God only knows

NO L'Arc, NO LIFE!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
明日って名古屋初日だったのか!と、直前になって気づいて本気でびっくりしてしまったスズです。おととい、ふとHyde Roomをのぞいたら「Zepp Nagoyaまであと3日」とかいうのが流れていて、「えっ、そうなの!?」。数日前に初日じゃないとか書いたのがばっちり残っているし、いまさら弁解の余地もございませんが、とにかく明日は初日だそうです。がんばります(?)。

おかしいなあ。こないだも「初日は外したしねー?」「ねー」という会話を相方と交わしたと思うんだけど…2人とも適当すぎる。なにせ一箇所につき6~10daysもあるので、全通しないならどこへ行くか考えないといけないじゃないですか。もっとギリギリに先行があるなら、外せない予定があるとこを外して考えるとかできるけど、2月とかの段階でそんなの決まってるわけもなく。なので、

1. 土日がどちらか一方でも入る日程は外す(落とすとあとが面倒だから←)
2. 初日は外す(あとに行くほど音がよくなるはずだから)
3. (基本はA・Bのセットリストと仮定して)Aの日とBの日をまんべんなく振る
4. 真ん中の方って中だるみするんじゃ?
5. あとに行くほど音がいいなら最後の方が…でもその頃にはその土地(会場)に飽きてるかも…
6. 同じ会場でたくさん行き過ぎない(自分たちが飽きるから)
7. でも名古屋より遠くまで遠征するほどの情熱はない(←)
8. じゃあどうすんの?……あああめんどくさい!くじで決める?

といった感じで参戦日を決めたと思うんだけど…要するにどうやって決めたのかわからないってことですね。考慮すべき項目が多いわりに結局どれも決定力にかけるという最悪な状態に陥り、なんか途中から「手乗りハイディを商品化するとしたら」とかいうアレな話をしていたような気がする。考えすぎて脳が煮えています。しかも考えるために2人してカフェインでドーピングしたので、妙にぽんぽん発想が浮かぶという、やめられないとまらない か○ぱえびせん状態だったというわけです。………なんの話だったかしら。

HYDE(VAMPS)のライヴを見ること自体が2年ぶりで、06年のことなんかもうすっかり(どうでもいいこと以外は)記憶の引き出しの奥底にしまいこまれているので、それを取り出すべく、鍵になるものを自分のレポやメモから拾い上げようとして昨日ちょっと探ってたんですが、たしかに自分が書いたのに「HYDEさん」という字面に思わず吹き出してしまった。HYDE“さん”!!

昔はそう呼んでたんだなあ。たぶん、当時の相方(はいどファン)がさん付けだったから合わせてたんだろうけど、いまの相方は敬称略なのでそっちへ徐々にシフトした…んだったかな。経過のことはよく思い出せないけど、とりあえずいまのわたしは「はいどさん」という音に非常に抵抗があります(笑)ふざけて言うことはあるけど、日常的にさん付けはやりづらい。すごく。

ほんとはレポにもちゃんと目を通したかったんだけど、それをするには時間がなさすぎたので、とりあえずメモ(しかも第一段階のやつ)をクローゼットから探り出し、荷物に入れておきました。道中で読むことにします。ちらっと見たけど結構ちゃんと書いてある…ような気がした(笑)いまは結構箇条書きでダダッと書いちゃう感じなんですが、ちゃんと文章で(要するに完成形のレポに近い形で)書いてあったので。

GiGSのインタビューによると、現在VAMPSが目指してるのは「エロい方向」(K.A.Z)であり、ライヴを観て「『元気をもらいました』じゃなく、『いやらしい気持ちになりました』」って言われたいそうで、一体どんなライヴしてんだよって感じなんですが、まあ、楽しみにしておきます(なぜか上から目線がデフォルトのソロ)。というか、HYDEがなにを思っていようと特に驚きはしないけど(歩く18禁だし)、この点においてK.A.Zさんと共通認識ができてることがびっくりです(笑)K.A.Zさんのギターから色気を感じたことってあんまりないんだけどなあ。それも含めてよーく見てくることにします。

色気云々は別にして、ここでも何度か言ったかもしれないけど、わたしはK.A.ZさんがいっしょにやってなかったらこんなにHYDEを見に行くこともなかったと思うんですね。その理由を明確に言ったかどうかはあんまり覚えがないけど、ともすればちょっと言いづらいことを同じくGiGSでHYDE本人がズバッと言っていて、それ!それなんだよ!と思ったことを書いておきます。「俺が作った曲の上にK.A.Zのリンスみたいなものが加わって、洗練された仕上がりになるのが大好きだから」

まさにそこなんですよね。洗練。これは曲の話だけど、ライヴにしてもそうだと思うんですよ。K.A.Zさんは否定してるけど、HYDEが自分で言ってるように、1人でやってたらギターの制約もなくはないだろうし(笑)、HYDEは1人でもよくできた存在だけど、それをより生かしてくれるのがK.A.Zさんというか。これが“VAMPS”につながっていってるんでしょう、きっと。うん、なんかきれいにまとまったな。

さて、ライヴハウスツアーのときは(傘を持って行きにくいから)意外と重要な天気もよさそうだし、あとはいいライヴであることと、圧死しないことを祈るばかりです。荷造りが終わってないのに今日はこれから午前中がゼミ、午後から予備校で帰ってくるのは23時、なのに明日は5時半起きという超過密スケジュールですが、がんばって行って来ます…。

ネタバレOKな人は明日の夜のセットリスト速報で、冗談じゃないわ!わたしはまだ見ないんだからー!って方は…えーと、名古屋から帰ってくる13日以降に(笑)、またお会いしましょう。では!












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://7thskylight.blog42.fc2.com/tb.php/736-c48f2b03

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。