God only knows

NO L'Arc, NO LIFE!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
※ネタバレ注意!

どこからやるか迷ったんですが、いちばん鮮度のいい(といっても3日前)の最終日から書くことにしました。1つの記事にまとめると長くなりすぎるので、前編は11曲目まで。セットリストからなにから、遠慮なく全部書いてますので、ネタバレにはご注意をば。

いつものようにMCはさわりだけで、別記事でMCレポします。

では、どうぞ!

【セットリスト】
01 THE BLACK ROSE
02 SEVENTH HEAVEN
03 Killing Me~New World~Driver’s High
――――MC 1――――
04 Driver’s High~浸食-lose control-~Promised land~AS ONE
05 STAY AWAY
06 HEAVEN’S DRIVE~接吻
07 SHINE
08 spiral
―――映像(CM)―――
09 DAYBREAK’S BELL
10 ALONE EN LA VIDA
11 砂時計
12 海辺
13 MY HEART DRAWS A DREAM
14 DRINK IT DOWN
15 REVELATION
16 Pretty girl
17 Link
――――小芝居――――
18 HONEY 2007
19 I Wish 2007
――――映像――――
20 fate
21 READY STEADY GO
22 Shout at the Devil
――――演出――――
23 雪の足跡
――――MC 3――――
24 Hurry Xmas


【開演】
この日はですねえ、なんと驚きの17:04開演!(笑)会場のお手洗いは混むので、済まして入るように気をつけてるんだけど、この日は直前のコーヒーがたたったみたいで、お手洗いに行ったんですよ。16:40過ぎに。そしたらもう長蛇の列で、15分くらい並んで、17:00前には席に戻ったんだけど、その並んでる最中に、係りの人が叫んでるのが聞こえたんですね。「もうまもなく開演となりますので、席にお戻りくださーい!」

わたしが出てくるときには、並び始めたとき以上の列になってたし、「昨日だって20分押したのに、そんな急がなくたって大丈夫だよね~」(と誰もが思っている)って言ってた矢先に始まったのでびっくり。実は昨日kenちゃんが、自主的に「早すぎる思て」15分遅らしたと言ってた(実際には20分押し)のもあって、慌てて席に戻った人も多かったんじゃないでしょうか。

ウサギの掛け合いは、「筋肉痛だなあ。昨日なんかしたっけ?ああ、うさぎ跳びだった」から始まる、前3日とは別のパターン。3日目がゲネプロと同じだったので、なんだもう新しいのはないのか、と思っていたんだけど、4daysのために4パターンはあるのかな。この日は中日後の2日目にあたるので、穴じゃなくてピアノの方の演出から、1曲目はこれ。

【01 THE BLACK ROSE】
昨日の今日なので、歌いだすまで…歌い始めても安心できなくてハラハラしましたが、どうやら3日目ほどではなさそうなので一安心。“End that bastard.”の前2語が実は落ちちゃってるけど、もういいんだ。いつもだから!(どーん)

この日のhydeも3日目に引き続き、ヒデキです。ヒヨコ、ヒヨコ、ヒデキと来たら次はヒデキだとは思うけど、なにを思いつくかわからない人なので、ひとまず安心。ばっちり決まってるかと思いきや、向かって右側に、一筋ほど仲間はずれの髪がいたけど、それもご愛嬌。この日の上着はゲネプロのときと同じやつかな?下のシャツは袖にレースのついたシースルーのだったけど、上着があればかわいかったです。黒いジャケットの袖から、レースの部分がのぞいてて。

“足元に 散らばる”のところで、手の平を下に向ける仕草をするんだけど(散らばっている状況の表現と思われる)、前の日に相方のhydeファンが「杖を探してるおじいちゃんみたい」とか言ったのを思い出してしまって、うーん(笑)と思いながら見ていたら、よ ろ け た。おじいちゃん、しっかり!(こら)

【02 SEVENTH HEAVEN】
「Welcome to the THEATER OF KISS!」

hydeの中で流行ってるのかもしれませんが(というよりは定番化?)、あの手を波打たせるのは、かなり変わってる動き(控えめな表現)だと思うんだけど、この日も“この瞬間にも進行~”と歌いながら、波打つhyde。だんだんその手が魚みたいに見えてきた…(え)。ほら、あるじゃないですか、子どもの手遊びで。「おさかな~」みたいな。ね?

kenちゃんが客席を煽ってるときのギターの音がちがったと思ったのは覚えてるんだけど、CD聴いてもどこのことかわからない…(笑)

【03 Killing Me~New World~Driver’s High】
お約束で下手の花道を駆けて行ったhydeさん。下手スタンドに向かって、シルクハットを取って礼をする、振りだけ。きっとあの帽子、hydeが動き回っても取れないように、しっかり固定されてるんでしょうね。どうなってるのか知らないけど、ときどき間違うのか、目の上にかかって前見づらそうにしてる日もあるよね(笑)

3日目は悪い流れの始まりだったNew World。前日の二の舞にはならない程度に戻った、とはいえ全快とは言えない歌でしたね。うわぁ…いやでも、昨日よりは、昨日よりは…と葛藤を繰り広げているときに、kenちゃんが白い歯を見せて笑ってるのがモニタに映るとほんとうに救われる。kenちゃんが楽しそうだから大丈夫!今日は大丈夫!

New Worldといえば、上手花道でhydeによるてっちゃんへのセクハラが行われることで有名ですから(?)、上手へhydeがやってくると身を乗り出します。が、この日はぺらっとスカートをめくっただけ(それでもじゅうぶんセクハラです)。てっちゃんと顔を寄せて歌いながら、ちょっと顔を反らすようにして“ふふん”とでも言いたげな顔。なんでそこで勝ち誇った顔?さては、てっちゃんファンに対する挑戦ね…!そんなこんなで今日もhydeはご機嫌で、絶好調です(歌以外は)。それにしても、顔が小さい男たちだわ。

【MC1 hyde】
最終日にしてようやく気づいたのか、この日は「いらっしゃ~い」ではなく、「ただいまー」。それも1回東京弁(関西人的発想)で言ったあと、「ただいまー」って関西イントネーションで言い直し。1週間近く食べたいと思っていたハンバーグをようやく昨日食べられたらしく、「だから今日は機嫌がいいのよ」。おかげで下ネタの方も絶好調。「おまえら何回でもいけんのか?俺はちなみに3回までしかいったことない」

【04 Driver’s High~浸食-lose control-~Promised land~AS ONE】
MCの終わりの方でhydeがkenちゃんに手で合図して、ギターと歌でやる“もう数えるくらいで~”がすごい好みだ、ということに気がつき始める。たぶんCDとちがうフレーズ弾いてるんですよ。この記憶が合ってるのかどうかわかんないけど、たぶん(笑)

AS ONEのイントロの途中で、ボコッていうなんか嫌な音がしたんだけど、あれはhydeがマイクを打ち付けちゃった音ですかね?ステッキ振り回すときも、マイク側から行かないように気をつけてるように見えたから、そうじゃないと思ったんだけど、真相は不明。

【05 STAY AWAY】
てっちゃんがバナナでベースを弾いている頃、暇なhydeはうろうろといつものように猫背で歩いて上手の花道へ。つるがからまったような形になってるセットの枠を、ステッキで小突くhyde。こらこら!上手スタンドにもちゃんと、「どうもー」って愛想のいい顔してあいさつしてました。

【06 HEAVEN’S DRIVE~接吻】
これは1回目だけ説明すれば済むことなんだけど、これが最初のレポになっちゃうので、ここに書きますね。HEAVEN’S DRIVEって書いてはいるけど最初の1小節のドラムのみ、接吻も“接吻を交わそう~”までで終わりなので、あわせてもたったの8小節分しかないものを、はたして1曲とカウントするのか、って感じなんですが、前のSTAY AWAYも後のSHINEも1曲丸々やってるし、どうしようもないのでうちではこれで1曲で。

正直、8小節じゃやってもやらなくても同じとしか思えないんだけど(爆)、これはいつかフルでやる日があるんでしょうかねえ。

【07 SHINE】
これは2日目に聴いたのが半年ぶりくらいで、最初の見事な“I want to~”に感動していただけに、この喉で歌うのには不安がよぎる。すっごい構えて聴いてしまったと思うんですが、メモには「よくやった!」って書いてあるので、よくやったんでしょう(笑)高いキーを出す前に一旦構えてそれから発声してる感じだったので、高い音が割れたりすることもなく。ずっと真顔だったの見ると、たぶん余裕なかったんだと思います。表情で歌う余裕が。

【08 spiral】
またしても1Aの歌詞があやしいhyde。たしかに2Aとややこしいけど、覚えてあげて!歌は悪くはなかったけど、昨日のがよかったかなー…って感じでした。あんまり状態のよくないときのライヴを見ると、hydeがどの曲が得意でどの曲が歌いにくいのか丸わかりですね。歌いにくいやつからだめになっていく。

照明が暗めなのでそう見えただけかもしれないけど、kenちゃんが頭をぐるんぐるん回してるように見えて、思わず凝視してしまった。でもどう見ても回ってるようにしか見えず(笑)

【映像(CM)】
ゲネプロ、大阪2日目と同じ、ポールを伝ってシエルちゃんが降りてくる方のCM。

【09 DAYBREAK’S BELL】
前日も、シルクハットを取ったあとは、隣のhydeファンが「乱れてる」だの「もっさりしてる」だの、ヒデキの具合を気にしていたんですが、この日はついにまるでベートーヴェンのようになってました。わっさーって。

そうそう、これはhydeが後で不意に思い出すほど、大失態をやらかしたんだった。最後の“My life I trade in for your pain.”のあとは、“振り向かず羽ばたけ”にすぐ入らないといけないのに、勝手に休符をとって、自信たっぷりに“どれだけ祈れば~”って歌いだしちゃったんですよ。

“祈れば”の途中あたりで気づいて、はっと口に手を当てると、そのままくるりと後ろを向く。しばらくして前を向いて、最後のフレーズは歌ったんだけど、そのあとで、後ろ頭に手をやって「やっちゃったなぁ」って顔してました。

ちなみにこの、後ろを向いていた間にyukihiroさんと目が合ったらしく、「ニコッてしてくれた」ってあとで言ってました。先生ったら優しいんだからっ!今日は俺ちゃんとやったのに!って顔ぐらいしてもよかったのに!(3日目はyukihiroさんもやらかしました)

【10 ALONE EN LA VIDA】
わたしはこの曲の、“旅の途中 …and so I go”のところでちゃんとドラムをモニタに抜いてくれるかどうかで、カメラの人がわかってるかどうかをまず判断するんですが(笑)、1番は「ちがう!」って思ったけど2番はちゃんと抜いてくれてましたね。歌もキメのフレーズで映さないといけないからなのか、“and so I go”のとこはhydeとyukihiroさん両方映すことにしているようですよ(笑)

この曲とMY HEART~は、いつも安定した出来なんですよね。だから3日目は、この曲が来たときにものすごく安堵した。これだけは大丈夫、と思って(苦笑)hydeは自分で、雪の足跡以外は「技術的なことを考えて歌ってる」とか言ってましたが、この曲の最後の“この命はまだ 旅の途中”だけは、感情的になって歌ってると思う(hydeの中では『感情的』と『技術的』が対になってるらしい)。

【11 砂時計】
セットリストでいうとちょうど真ん中にあたるこれと、次の海辺がhydeにとって明らかに鬼門だと思うんですが(奇しくもどっちもtetsu曲)、砂時計はhydeだけじゃなくて、全体にまとまりが悪い日がある。なにがそんなに収まりを悪くしてるんですかねえ。

これって最初はギターと歌だけじゃないですか?3日目だったかに、わたしは「hydeが遅い」と思ったんだけど、相方のMちゃんは「kenちゃんが走ってた」と言うしで、いったいどっちやねんって感じだったので、この日も気にして聴いてたんだけど、たしかにどっちかがちょっとずれてるんですよね。気にするから気になる、という程度のものかもしれないけど。


>>後編へつづく。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://7thskylight.blog42.fc2.com/tb.php/597-9a2c806b

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。