじりの方)なんかは中途半端に感じて、なんかむずむずしてたんですよ。どう言ったらいいのかわからないけど、「う…うん、まあ、いいんだけどさ…」って感じというか。ますます意味がわからないか。

なんにせよ、ここまでくるとあっぱれというか(それこそMy heart by you以下略とか)、むしろ新しいジャンルのようになってきたなーと思って。ここまでまぜこぜにされてると、日本語なのか英語なのかたまにわからないじゃないですか。ま、これはHYDEが歌ってるからですけど(笑)

こないだ広島へ行ったとき、某因島出身バンドのファンだという友人に付き合って因島の縁の地ツアー(我々で言うところの聖地巡礼)をしてきたんですが、そのときヴォーカルの親戚のおじさん(笑)が、「昭仁は言葉がはっきりしてるでしょ」って言ってたんですよね。それを聞いたあと相方と、「うちのヴォーカルは真逆だね」って話をしたんだけど、はいどって昔からそうですよね。言葉よりリズムであってメロディ。

それゆえに「何言ってんのかわからない」とか言われてきたわけですが(笑)、対外的な評価はおいといて、ラルクにおいてはそれでよかったんだと思うんですよ。歌だけ聴かせるバンドなら言葉を聞き取ってもらわなきゃ意味ないのかもしれないけど、歌もあくまで1つのパートで、ヴォーカル、ギター、ベース、ドラムで1+1+1+1>4のバンドだから。

話が逸れたけど、hydeにしてもHYDEにしても、独特のリズム感と音の捉え方を持ってて、それがおもしろいと思ってるわたしとしては、これは新たな可能性だなーと感じます。中途半端なのよりずっと。ほんと言えば、もう全部英語にしちゃえよ日和るなよ、と思わないでもないんだけど(笑)、まああんまり過激なこと言ってもあれですからね。過度に媚びない限りは、ある程度寄り添っていくことも(HYDE的には)必要なんだろうし。

それから、歌詞の話の中に組み込み損ねた話をひとつ。“好きだけを 詰め込んで 飛び乗ろう”ってところがあるじゃないですか。これって、言葉も意味もちがうけど、“お気に入りの服に さぁ着がえたなら”と似てますよね。ニュアンスが、というと語弊がある気がするけど、はいどのこういう言葉選びが好きなんだよね、としみじみ思ったのでした。

ヴォーカル以外だと、ドラムもニヤニヤしちゃうようなフレーズがそこかしこに散りばめられてて、なかなか楽しいです。ドラムじゃない人がリズムを考えてるときの常で「手が足りない」とかいうことがあったらしいけど、だからこそ出てくるものもあるんじゃないかと思うんですよね。それこそ手の本数を度外視したフレーズとか。

余談ですが、これを書くのにドラムばかり繰り返し聴いていて、「この曲2拍4拍が強いような…」と思ったんだけど「それって4拍子じゃなく2拍子ってことなんだろうか…」と悶々としました。GiGSでスコアが出ることを祈ります(じゃないと解決しそうもない)。3歳から某音楽教室で習いながら、楽典が大の苦手でほぼスルーしていたわたしがなぜ一度も落第せずに進級できていたのか、いまもってまったくの謎です。

話を戻して、ベースもJu-kenが苦労したっていうのわかる気がする。雰囲気なんですよね。ほんとは雰囲気じゃないのかもしれないけど(笑)、素人耳で聴く限りでは。K.A.Zみたいな職人っぽい人とやるときは大変だろうなーと勝手に同情。おまけにHYDEもようわからんこと言うしねえ。ギターはもう、言うまでもなく。去年から何度も言ってるけど、HYDEがK.A.Zとやってなかったらわたしはこんなに真剣にHYDEのソロを追っかけることもなかったと思う。

えーと、c/wのTROUBLEについても書かなきゃいけないのに、スペースと時間が厳しいぞ、という感じがただよってますが(笑)、一応、初聴きの雑感への追記的なことだけ書いておこうかな。

最初にこの2曲を聴いたときは、どう考えてもc/wがいいと思ってたんですが(単純に好みの問題で)、じわじわKICK STARTがきたのは、やっぱりHYDE曲はスルメってことなんでしょうか。結構言われてるけど、わたしはあまり感じたことがなかったんですが、こういうことかーとちょっと納得。まだ一例目なので、あくまで「ちょっと」。なんかわかんないけど中毒性があるんだよね。決してストライクゾーンのど真ん中ではないのに。

あとは全編英語ということで、thの発音すごいがんばってるね!とか(でも“we were really thrilled”はちょっと飲まれてると思う)、“next space shuttle”が全然そうとは聴こえないとか、いろいろないでもないですが(笑)、リズムと音と声の絡みが絶妙で、HYDEのことをよくわかってアレンジしてあるなあという印象でした。キャーズがやってんだから当たり前じゃん、と言われればそのとおり。ごもっともです。

これライヴでどうするのかなっていう話は初聴き雑感にも書いたけど、でもこれだけ踊れる曲にアレンジしといて、やんないってことはないですよねー。きっとしれっとやってくるにちがいない。に、一票。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://7thskylight.blog42.fc2.com/tb.php/801-324e7d41

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。