God only knows

NO L'Arc, NO LIFE!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
を、昨日だかおとといだかの夜にZEROで見ましたが(例のエイズの啓発イベント)、これ、どこがおかしいか気がつきました?evergreenなのに「ラルクアンシエル hyde」。なんだか不思議なことになってます。不思議といえばTERUさん含むすべての人にカッコ書きで年齢が入っていたのに、hydeっていうかHYDEだけはただの「ラルクアンシエル hyde」でしたねー。いつも思うんだけど、これって自己判断なんですかね?それともなんかこう、闇から闇へという言葉があるくらいだから、そういったなにか大いなる力がはたらいているのか…気になるところです。

なんかものすごく久しぶりにメイクばっちりじゃないHYDEを見たなーと思ったんですが、それよりなによりあのカーディガン!あれ、ちょうど去年の今ごろ、1人大阪キャンペーンのときに着てたやつと同じじゃないですか?たぶんこのときも着てたんじゃないかな。いかにも魅せる(見せる)格好じゃないなぁ、まあラジオだしねえ、と思って見てたのに、普通に着てましたね。一応“魅せる”仕事だったと思うんだけれども(笑)

番組ではevergreenのサビが1フレーズ流れただけでしたが、他にもなにか歌ったのかな。イベントのことは趣旨以外知らないので、各アーティストがほんとにライヴ形式でやってたのか、それともそっちはおまけって感じだったのかわからないからなんとも言えないけど、いつ練習したんだろう。というのもなんかちょっと、変じゃなかったですか?(笑)

変っていうと語弊があるけど(それ以前に失礼です)、リズムが原曲とちがったと思うんだけど気のせいかしら。前が伸びて後ろが詰まってましたよね?端的に言うと。最近はライヴバージョンばかり聴いてたし、自分の記憶も若干あやしいと思って久々にROENTGEN(アジア盤)を聴きながら歩いていたら、いつの間にか脳内のevergreenが日本語版になっていてびっくりしました。ツアー中は日本語脳にするのにあんなに苦労したのに!

たった1フレーズ(つまり“This scenery is evergreen”だけ)の映像を繰り返し見たりするものだから、冬ってこともあってにわかにROENTGEN熱が高まってきて、絶っ対に、天地がひっくり返ってもありえないことがわかっていながら、「アコースティックライヴやんないかなぁ…」と思うスズさんでした。

単にVAMPSを始めたばっかりでそりゃないだろうとか、いまのHYDEは静的なものに興味はないだろうとかそういうこともあるんだけど、こないだのJINちゃんのインタビューじゃないけど、やっぱりROENTGENみたいなものが生まれるには条件があると思うんですよね。製作(レコーディング)と再現(ライヴ)はちがうけど、再現するだけにしたって、そう。

VAMPSのライヴでもROENTGENの曲はやるけど、もうあれは全然別のモノ。たしかにライヴでも秀逸な瞬間(たとえばいつぞやの“その手をつないで”とか)はあるけど、“But my heart is beating fast Perhaps we’ll meet again”の、わけもなく涙が出るような切なさはない。はいどって昔から、喪失の空虚感を描くのがすごく上手いと思うんですよね。あたたかいものが残っているからこそ感じる冷たい空白を。……おっと話が逸れてきましたよー。相変わらずおそろしいな、ROENTGENは!すぐ人を鬱陶しいヤツにしちゃうんだから!(責任転嫁)

ところで“But my heart~”んとこの日本語訳ってどんなだったっけ。聴きこんでないSHALLOW SLEEPは普通に英語脳のままだからな。えーっと……(確認中)……えっ、こんな詞だっけ!?(笑)いやぁどうりで思い出せないはずだ。Lynneちゃんのトランスレーションはかなり日本語に忠実だから、わりと想像がつくというか、日本語詞との乖離が少ないけど、意外とちがってたりするんですよねえ。一度でいいからトランスレーションのやり取りの過程を見てみたい。

うーん…こんな話をするつもりじゃなかったのに、気づけばだらだらとROENTGENの話になってしまいましたが、まあ冬だし、年に一度くらいはいいじゃないかということでご勘弁を!(笑)さっき見たらHurry Xmasグッズの発送メールが来てたので、次はその話かな…と思ったけど、後半の雑誌チェックの話をするとか言ってしてないですね。もうプレゼンやらテストやらで脳内が絶賛師走中(?)でしてねー…なにがなにやら。知らないうちに大学から呼び出されたりしてるし。

なんかはしかの予防接種を全員しなきゃいけないことになったらしいですよ。保健センターで「インフルエンザ(の予防接種)は10月の終わりぐらいにやったから大丈夫です」って言ったら、「あなた段取りいいわね」と言われました。そんな段取りのよさよりも、インフルに負けない強いからだがほしいんですが(切実)。

涼さんお久しぶりです☆あいです(*^^*)相変わらず、ちょくちょく読ませて頂いてます!!
私もZERO観てて、ラルクアンシエル HYDEっていう表記に違和感ありました~。
私はこのイベントに参加していませんが、行かれた方のレポを読ませて頂いて、はいどさんは他の出演者とのトークなどには参加せず、1人でANGEL'S TALEとEVERGREENを弾き語りで歌って少しMCもしたようです♪(検査受けて来たとか)
私、以前涼さんが言っていたようにこういうイベントに、はいどさんが参加する事あまり良く思ってなかったんです。でも、私服ノーメイクで歌うはいどさんはHYDEでもhydeでもなく、人間はいどって感じでじーんときてしまいました…。
たったの数秒だけど、はいどさんの思いが伝わってきたような気がしました。こういうのも意味がある事なのかなぁーって。ズームインではもう少し長めに流れたみたいですね☆
私も、一度でいいからはいどさんの弾き語り聴いてみたいです(>_<)
長々とスミマセン~。あと、ハロウィンレポ楽しみにお待ちしてますね♪

2008.12.03 23:23 URL | あい #- [ 編集 ]

>あいさん

こんばんは!お久しぶりです~。

Angel’s Taleもやったんですねー!行かれた方がうらやましい…!evergreen変だったとか言っといてなんだって話ですが、いえいえ、あれはきっとアレンジだったんですよ!(笑)わたしもROENTGENの発売当時は音源以外は追いかけてなくて、何年か前にHYDEアンプラグドを一回見たっきりなんですが、いいですよねー、弾き語り。それが実現するのが早いか、HYDEが森の人になるのが早いかって感じもしますが(笑)

最初に出演の話を聞いたときはどうだかなぁと思ったんですが、トークには参加せず、歌ってMCをちょっとしただけだったっていう話を聞いて、実際歌う姿を少しでも見て、わたしもこれはこれかなと思いました。メッセージばかりが変に一人歩きしないで、地に足つけて自分にできることをやってるあたりが。こういうふうに身軽に動けるのも、“ラルクアンシエルのhyde”以外の、独立した“HYDE”っていう立場をひとつ持ってるからなのかなあとも思います。ラルクのhydeって書かれてましたけどね(笑)

コメント、そして情報ありがとうございます!最近は忙しくって更新どころかネットもろくにできてない状況だったので、あいさんに教えてもらわなかったらたぶんずっと知らないままでした(笑)しかもすでに一ヶ月以上前のことになってるハロウィンレポを楽しみにしてるなんてありがたい言葉もいただいてしまって…なんとか、年内にはアップできる状態にしたいと思ってます。わたしはなにより先にこれをやりたいんですけどね~社会がなかなかそれを許してくれなくて(苦笑)

2008.12.04 23:57 URL | 涼@管理人 #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://7thskylight.blog42.fc2.com/tb.php/772-5f10f319

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。