God only knows

NO L'Arc, NO LIFE!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今月号のMUSICA、売り切れ続出になってるらしいですねー(鹿野氏のブログより)。すごいなぁ(まるで他人事)。ということはあれですよね。みんな、「なんで音楽雑誌を買うのにこんなちょっと後ろめたい気持ちにならなあかんねん」と思いながらも、レジに出してるわけですよね。ひゃーおそろしい。これだから魔性の子は…!あれ、よく見たら何気にカメラ目線ですよね、hyde。わかっててああいう顔してるんだもんなぁ。確信犯。って、なんの話だっけ?(迷い子)

そういえば昨日、キッチンマットを買いに近所のSCへ行ったんですよ。それがどれだけ探しても見当たらなくて(バスマットとトイレマットばっかり)、うろうろとさまよってたら(夜の7時に)、どこからともなく聞き覚えのあるベースラインが聴こえてくる。でも距離があるみたいでベースしか聴こえなくて、そんなの無視すればいいのに、ついつい気になって発信元を探したのです。音が聴こえる方へ向かっていって。

そしたらすぐ隣の売り場がAV関連の家電製品売り場で、とうとう鳴らしてるコンポを発見したんだけど、近くまで行ってみたら、♪澄みわたる未来が~と高らかに歌うのはもちろんわれらがhyde。閉店間際の家電売り場に大音量で、匂いたつ色気を隠そうともしない艶やかな声が響き渡っております。おお、どこからツッコめばいいのか…。CD音源を聴くのが久々だったからか、原因不明の汗が出てきました(冷や汗?)。あああもう、ハイディのせいでいらん汗かいたじゃない!(すべてをhydeに責任転嫁)

KISSを流してんのかな?だとしたら次は…えーと…そうそう、海辺!件の海辺ね!と思いながら次の曲を待ってみたら(キッチンマットのことはすっかり失念)、ジャーンとまた鐘の音が鳴り響く。えっ?エンドレスリピート!? そりゃまた勇敢な…。なんかちょっとhydeの声がいやらしすぎると思って(公共の場で流れるには)、無駄におどおどしてしまったんだけど、よく考えたらこれガンダムで毎週土曜の夕方に流れてたんですよね。ということは、青少年が毎週聴いてたわけで…勇敢なのはどっちだ。

さてさて、今日は起きたら1ヶ月に1度あるかないかってくらい気分がよかったので、一念発起して雑誌の整理をしよう!と、AVボード(半分はテレビが載ってる)の上にうず高く積まれた雑誌(日焼けとホコリ防止のため袋に入れっぱなし)の小山2山をくずしました。07年も同じ時期に、06年12月までの分をさばいたので、今年も07年1月~12月までの分をさばくことにして、まず選り分ける。ひたすら袋から出して積み上げる作業。その作業が終了すると、こんな感じに。

080322-1.jpg

1年分をほんとに積みっぱなしするので、ホコリに対処するための掃除機が見切れてますが、お気になさらず(笑)

数えましたところ、2山で36冊(!)でした。うち音楽雑誌は31冊(残りはGyaO Magazineとか関西Walkerとか)。そのうち表紙モノが12冊(うち2冊はtetsuソロ)。いやー買いました。そして読んだかどうかわからないものがありました(笑)厳重に密閉されてるB-PASSとか出てきたし。明らかに見てない…!そしてラルクさんは07年、アルバムリリースがあったということで各種フリーペーパーにも出ていらっしゃるので、それがまた別に10冊くらい(たぶん)ありますね。

表紙モノと、オリジナルのインタビューが載ったものは逃してないはずだけど、フリーペーパーは逃してるのもあると思う。もうなにがあってなにがないのかまったくわからないけど(笑)これだけの冊数あっても、レポだけとかオフィシャルインタの抄録とかの雑誌を全部網羅してるわけじゃないので(そんなことしてたら破産する)、いかにラルクさんが昨年精力的に活動したかがわかりますね。やるときゃやる、って感じ。あ、別に皮肉じゃないですよ、皮肉じゃ。

1月号と12月号を比較したら、なにか1年の総括的なものが見えるかと思って、並べてみたんだけど…↓

080322-2.jpg

ご存知のとおり、右が1月号、左が12月号です。12号のうち3号(なんと4分の1!)で表紙を飾ったワッツインを例にしてみました。

写真が遠くてわからんがな、と思われた方は、お手持ちのワッツインを並べて見てください。たぶんさしたる差を感じられないと思いますが(笑)強いて言うならメンバーの髪の色ぐらい?あっ、そうだ!これで見てもわかりますね。hydeの顔の輪郭がシャープになってるのが!(笑)

そんなん映りの差やんかーと思われる方は、ライヴの写真見比べてみてください。結構わかりますよ。L’Anniversaryのときに(わたしや相方が)狂喜したあのシャープさもまだまだ序の口、いまのほうがずっと“しゅっと”してます。

実はまだ、仕分けしてリスト化しただけで、さばいてないんですが(つまりくずした山を再構築して置き場所を変えただけ)、そのリスト化する作業中、1年っていう期間に対してちょっとした恐ろしさをおぼえずにはいられませんでした。だって、(雑誌は発行月と号数がズレてるので)07年の最初は延々とL’Anniversary Liveのレポですよ?そんなに前なのか、っていう普通の感慨じゃなくて、もうだいぶ昔のことみたいに捉えちゃってるこのライヴですら、まだ1年前(正確にはちがうんだけど)のことなんだなって。

それから1年の間に怒涛のリリースがあって、アルバムがあって、長いツアーがあったわけですよ。なんかあっという間に通り過ぎてしまったというか、立ち止まる暇がなかったなと(笑)早いのか遅いのかどっちなんだよって話ですが、時の流れが早い遅いというよりは、1年間いろいろありすぎたなって感じ。かつてないくらい、濃い1年だった。

だってもう、1年前に自分が書いた記事読んでも、ちょっとリアリティがないんですよ。全然覚えてないから、普通に読者みたいな顔して読めてしまう。もうちょっと落ち着く時間があったら、記憶を反芻できて覚えていられたと思うんだけど。

07年は毎年やってきた総括をやる暇がなかったので、いまになって総括みたいな気持ちになってるのかもしれない。しんみり、ってわけでもないけど、いろいろあったなぁと。思いながら、小山を再形成してました(結局あんまり前進してない)。

そんなわけで、明日はライヴの思い出を整理するべく、チケット用のリフィルを買いにいってきます。あれも大したもんじゃないのに高いんだよねー…。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://7thskylight.blog42.fc2.com/tb.php/632-d9fbfb12

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。