God only knows

NO L'Arc, NO LIFE!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
見ました!!見ましたよー昨日のNew Cutsで。最近下降気味だった気分がいったん底まで行って、変な方向に浮上し出した時期だったので、相乗効果でえらいことになり、1回見たら寝ようと思ってたのに、結局2度、3度と見ちゃった。こないだ近所の大型SCで、なにもないのに派手にすっ転んだスズです☆(変な気分続行中)デパートとかSCとかの床ってなんであんなに摩擦が小さく出来てるんでしょうね。カートをスムーズに転がすため?子どもとか転んで危ないと思うんだけど。……ではなくて。

ラジアンでのフル解禁とPV試聴の開始が同日だったので、そんなに待たなくても解禁されると信じて、試聴でチラ見したりしなくてよかったです。感動が薄れるから(笑)とはいえ、PVの撮影はツアー中。ツアー中の撮影といえば、MY HEART~の、いかにもメンバーの稼働率が低いPVがあるわけで、あんまり期待しないように、なるたけフラットな気持ちで臨む所存だったんですが、昨日ちらっとのぞいたディストのBBSで“ヴァンパイア”という魅惑のワードを目にしてしまったら、期待しないほうが無理ってもんですよねー!(笑)

というわけで、テンション高めに感想です。久々のimpressionカテゴリですね。

予備知識ゼロで見てるので(kenちゃんのMC以外)、最初の廊下のシーンから、おおー!と新鮮な感動が(笑)アイアン・メイケンでキューンの社長が、ラルクが4人で歩いてると他のアーティストは近寄れない、みたいなこと言ってたけど、そのオーラというか、特有の支配的な雰囲気がなかったら、あのシーンは成立しなかったと思う。あの暗くて耽美な世界になじまない人たちだったら、絶対学芸会ですよ。失笑、みたいな。…言いすぎました?(笑)

そうは言っても最初は、「なにがすごいってヒデキのカール具合」とか、「鏡の前で歌うってことは自分を見ながら歌うってことで、うわ恥ずかし…でもあの人自分好きだからな」とか、「もうちょっとyukihiro先生を映してはもらえないだろうか」とか、いろいろ思ってたんだけど、気がついたら引き込まれて口が開きっぱなしでした。まったくもって人に見せられる顔じゃなかった(笑)

ツアー中にとったPVなんて、って話をさっきしましたけど、もうね、ツアー中でほんとうによかった!hydeが非常に高いクオリティを誇っています。全体のラインがシャープなのもさることながら、表情と動きがライヴのまんまで、なんて顔するの!っていう、あのhydeがそこにいました。普段はライヴでしか見られないレアなhydeですよ。さすがに身体に手を這わせる仕草はいかんと思ったのか、アングル変えて映らないようにしてあったけど(笑)

kenちゃんが「じっとしてられるかな」とか言ってた例のシーン。それぞれがヴァンパイア(っぽい人々)に囲まれてる、っていうのがその正体だったけど、あの非日常に満ち溢れた空間とキャストの中で、いちばん妖しいのがhydeでした。すげー…(心の底から感嘆)。いまさらといえばそうだけど、これは言葉を尽くしても伝わらないでしょうね。見ればわかる、としか言いようがない(笑)他のメンバーはそこそこ現実をその身に残してるのに、hydeは完全に溶け込んでます。むしろ食ってます。さすが魔の範疇にいる男。

そして、なんやかんやと言ってたはずのkenちゃん自身がカッコよすぎて、どうしようかと思いました。hydeとはちがう意味で溶け込んでる。hydeはね、周りのヴァンパイアと同化しちゃってるんですよ。kenちゃんは正しい役回りで同化してるの(笑)kenちゃんのセクシーさが、余すことなく発揮されててすばらしい1枚(?)です。

kenちゃんといえば、鏡に手を伸ばしたときの指!hyde寄りのyukihiro贔屓ですけど、手はkenちゃんの手がいちばん好みなんですよ(手フェチ)。yukihiroさんの手も好きなんだけど、ぱっと見でも目が行くのはkenちゃんみたいな手。長くてしなやかな指は大変に色気があってようございました。

PV全体の色調が、好みだと絶賛してた昨年10月に出たRNMの写真の色調と似てて、それもまたよかったんですよね。どう見ても修正かかってる顔だったけど、hydeのアップになったときの口の周りのしわを見て、ああよかった、と思いました。よかった、この人もちゃんと人間だった。あんまりアレな状態になってきたらそうするべきかもしれないけど(ビジネスとして)、メンバーみんな“見れる”顔なんだからそこまで(修正)しなくても…と思うんですけどね、わたしは。そこそこの人間らしさ(ちゃんと年をとるとか)を残してあげてほしい(笑)

いやーこんなにPVを手放しにほめられることもなかなかない!(笑)DAYBREAK’S BELLもよかったですけどねー。ディレクターは誰かしらと調べたら、見たことない人だった。ラルクとやるのは初めてじゃないかな?ムラカミタツヤ氏。ちょっと調べた限りでは、ジャンルちがいというか、別のタイプのアーティストを手がけてることが多い印象だけど。

でもなによりも、こういうPVを呼ぶような曲をつくってくださったyukihiro先生!なんか結果的に一言も触れてないけど(笑)、演奏してるシーンがすごくカッコいいんですよ。ライヴでも。ラルクらしさがありながら、でも新しい方向性で、すごくおもしろい。暗くてハードなだけじゃなくて、色気があって、魅力的。これだからラルクはやめられない。

ちょっと残念なのは、このまま進んでいくともっとおもしろいhydeが出来上がりそうなのに、ソロのタームが目前にあることですねー。もう1本ツアーがあるけど、そうじゃなくて、音源なりなんなりの、新しい作品づくりをしてほしかった。まあ言っても詮無いことですけど、とフラットな気持ちで言えるほどには慣れてきたし、大人になりました(笑)

どうでもいい余談。
hydeのクオリティが高いと書きながら思い出したことをひとつ。ソロの告知で、KAZの表記がK.A.Zに変わってるっていうことで、いったいそのカンマになにが略されているのかっていう話をしてて、話の流れ上(いまとなっては意味不明でも)、HYDEにはなにが略されているかという話になったとき、hydeファンの相方が、「High-quality, Young…」と言い出して、「えっ?ヤング!?」と思わず言ったという、ほんとにどうでもいい話でした(笑)

久し振りに来ました(^^)/
わぁ~、テンプレがピンクになってる~可愛い♪
春って感じで、いいと思いますよ(^^)v

涼さんもHydeRoomの住人になったんですね(*^^*)も~、あの、サイトは行った人を黙って帰したりはしないんでしょうね(笑)
あの、hydeさんの歯ブラシくわえてる姿や「ゆる~い日記」に、みんなやられてますからねf(^^;)恐るべし、妖精のおっさん(´д`)

yukihiro写真集も世に出回り始めたみたいで・・・。なんでも、みなさん想像していた物とは、かなりの違いがあったみたいですね((+_+))でも、写真のクオリティの高さはみなさん絶賛しているようですね♪
特にyukihiroファンには堪らないらしいですし(*´д`*)あの筋肉、腹筋を惜しげもなく見せつけ、もぅ~yukihiro自身、何処に向かおうとしているのかと最近、不安になることがありますよ(笑)ちなみに、はづきは二次予約購入組なので、まだ、届きませんが楽しみに待つとしますm(_ _)m

あと、「ドリダウ」のPV見ましたよ。もちろんフルの方も(^^)v
涼さんも書かれていますけど、あの4人で歩いている場面・・・オーラが有りますよね、いい意味で威圧感もあって(笑)あの4人だからこそ絵になると思います。しっかし、あのお姉さま方に囲まれているシーン。なんでkenちゃん、あんなに違和感ないのかしらとつい考えてしまいましたよf(^^;)ちなみにyukihiro様は一瞬でしたけど(笑)やはり、yukihiroのイメージとは離れているからなのでしょうかね??yukihiroといえば、ドラミング場面が結構、入ってて(*^^*)・・・あの「ハリクリ」で終盤、映してもらえてなくて、はづきは「クレームだぁ~」と叫んだのですが、今回は、とても大満足をしております。本当に今回の「ドリダウ」のPVは久々に「かっこいいじゃん~♪」と素直に思えましたよ。ただ、ラストで4人全員が寝そべって!?いるのは何を表わしているのでしょうか??疑問ですね~(笑)

2008.03.12 15:45 URL | はづき #- [ 編集 ]

>はづきさん

こんばんはー。
大阪は今日ついに20度超えだったらしく、ほんと春めいてきたので、まあいっかーと思ってはっちゃけた色になってます(笑)

hydeとは一回り以上、ヘタすると親子ぐらい年が離れてるんですが、ときどきあの若さにおののきます。わたしほんとにhydeよりか若いよね?って自問自答(笑)もともと“持ってる”人だから、本気出されると太刀打ちのしようがないんですよね。困ったもんです(笑)

たしかに、はづきさんの言われてるような意味では、想像とはちがうものだったかもしれないですね、先生の写真集。KenちゃんやHYDEの写真集とは全然ちがう種類のものですし。わたしとしては、yukihiroさん自身がどこに向かいたいのかよりも、ラルクサイドがyukihiroさんをどうして(どう売って)いきたいのかが気になります(笑)

違和感ないですよね、最初のシーン。前にnotファンの友人に、「ラルクって全員がカッコいいよね」って言われたことがあって、普段はそういうことあんまり思わないんですけど、ラルクがこうでよかったなぁとしみじみ思いました。別に容姿で選ばれたメンバーじゃないんですが(笑)

kenちゃんがなじんでるのは、たぶんあの余裕の目つきのせいですよ!なんで余裕なのかは、想像すべくもありませんけど(笑)先生は見事に一瞬でしたねー。yukihiroさんはストイックすぎてなじまないからじゃないですかね?あのカットに溶け込めるのは、ラルクのセクシー部門の二大巨頭、hydeとkenちゃんだけなんですよ。全然悪い意味ではなくって。

あー言われてみれば!Hurry Xmasがちょっと遠い昔みたいに感じられますけど(笑)、そうでしたそうでした。わたしはずっとツアーで、好きなときに好きなようにyukihiroさんのドラミングを見てきてるので、なんでそこで映さへんの!とか、やっぱりいろいろ注文があったんですけど(笑)、あれに比べたら躍進ですよね。

2008.03.12 23:43 URL | 涼@管理人 #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://7thskylight.blog42.fc2.com/tb.php/627-5056da53

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。