God only knows

NO L'Arc, NO LIFE!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Hurry XmasのCM、ではなく、“Hurry Xmasの流れる”レガシィのCMを捕獲すべく、この週末は奮闘しました。MY HEART~のときはかなり長い期間にわたって延々と流れてたけど、NEXUS 4みたいに一時期は猛烈に流れてもぴたっと止む、とかありますからね。放送開始直後で比較的よく流れるときに捕獲しておかないと。

購買層的に土曜は朝か夜だろうと読み、午前中の4時間ぐらいと、19時からの4時間をだらっと録画し、3倍速でざーっと確認したら、午前中は空振り(関西ローカルの番組が多いからかなぁ)、21時台か22時台に1回流れたのが捕獲できてました。あ、録画はできなかったけど、おとといは17時すぎにも1回、唐突に流れてましたよ。ちなみにいずれも関テレです。カンテ~レ♪(ローカルネタ)

CM自体はサイトでも見れますが、なんというか…BGMがHurry Xmasである必然性はあまり感じられない(笑)まあこの時期、なんであろうとテレビからラルクが流れてくるってだけでじゅうぶん貴重なので、文句は言いますまい。昨今のCMとは一線を画す、シックで品のある映像に仕上がってるのはいいと思うんですよ。ただ、あのPVにこそふさわしかったパーティミュージックが流れてるってことが、若干の不自然さをかもし出してるってだけで(笑)

そういえば、レコーダの番組表を見ながらどこをねらうか考えてるときに、ふと目に入ったミュージックフェアの番組内容にDAIGOとがっちゃんの名前があったので見たら、Ju-kenさんががっちゃんの後ろでベース弾いてました。おお、あの赤い髪と動きはまさしく…!つい、HYDEの「ゴリラが帽子かぶってんのもアリだな」を思い出し、各方面に謝罪しておきました。ごめん、がっちゃん、Ju-ken。でも言ってたのはHYDEだから!

というわけで、今日はそんなことも書いてあった月刊妖婦Vol.05の感想です。今月号はテキスト量が非常に多く、とても読み応えのある内容でした。普通だったらカットして他と合わせるところ、無理やりにでもテキストを入れようと、ページによっては行間をギリギリまで詰めている様には感服いたしました。スタッフのVAMPS愛に拍手!

■HYDEインタビュー
ほんとにロングなインタビュー。二日酔いじゃないときにとったようで、まともです(笑)

(ツアーのコンセプトとして)名古屋がよかったって話が出てましたが、これはほんとにそう思う。HYDEが言うように、毎日VAMPSファンがうろうろしてるのがおもしろいのもあるんだけど、とにかく駅から近いから楽なんですよ。とりあえず物販行って荷物は駅前のホテルへ持って帰ってきて、ちょっと休憩(と言いつつ仮眠)してからやおら行く、っていうのが。帰りもテンションが持続したままホテルへ戻れるから楽しいし。

大阪は会場が遠くて重たかったとも言ってますが、あのねえ、毎日家から通うほうがもっと重たかったんだからね!(笑)南港遠い。遠すぎる。あそこの開発が上手く行かなかったのもうなずける遠さ。というか、そんなにものすごーく遠いってわけでもないんだけど、不便なんですよね。行くのがめんどくさい。梅田とか難波とかから行くにしても、乗り換えが多くて。そういえばZepp Osakaって契約が切れて、更地にして返してくれとか言われてるんじゃなかったっけ?その後決着はついたのかな。…もしかしたらすごい昔の話してるかもしれないけど(笑)、そういう話ありましたよね。どうせ移転するならもっと便利なところにしてほしいな。

HYDEがやりたかったのはJESUS始まりではなく、MADE IN HEAVEN始まりだったっていうのはちょっと意外でした。あんまりJESUS始まりとは出会わなかったからそっちのことはよくわからないけど、結局JESUSがネックなんじゃないかと思うんですよね、わたしは。あれがセクションの真ん中にくると流れが途切れる。

自分が行った公演のセットリストだけ並べても、迷走してるのはよくわかる(笑)中には当たりもあれば、これ微妙じゃない?ってのもあって。で、本人がベストだって言ってる28日のセットリストを見ると、なんか中盤にTHE OTHER SIDEとか結構謎なんですが(笑)東京へ戻ってからはそういう感じでやってたの?

ギターは成長したけど、歌は「低迷してる」っていうのにもちょっとびっくりした。いやいや、FAITHの頃と比べたら全然ちがってたよ!底上げしてたし、安定してた。ラルクと比べたらラルクの方が難しいし、そこで出してるもののことを考えたらまだまだだなってことなのかもしれないけど、「今日は歌がよくなかった」って日がなかったのは大きい。…と思うんだけどなあ。ファンからすればストレスがなくて非常に楽しく回れたいいツアーだったんですが。「ファンからすると」とか言っちゃいけないか。「“ファンだからって大目には見ませんわよ”スタンスで日々生きているわたしからすると」。

ギターはまあ…あ、わかった。ギターは本業じゃないってことで普段からかなり大目に見てるから、たぶんちょっとやそっとの成長では「すげー!」ってならないんだと思う(笑)だって派手にまちがえたなーっていうのは基本的にHYDEだし…でも本人が言うように、昔はたしかにカッティングしてる感じがちょっと変だった(笑)それに比べたらずいぶんギタリスト然としてきたなとは思いますよ。隣にK.A.Zがいるから、「すごいね、ハイディ!」みたいになかなかなりにくいけど。

しゃべらなくてもそれが当たり前、特にライヴのテンションにも影響しないっていう人がいる一方で、しゃべらないと「機嫌悪いのかな」「怒ってるのかな」って思われる人がいる。このちがいはなんだろうなーと考えたんだけど、やっぱりキャラのちがいじゃないのかな。HYDEにはたしかに攻撃的な側面とか、クールな側面とかがあって、それをライヴでは見せていきたいっていうのはわかるけど、とっくに本性知られちゃってるじゃないですか。実は「春の陽だまり」だってことが(笑)わたしはしゃべらなくても別にいいんですけどね。機嫌悪いんかなとは思うけど(笑)

最後に、次は売れる曲を出すんだっていう意気込みが語られていますが、不安だなぁ(笑)いや、売れる曲って本人は思ってるけど全然売れへんがな、とかいう心配ではなくて、HYDEの考える“売れる曲”と、わたしの好みとは必ずしも合致しないというか、どちらかというと別の方向を向いてることが多いので。これはやっぱりK.A.Zの手腕に期待しておくしかないな。そのK.A.Zはバラード押しだったけど、なんなんだろうあれは(笑)

■K.A.Zインタビュー
K.A.Zはやっぱり最後までケガを引きずってたんですねー。骨が元通りになったからって、たちどころに治るもんじゃないだな、やっぱり。わたしも何年か前に足のじん帯断裂をやったことがあって、ちょっとひねっただけだったのにブッツリ切れたらしく、手術で治したんですが、ギブスが取れて普通に歩けるようになっても、痛みがなかなか引かないんですよね。そもそも足自体使ってないから筋肉が落ちて右と左と別人の足みたいになってましたもん。元々ろくに筋肉のない貧弱な足だったのに。それが骨折でギタリストじゃあ、それこそ大変だったでしょう。

PERFECT MOMENTのこと。わたしは結局、うーん…と思ったまま終わっちゃって残念だったんだけど、K.A.Zの言うとおりなんですよね。CDのコピーじゃできない。だからライヴがおもしろいんだけど、難しいな。次のツアーに期待してるんだけど、さすがに次は同じメンバーでやるよね?(笑)

大阪のファンはすごいっていうのをK.A.Zも感じてたっていうのがちょっとうれしくもあり、誇らしくもあり。むしろ圧倒されましたからね、名古屋帰りでぬるっとしてた大阪府民は(笑)「うわぁなんか今日すごいねー」みたいな。東京弁で(笑)

■ハロウィンのドレスコード
ライヴの写真だけじゃなく、こうやって仮装してる様をきちんとした写真に収めてるあたり、さっすがHYDE!といった感じですが、ええと、シークレットゲストだったはずのがっちゃん、普通に写ってますけど…(笑)まああの日あの会場で、HYDEが本当に知らなかったなんて思ってる人いなかったでしょうけども。

花嫁HYDEは生でじゅうぶん見たし、それに勝るものはないなって感じで別にいいんですが、初めて見たサリーHYDE。思ったよりゴツくてびっくりしました(笑)ストレートロングのヅラもスカートも似合う人なんですよ。似合うはずなんだけど、いかんせん腕の筋肉が隠しきれなくて少々残念なことに…。46公演におよぶツアーのあとだったのがいけなかったなぁ。着やせする人だから、忠実さよりも見た目を重視して、腕を全部覆っちゃったらよかったと思うんですよね。いっそのこと。

ここのキメキメの写真じゃなくて、楽屋でだらっとソファにすわってる写真がどっかにあったじゃないですか。あれのがかわいかったなぁ。まだメイク前だけど衣装とヅラは着用済みで、なぜかモスグリーンのソックス(かな?)にエナメルの靴履かされてるやつ。膝丈スカートにエナメル靴(結構なヒール)。これがすごく似合ってたけど、よく考えたらもう数ヶ月で大台……いや、よく考えてはいけない。ヤツは妖精なんだから。

そうそう、K.A.Zの鬼太郎がすごい似合ってて、ぜひ生で見たかったなあと。K.A.Zも結構目鼻立ちはっきりしてるから、31日の花婿とかみたいに、奇抜なメイクや衣装にしても似合っちゃうんですよね。困った人たちだな。

■ハロウィンレポ
[初日]
角をつけた子が多いことに対して、「やはりというか、HYDE愛というか」と書かれていたのがなんかツボに入って笑いました。そうかー、あれはHYDE愛なのかー(しみじみ)。(HYDEは)なんでこんなにオネエ言葉が様になるのかって書いてるところがありましたけど、そんなのHYDEだからに決まってるじゃないですか。

[2日目]
ほんとはこれが出るまでに自分のレポを完成させたかったんだけど、それができてない分際で言うことでもないのはわかってますが、MCにもうちょっと再現力がほしいなあ。そこは「俺」じゃなくて「僕」って言ったんだよ!とか、ここは外しちゃいけないって思ったところが外されてると、いやいやそうではなく…って感じに。レポは年内になんとかしたいと思ってます。もはや誰のためでもなく、自分のために。

写真では、HYDEががっちゃんに抱きついてるやつとか、若干ねらった感じのものもありましたけれど(笑)、メイク室でドライヤーを当てる振りをしてる花嫁HYDEの頬がこけているのが気にかかる。ゾンビだったらしいから、そのために結構白く塗ってたせいもあるとは思うんだけど、数年前のリスっぷりがうそのような輪郭ですよね。最近こっちが見慣れてきたから、何年か前の映像とか見るとおかしいです。誰!って感じで。

■JINちゃんインタビュー
JINちゃんのこれまでの話は、以前タイムズにも載ったからわりと知ってる話が多かったけど、ファンの書いたレポとか見ちゃうっていうのにはちょっとびっくりというか、ビビリました。見ないで!(笑)もちろん自分の書いたものを見られているとは思いませんが、スタッフとかライターさんに見られてたとしてもなんとも思わないけど、メンバーが見てるとなると話は全然ちがってくるじゃないですか。表現の自由が害されますよ(笑)別に中傷はしてないけど、勝手なことはいっぱい書いてるんだから。

■東京ファイナル2daysドキュメント
K.A.Zと並んでなにかに携帯を向けてるHYDEが箸かなにかをくわえてるっていう写真がありますが、あれひどいですねー(笑)前の号だったか前の前の号だったかにも、すごくかわいい写真の横にすごくいけてない写真があってなんだかなと思ったものですが、ソファにすわってるサリー(になりかけ)HYDEや、「おひとついかが?」とでも言ってそうな楚々とした仕草でDAIGOにお菓子を差し出していた花嫁HYDEと同一人物とは思えない。

実は今回のツアーが楽しく終われたのって、最終日に行かなかったからじゃないかなぁとひそかに思ってるんですよね。最終日が悪いってわけじゃなくて、カメラが入ってるのが悪い。ラルクでもそうだけど、きれいにまとまりすぎるというか、悪くないけど卒がない。それがHYDEの映像に対する考え方と、ファンの求めてるものとの差異なんだなってことが、このやりとりみてるとよくわかる。

ファンは(もちろんそうじゃない人もいると思うけど)どっちかっていうと、ライヴDVDにはドキュメント的な要素を求めているというか、自分が会場で見たのと同じテンションのものを見たいと思ってると思うんですよ。別にきれいな映像を見たいんじゃなくて。だからまちがえたらまちがえたでそのまま収録したらいいし、そのためにダブルアンコールなんて、とわたしは思うんだけどなぁ。まあ、いいんですけどね。HYDEのVAMPSなんだから、好きにしてくれれば。

東京公演にはメンバー全員足を運んだみたいなのに、載ってるのはまたもyukihiroさんとのやりとりのみなんですが、これはどういった差別なんでしょうか(笑)kenちゃんに関しては伝聞っぽい感じだったから見てないんだろうけど、リーダーとのやりとりは?しかし今回もまた、HYDEとyukihiroさんの間にある空気感がよく見える内容でしたねー。目の前で着替えといて「ユッキーじゃん!」ってあなた(笑)気づいてないっぽいなーと思っていたにちがいないのに声をかけないユッキーもユッキーだけど、その光景が容易に想像つきます。

そして、最後のページに載ってる集合写真。樋口さんがホラーです(笑)いっしょに外を歩けばSPだと思われ、しかし実際にはカメラマンまがいのこともさせられていたり、果ては「肩車要員じゃないの?」とまで言われている(※スズさんの身内では)マネージャー・J。こわいです(笑)

と、いうわけで、今号も読み応えたっぷりの月刊VAMPSでございました。記事がとんでもなく長くなってしまったので、GiGSとかB-PASSとか後半の雑誌チェックはまた今度。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://7thskylight.blog42.fc2.com/tb.php/771-9f4c194d

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。