God only knows

NO L'Arc, NO LIFE!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
とか言うと頭のおかしい子みたいですけど(笑)、そうではなく、HYDEのモバイルサイトがついにオープンしたらしいですねー。“らしい”というのは、auユーザーだからです。これがdocomoだけ対応で、あとは近日~とか言われてもなんとも思わないんだけど、softbankにすら後れを取っている事実が微妙に納得いきません(笑)なにさ!auのケータイほしいって話してたじゃん!いつだったか忘れたけど!

モバイルサイトなんて、PCサイトとちがって大したことも出来ない(視覚的にそんなに凝れない)し、LE-CIELの他にLE-CIEL NETが存在してるのと同じ程度のことだと思ってたけど、なかなか楽しいことになってるらしいじゃないですか。例の羽根ペンには、えー!と思ったけど、それでこそHYDEだわ(笑)

まあ、いまはだいぶ寄ってしまってるので、言っても説得力に欠けるとは思いますが、はいどファンでもないのにディストに毎年住民税を納め続けているのは、はいどが好きだからではなく、あの人の生み出すコンテンツに心惹かれるからなんですよ。音源でも、グッズでも、あるいは単なる落書きでも。

なんの話かというと、結局また、毎月自動的に会費を徴収されるシステムに組み込まれることになるんだろうなぁっていうことです。やるって聞いたときは、いらんことをあれこれ考えて、ソロだと最終的にこうやって囲い込んでいくしかないんだろうなーとか思ってたんですよ。ええもう、まったく余計なことです(笑)

ひとつすごいなと思うのは、「日記とかクイズとか、ディストの中でやればいいことじゃない!」って誰も言わないこと(笑)既得権益を奪われているわけではないとはいえ、それぐらいのことは言ってもいい気がするんだけれど、やっぱり潜在的な可処分所得がまだまだ残ってるっていうことなのかなぁ。恐るべし、HYDE(およびラルク)ファン。

月300円って、年間にすると300×12=3,600円で、そんなに安くないですからね。LE-CIELやディストの会費って5,000円ぐらいだっけ?(毎年払ってるくせに覚えてない)それとちがって会報もない、チケットの先行予約もはっきり言って不利(払う金額がちがうんだから不公平ではないと思うけど)、なにもなければほったらかし、でも3,600円。高いと感じるか安いと感じるかは人それぞれだと思いますが、わたしは高いと思う(笑)

HYDEのファンでラルクのファンではないっていう人の数はそんなに多くはないと思うので、ディスト会員=LE-CIEL会員と(便宜上)みなすと、4,800+5,000=9,800円(計算するために調べた)。LE-CIEL NETに入ってる人もいるでしょうから、それにHYDEのモバイルサイトも加えると、9,800+(300+300)×12=17,000円。おーこれはすごい!

これも余計な話ですが、負担が増えるのはちょっと…と思うファンは、とりあえずツアーも終わったしNETを切ってHYDEの方へ流れるだろうなー(笑)かくいうわたしも、NETは常時会員じゃなく、なにかあるときだけ入ってまた出る、というのを繰り返しているので、月ごとにどっちと契約するか考えようかな。うん、それがいい考えに思える(結局年間3,600円払うことは見ない振り)。

とまあ、下世話な話はこれくらいにして。なんて、話を変えるような顔して言ってみたものの、なにか書くことがあるわけでもなかったんだけど…あ、そうそう!本屋でkenちゃんの単行本見ましたよ。アイアン・メイケン。

予約特典のポストカードをもらう気満々だったのに、ツアーにかまけている間に予約期間を逃すという失態をやらかし、マリンメッセですごい勢いで宣伝してるのを横目に見ながら、「でもいま買うと荷物になるし…ていうかお金(現金)もないし」とか言って素通りしていたkenちゃんの本。本屋をうろついていたとき、そういやここ、なぜかside-bだけ置いてるんだったなぁと思いながら通り過ぎようとしたら、そこにはセクシーkenが。ああ、ken様!こんなところに!(いまだにkenちゃんフィーバー継続中)

HYDEとL’7ツアーの支払い期限がだだかぶりだって話はこないだもしましたが、相方に言われるまですっかり忘れてました。カードも落ちるじゃん!(遠征時のホテル代やら交通費やらが一気に来る)買う気はもちろんあるんだけれど、いま出費するとあとが痛いのは目に見えているので(というかいますでに痛い)、泣く泣くまえがきとあとがきだけ立ち読みしてきました(笑)

急に思い出したので付け加えておくと、我らがラルクのオフィシャルジャーナリスト・鹿野さんが日記で、ツアーお疲れパーティでおいしいものをたらふく食べたという話をしていて、わたしと相方はそれに対し、なんとも言えないくやしさにおそわれました。わたしたちだっておいしいもの食べて打ち上げたいよ!でもこんだけツアー行ってたら、そんなことするお金さえないんだって!(どーん)












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://7thskylight.blog42.fc2.com/tb.php/623-a95641fb

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。