God only knows

NO L'Arc, NO LIFE!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
※ネタバレ注意!

大阪2日目のMCレポです。本編レポはこちらからどうぞー。いつものように、本編2つ、MC1つの3部作になってます。

次の名古屋までに仕上がればなんとか、と思ってやってきたけど、よく考えたら(いや考えなくても)2日目から余裕で2週間強経ってるんですよね…おお怖。そんな時代遅れ感漂うレポですが、これをやるのとやらないのとでは残り方が全然ちがうので、需要がなくても自分のために書いてゆきます。しゃあねえな、と思いながらでいいのでお付き合いください(笑)

あ、昨日は大阪も、山の方ではちょっと雪がちらついてましたよ!(何情報だ)

【MC1 hyde】
「大阪ー。いらっしゃ~い。いらっしゃ~い。いらっしゃ~い。元気ー?」
誤植じゃないですよ。ほんとに3回も言ったんです。でも声マネだけ。
「今日はもう10日ですね。みんなお正月はなにしてたん?」
抽象的な問いだなぁ…案の定、客席のそこかしこでみんなが叫ぶので、ほとんどなにを言ってるか聞き取れない。勉強、とか言ってる人がわりと多かったような。受験生?(笑)
「俺はね、正月太りでもう…食っちゃ寝、飲んじゃ寝、ってしてたらね。もう大変なんですよ。蓄えちゃって。冬だしね」
冬だしね、っていうのはなんですか、言い訳ですか(笑)やたらと太った(しかもすごく)と強調するhydeでした。言うてもそこまで太ってない(ように見える)から笑って受け流せるわけで、そうじゃなかったらそういうわけにはいかないですよねー。あ、他意はないですよ、他意は。
「太っても、愛してくれる?」
大歓声で応えるファンに対し、
「すんごい太っても愛してくれる?」
と、もう1度念を入れる。それはそれは盛り上がったんだけど、
「信用できんな」
まあ、そういうもんです(笑)
「KISS、聴いてきたか?ちゃんと練習してきた?」
いいアルバムやろ、とかそんなことも言っていたような、そうでもなかったような(え)。ディテールはちょっと忘れましたが。
「ねずみ年だし、ちゅーちゅーしようぜ」
と言うと、kenちゃんの弾くギターに合わせて、息の長ーいちゅー。投げちゅーじゃなくて、マイクに向かって、なぜか音とリズムをつけながら(笑)hydeのちゅーする音が響き渡る城ホール。初っ端から混沌としてます。

【MC2 ken】
「あけましておめでとー!今年もよろしくおねがいします。みんな、おもちはいくつ食べたのかな?」
これも勝手に変えたりしてませんよ。kenちゃんが「食べたのかな?」って言ったんだから!(笑)そして統計を取り始めるkenちゃん。
「1日に3つ以上食べたって人ー?4つ以上って人ー?5つ以上って人ー?」
5つ以上にもまだ手が上がってたんですが、
「太るでー」
と言われ、笑うしかありません。
「僕はおもちが大好きでね、うちはもちつきをするんだけど、そのおもちが10日には尽きるんですよ。だから2月に入る頃に、もう1回つくわけ。で、4月までもちを食べ続けます」
さっき「太る」と言われたファンが、きっとなにか言ったんでしょうね(聞き取れなかった)。
「え?その頃は太らなかったの!
と、突然、ごそごそとなにかやりだすkenちゃん。
「万歩計のコーナーです」
と言っても、なかなかその万歩計が出てこない。ようやく取り出せた万歩計を見ながら、
「昨日のはもう忘れちゃったけど、500…ちがうわ、5651歩。4kmぐらい歩いてますね。まあこれ、こうやってリズム取ってるのも入ってるからね」
kenちゃんは前日の記録を忘れてましたが、ファンはちゃんと覚えていて叫んでたみたいなんだけど、聞こえてたのかな。ちなみに初日は2000歩でした。
「僕はこれをいつかユッキーの足につけてみたいと思ってるんですけど、ユッキーの衣装ってなかなか隙間がないんで難しいんですよ。こっそりつけないといけないじゃない?こっそりつけといて、MCのときに、何歩?ってやんないと」
どんな衣装だったらそんな隙間があるんでしょうか、kenちゃん(笑)こっそりを強調していたわりに、最後は、
「だから機嫌のいいときは言ってください」
って言ってました。
「ユッキーだけじゃなく、hydeのち●ちんにつけたりとかね。…言っちゃった(笑)」
笑ってみたって取り消せないんだからね!(笑)万歩計の話を下に持っていったkenちゃんに、hydeはドラム台の前の定位置で、腰に手をあてて笑っておりました。同類だものね(微笑)
「tetsuのバナナにつけたりとか。バナナにつけて投げて、それをお客さんに返してもらって、またつけて、投げて、ってやるの」
それでなにが起こるのかよくわからないけど(歩数を稼ぐのかしら)、kenちゃんがとても楽しそうなのでまぁいいやーという雰囲気の客席。
「hydeのバナナにつけたりとか」
これはkenちゃんが、言おうと思いついた瞬間が見えておもしろかったです。hydeは下ネタを思いついた瞬間がひじょーにわかりやすくて、いつもおもしろいんだけど、kenちゃんのは初めて見た(笑)
「あーこんな話するつもりじゃなかったのに。どんな話もするつもりじゃなかったけど」
相変わらず行き当たりばったりなkenさんです。
「DRINK IT DOWNって曲は、すごいかっこいいんですよ。ごっつかっこええですねん。大阪弁で言うとね」
地元ですからね(笑)
「だけど僕は、DRINK IT DOWNってどういう意味か知りません。hydeさん、このタイトルはどういう意味なんですか?」
と、休憩中のhydeに公開質問。するとhydeは気だるげに、
hyde「…飲んで」(関西のイントネーションで読んでください)
とわたしは思ったんだけど、隣にいたhydeファンに言わせると、あれは「やらしい方向」だったらしいですよ。だるそうなんじゃなくて(笑)
ken「なるほど、大阪弁で言うと、『飲んで』らしいです。けど、命令形やから『飲めよ』って感じだよね。じゃ、“飲んで”を聴いてください」

【MC3 hyde】
「あー、いい曲やなぁ」
これは雪の足跡の直後のMCです。
「えーっと、なんか男の子が多くてうれしいね」
自分で男の子の野太い声援のマネらしきことをやって、
「興奮しちゃうな」
と言っておりました。あ、これはそっちの方向をねらって言ってましたよ。これはわかった(笑)
「昨日はユッキーがいかにストイックかっていう話をしましたけど、弾きながらテレビ見てる人もいるんですよ。こう、ツアーの前とか、リハーサルするじゃない?そしたら、弾いてる前にテレビ置いて、見ながらやってるんですよ」
客「誰ー?」
しゃべるhydeの後ろで(そりゃドラムだから)、ユッキーは完全に相好を崩して笑ってます。
「どんだけサッカー好きなん」
くるっとてっちゃんの方を向くhyde。
tetsu「やっぱ生で見んと」
hyde「生好きだもんね」
tetsu「ライヴって夜始まるじゃない?そしたら試合とかぶったりするからね。だからライヴ中にゴールしたら、『あーっ!』ってなってる」
hyde「よくまちがえないよね」
tetsu「まちがえそうになるときもあるよ?」
hyde「なら、やめぇや」
てな感じで、てっちゃんは楽しそうにhydeと話してましたよ(MCというよりほとんど会話)。
hyde「そんなメンバーもいながら、楽しくやっています。俺も人のことは言えません。喉にいいことしてないからね。たばこ吸うし、酒飲むし。欲望のままに生きてるんで。下には、下ネタにはいかないようにして」
というhydeの発言に、横でkenちゃんが笑ってました。
「えー、次で最後の曲になってしまいました」
えー!と不満げな声を上げるファンに対し、hydeはおばちゃんとしか思えない手の振りで応じます。あれですよ、「んもう、やだわ、○○さんったら!」の振りです。しかも両手で。
「んもう、かわいいんだからっ
そんなhydeをファンは大歓声で迎えてましたけど、いいんですか?おばちゃんですけど(笑)そして上手袖に目で合図すると、極めつけの一言を言うために、両手を組み合わせて(いわゆるお祈りのポーズ)、目をキラキラさせて(照明の光が映りこんでるだけ)、
「早くクリスマスにならないかしら?


【総括】
正直、2日目のことは、いまとなってはあまりよく覚えてないんですよね(笑)レポ書いてるくらいだから、なにがあったかは覚えてるし、メモを見ればどんなライヴだったかもわかるんだけど、ちょっと3日目があまりにも印象が強くて(いろんな意味で)、2日目が薄れてる。たぶん、無難なライヴだったんですよ。平均的な。それとこの頃から、自分の中でちょっとこのツアーに対する疑問がふくらみ始めていたっていう、気分的な問題もあったと思う。それについてはまた、別のところでそのうち書きますが。

あ、そうか。この日は初めてBパターンのセットリストで見た日だったんだ。わたしは大体、Bのほうが好みなのに参戦日の関係でBを見る回数が少ない、というのがいつもの感じなんだけど、今回は同じだけ見れるんですよ!誰かが体調崩したりしなければ!(笑)後に映像に残るのはAのパターンで、Aの方がそれこそA面的な内容なんですよね、ラルクは。Bの方がマニアック。

今回はAとBで意外に曲目に差がないなぁと思って、ちょっとがっかりしないでもなかったな。パンクのメニューは毎日変わるけど、本編は1曲目と20曲目がちがうだけですからね。ちょうどAWAKEのときもそんな感じだったけど(FormationがAかBか、fateなのかforbidden loverなのかのちがいだけだった)、あのときはアルバム自体がコンセプチュアルで、それこそアルバムと定番曲以外はやりにくいような感じだったし、オープニングから終演まで貫かれた演出だったから、そういう種類のがっかり感はなかったんですよね。前回のまー火が、AとBで結構曲目がちがったので、そのせいで強く思うのかもしれないし、ちょっと10/14っていう参戦数が多すぎるのかもしれない(苦笑)

今回も05年のアリーナツアーといっしょで演出ありきの部分が多くて、演出の間に曲があるような、そういう印象なんですよね。ステージプランの主導権を握ってるhydeが、ラルクのライヴを「ライヴ」じゃなくて「ショー」とか「コンサート」と位置づけているせいもあるとは思うんだけど。まあ、これ以上この話を書くと総括を逸脱してしまうので、ここらへんでやめますが(笑)

ゲネプロ、大阪初日・2日目と観てきて、毎回よくなってくるな、というのが個人的な感想です(そして3日目でコケた)。ツアーもライヴも生もので、期間があいたり会場が変わったりするとライヴも変わるので、また名古屋ではちがうものを見せてくれると思います。同じ会場で4日もやるっていうのが久しぶりだった(観る側にとってもやる側にとっても)のもあるんだろうなぁ…などと言い始めたらまた話が逸れるので、2日目はこのへんで締め。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://7thskylight.blog42.fc2.com/tb.php/602-e82a9000

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。