God only knows

NO L'Arc, NO LIFE!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ここ数日HYDEの話が続いていたので、ちょっとだけ久しぶりにラルクさんのお話でも。と、書き出す前にうろうろとファンサイトをめぐっていたら…え?はいどん(昨日を引きずる)のアー写が消されてるって?……ええっ?なにあれフライングだったの?フライングでアレを出したのかe+。なかなかやるなー!

まあまあ、そうですよね。昨日自分で書いたように、ややこしい事態にやってますもんね。きっと明日が解禁だったんでしょう。なんかでも対応が後手後手というか、そのわりに結構長い間オープンになってたような気がしますけど(笑)、それだけ多くの人の目に触れたということでね。いいじゃないですか(いいのか?)。そういうわけで、昨日の記事のリンクは飛んでもなにもなくなってるのでご容赦くださいませ。

そういえば、FAが「セクすぃ~ないい写真」が撮れたって話、前にしてましたね。昨日は気が動転したそんなことすっかり忘れてたけど。いま見ると、あの坊主頭はチャーリー?とか思えてしまう。小さいし、最近は記憶の中のチャーリーの補完が不十分なので(生でちゃんと見てない)、スタッフに坊主頭がいて背格好が似てたら概ね「チャーリー!」って思うってのが前提ですが。

なんかまたHYDE話になってきたけど、まあこれは前菜みたいなもの(言葉のあやですよ)。追記はちゃんとラルクの話です!

28日発売だったB-PASSとGiGSをチェックしに行ってきました。予定外に遠征用の折りたたみ日傘を買ったら(超フライング!)財布に札が1枚しかなくて(もちろん英世)、2冊買えるかなあ?でも買ったら夕飯が食べられないし、かといってこの額でカードを出すのも…と思いながら行ったんだけど、1冊しか買わなくてよかったので食いっぱぐれずに済みました。で、その買わなかった方のB-PASSがなかなかおもしろくてですねー。

DRINK IT DOWNを「世界規模の侵攻を開始するにあたっての象徴的武器となるべきものなのではないか」とか、「世界各地でほぼ同時に炸裂する爆弾」とか言ってて、やたらめった物騒な話になってます。ただシングルをリリースして世界ツアーを回るってだけなのに、テロリスト扱いのラルクさん。

ラルクの場合、それだけ支持されてるってことだとは思うんだけど、たまに若干勇み足というか、おーっと大きく出たねー!みたいなライターさんが出てきておもしろいんですが(それでオフィシャルジャーナリストに就任した鹿野さんとか最たるもの)、またまたそんなライターさんの登場です。その名も増田さん。

増田さん自体は前から名前も見るし、名前を覚えてるって時点でなにか過去におもしろいことがあった可能性が高いんだけど、いま思い出せないし、なんの心当たりもないので(笑)、探すのは時間食ってしゃあないのでそれはとりあえず保留。自分のことをオッサンとか言ってたので、結構年は上の方なんだろうな。

この人、最近のラルクをして「あまり刺激を感じられなかった」とも言ってたんだけど、こういうこと書く人がいること自体貴重だと思うんですよ。いまぱっと思いつくところでいうと、荒川さんが言った「個人的にSMILEはいまいちだったので」っていう言葉だったりとか、ラルクはこういう否定的に読めることを普通の音楽雑誌に書けるライターさんがいますよね。これってちゃんとラルクを見て、聴いてきていて、さらにラルクに対して、言葉はあれだけど愛があるというか、ちゃんと気持ちを持って見てくれているからだと思う。

ライターさん自身のこともそうだけど、ラルク側にもその素因はあると思うんですよね。端的に言えば、“だめな状態”がずっと続いていたら、こんなふうには言えない。たとえば増田さんにとってDRINK IT DOWNは刺激的だったわけで、荒川さんにとってAWAKEはよかったわけじゃないですか。そういうこと。

ラルクほど多面的なバンドもないし、人によってそのときどきの評価が分かれるっていうのが前提で、書く人もそれはきちっと前置きして書かれてるんだけど、やっぱりラルクは止まらないんだなーと改めて思った次第。へーって思ってこっちが見てるときには、もう彼らは先へ進んでる。

あ、話の流れ上触れずに行っちゃったけど、「ほんとう怖いラルクアンシエル」ではなく「ほんとう怖いラルクアンシエル」だったとも書いていたのが増田さんです。興味のある方はぜひ雑誌をご覧になってみてください。B-PASSの回し者じゃないけど(笑)だいたい買ってもいないしな…。 ←

そんで、買ったほうのGiGS。これはレポや写真の内容にかかわらず、ツアーが終わったら必ず買うことにしてるので、今回も購入。というのも、詳細すぎるくらい詳細な機材レポが出るのはこれだけですからね。弦隊の機材なんか、見たってほとんどまったくわからないんだけど(知識がなくて)、これ見ないとyukihiroさんのドラムセットがいま現在どうなってるかわからないので、これと自分のライヴメモの「チャイナの下よりちょっと左」とかいうのを突き合せるのです。おー!ちょっとyukihiro贔屓っぽい発言!久々に!(笑)

そんなこんなでGiGSといえば、レポはもちろん伏見さん。伏見さんも前述したおもしろライターの1人ですが、今回はわりと丁寧にライヴの流れをなぞったような、普通のレポでしたね。スタッフの仕事ぶりにまで言及するライターさんはあんまりいないけど。あ、ただ、かつてのhydeについて書かれている部分があって、それはつくろって書けば書くほどあれだよ…とファンからするとムズムズするところですが、これもさっきのB-PASSのところで書いた話に戻るので続きは省略。

解説つきの機材写真は、見たところでわからないってことで見ない方も多いと思うんだけど、今回のは普段あまり見られないリハの予定表とかが映りこんでるのでファン的に、というかラルヲタ的に楽しめるかと(笑)黒い紙に蛍光イエローで書かれている普通のセットリストは、ライヴでも見られるのでものめずらしさはないかもしれないけど、その隣に貼ってあるメドレーだけのセットリストとかおもしろいですよ。あ、忘れないように貼ってあるんだな、って(笑)

いつも樋口さんがいるところに置いてあるらしい機材のとこにも、「Pretty girl」とか「Link」とか書いた手書きのメモが貼ってあります。しかしこの機材群、たしかに客席からは見えないけど、弾いてる姿が見えるギター以外にもエレドラとかいろいろあるんですね。樋口さん、実はすごいがんばってるんだ…。手振りが大げさとかって笑ってごめん(笑)でもカッコ笑いは外せないや。

さて、今日はこんな感じで。明日はついにDRINK IT DOWNおよびまー火DVDのフライング日、そしてHYDE御大が年明けから水面下でいろいろやってたことがヴェールを脱ぐ(たぶん)、雑誌の発売日ですね。MJ、Mステ、音楽戦士、CDTVとテレビ露出も続くし、忙しい1週間になりそう。ついでだからもうカレンダーも4月にしちゃえ。

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008.03.31 13:49  | # [ 編集 ]

>とおりすがりの方

はじめまして。あ、名前のことはお気になさらず。事情は了解しましたので。ただ、一応便宜上こう書かせていただきますね(笑)

おっしゃるとおり、増田勇一さんです。さっそくBARKSを見に行ったのですが、なるほどたしかにオッサン…!ではなくて(笑)これまで、たまにラルクの記事書いてるライターさんの1人としてしか認識してなかったんですが、(ちょっと言い方が不躾ですけど)結構すごい方だったんですね。

ムックの記事も書いていらっしゃるとのことですが、ラルクを見ていてもやっぱり、キャリア的なものもあるでしょうけど無難な記事を書くライターさんの方が多いので、ファンから見てもこういうふうに言ってくれるライターさんって信用できるなって思いますよね。行き過ぎるくらい褒めちぎってくる人もおもしろいけど、忌憚のない感想を述べてくれるライターさんが貴重だなってやっぱり思います。

興味深い情報、ありがとうございましたー。

2008.04.01 23:19 URL | 涼@管理人 #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://7thskylight.blog42.fc2.com/tb.php/638-113416b2

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。