God only knows

NO L'Arc, NO LIFE!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

MCの内容と衣装については触れるので、それをネタバレだと思う方は回れ右。メンバーがどういった様子だったか(まあ機嫌がよかったとかそうでもなかったとかそういうこと)を含む。


いつもは注意書きはこれだけでいいんですが、今日はどんなライヴだったかを結構細かく書いてしまったので、それを見たくない人も速やかに回れ右。曲目、演出等のネタバレはないです。セットリストは1つ下の記事参照。

さて、大阪も3日目です。ラルクのライヴはそれなりの回数見てきたけど、こういう印象のライヴは初めてでしたね。いいか悪いかって言ったら、正直言って悪い方に入るかもしれないけど、個人的には、おもしろいものが見られたな、という感じかな。

ラルクの場合ライヴの出来って、「いい」と「悪い」がはっきりしてると思うんですね、わたしは。いい日は最初っから「なんかちがうな」ってわかるし、いまいちな日はいまいち。曲ごとにこれは「いい」、これは「悪い」っていうこともあるけど、ライヴの前半と後半(というか本編とアンコール以降)で、これほど変わるっていうのはめずらしいんじゃないかと。

ほんとうにはっきり言ってしまうと、hydeの喉のコンディションは最悪で、下の記事のセットリストの3曲目でもう、フレーズの途中で声が出なくなって水飲んだりしてたんですよ。そもそも「大阪ー」ってあおってる声がもうガラガラで、12曲目の出来にこだわって 、「今日も同じ状態ならちょっと考える」って言ってたわたしなんかは、こんな序盤でもう絶望の淵に立たされて、どうしようかと途方にくれてしまって。あながち誇張でもないですよ、これ(苦笑)。

そのわりに初っ端からはしゃいでるのも気になってたんだけど、あんまりにもあんまりなので(歌の方が)、途中からはそれが居たたまれなくなってきちゃって。歌をカバーしようと思って過剰に動いてるようにしか見えなくて。中には、歌より踊る方を優先してるなって思うような場面すらあった。

当然、完璧な12曲目なんて望むべくもなく、ほんっとうに近年まれに見るほどひどい歌で、そんな喉の調子で歌えるはずないんだから今日だけ外せばよかったのに、と思ったほど。いつもは安定してる曲までひどいことになってて、もうこれはどうなることかと思った…んです、が。

パンクのあとの20曲目が始まると、さっきまでのはなんだったのかしらってほどの演奏。ドラムの最初のアタックからなんかちがうな、と。これを言葉にするのはとても難しいんだけど、思わず動きを止めて見入ってしまうような、そういう状態。これ以降は客席のノリもちがったし、4人がいい状態に入ったのがわかった。その後の23曲目も、これのために温存しといたのかと思うような歌で、拍手も他の曲より大きかった気さえしたくらい。

hydeがしゃべるMCのとこで、あんなにkenちゃんが話してくれたのも、てっちゃんが笑顔で話しに乗ってくれたのも、前半の分をカバーしようとする気持ちがなかったとは思わないです。まあ気のせいかもしれないけど(笑)

kenちゃんのMCのとこも、いままで見たことないくらい流れるように話していたし(いつもの行き当たりばったりのぐずぐず感はどこへやら)、有り体に言えばみんな必死だったよ(笑)そしてわたしも必死でした。マイク向けられたら無駄に声張り上げて、腕の振りは3割増くらいにして、沈痛な空気を少しでも改善しようと…いやぁ人間、危機に瀕するとなにするかわからないですね!hydeが上手スタンドに身を捧げてしまった(乗り出しすぎておっと、ってなってた)のと同じで!(笑)

笑って済ませられるのは、最後までそのままで終わらずに持ち直したからで、わたしは正直このまま終わったら本気で身の振り方を考える気でいたので、ほんとうによかった。ゲネプロ、大阪初日・2日目と来て4公演目。ここまで来て初めて、「これがあるからラルクはやめられない」っていうのが見られたので(たった5曲だけど)、わたしは上がらずに済みそうです。ラルクのライヴで、終演後に「高いチケット代だった」と思ったことはなかったけど、もしアンコールの5曲がなかったらそうなったと思うんですよ。そういう意味ではほんとうによく持ち直してくれた。

残念なのはそこまでがだめだったことよりも、hydeのルックスが完璧だったために(美人で、コーンロウじゃなくヒデキで、ジャケットで太いパンツじゃなかった)、これで歌さえよければ…!と思ったのが何度かあったこと、ですね。返す返すも残念。

うーん難しいんですよね、このライヴをどう見るかっていうのは。あれだけのものをひっくり返したのはすごいと思うんですよ。ここ1年強、あれだけ歌えるようになってたのに、こういうことになったのは、本人もつらかったと思うし、よく最後までがんばったなhyde、と思う。でも、ヴォーカリストが喉をケアしておくのは当然の自己責任で、ギタリストが手を大事にしなきゃいけないのと同じですよね。

hydeの泊まってるホテルの部屋は、加湿器のせいで「ジャングル」のようになってて、「暑苦しくて寝られへん」とか言ってたけど、もしかしたら中日から調子が悪くて、それをケアするためにそういうまちがったことに(笑)、なったのかもしれない。でも風邪だとかなんだとか、そういう言い訳みたいなことは、とうとう最後まで、一言も言わなかった。言い訳するようなことはなにもなかったとも取れるし、言うことじゃないと思ったのかもしれない。

まあ実際なにがあったのかは、一介のファンにはわからないわけですが、この日のライヴが全てなんですよね、結局のところ。4daysのうちの1公演、と捉えてるわたしみたいのもいれば、この日1公演しか見られない、っていう人もいる。わたしなんかは「こんなハラハラしたり祈ったりしたライヴは初めてだなあ」で済むけれど、そうじゃない人ももちろんいた、はず。同じライヴでも捉え方がちがう。

今日のライヴがどうなるかは、hydeがどうしてあんなことになったのか不明なので始まってみないとわからないけど、「9000円払うものじゃなかった」と後で思わないで済むライヴを、期待してます。音はもうなんともならないと思うので、もういいです。城ホールが悪いんだと思っておく。いいも悪いもなく、AWAKEのときと同じ音だからなぁ…。

毎回涼さんのレポート(仮)を楽しみに拝見させていただいております。
大阪3日目もお疲れ様でした。
hydeの喉の調子がよくなかったこと、残念です。
まあ、LIVEは生モノなので、一回一回ハプニング(?!)があったり、その日のコンディションやテンションが違うのは仕方がないかなとは思います。人間ですしね。でも、それをお仕事としている以上プロですし、こちらもお金を払って見に行っているしというのも正直な意見で。
『またハート~』の時には日程的にも厳しかったにもかかわらず、喉の調子がよくなかったという話はあまり聞かなかったので、今回はどうしたのかな・・・?とちょっと心配になってしまいました。(季節ってのもあるかもしれないですが)
もちろんLIVEは演奏が素晴らしいのが何より一番ですが、それを最後まで投げ出さず、他のところでカバーしながらもやりきったhydeにそして他のメンバーに拍手を送ってあげたくなりました。
今日のLIVEでは素晴らしい演奏とhydeの声が聞けることを遠い関東から祈っています。
・・・それにしてもヒデキhydeが羨ましい・・笑

2008.01.13 13:43 URL | kong #- [ 編集 ]

>kongさん

どうも、ライヴで腰を痛めてしまったらしい管理人、スズです。やっぱり、3日目に腕の振りを3割増したのがよくなかったみたいです(笑)

わたしも、もっと大変だったはずの前のツアーで大丈夫だったものが、どうして今だめになったんだろうと思って、余計に心配が募るのもあって。一度はできたものができなかったら、やっぱり見る側は「もっとできるはず」と思いますからね。正直、AWAKEの頃ならこの程度でここまで言わなかったと思うので。

昨日のライヴは、レポ(仮)に書いたように、本調子までは行かないまでも、昨日の今日でよくここまで戻せたな、ってくらいには聴ける歌になってました(それだけ3日目がひどかった、っていうことでもありますが)。メンバーのバックアップも大きくて、3日目よりもさらに、「このメンバー愛に拍手!」の状態でした。

それから、昨日もヒデキでしたよー!(笑)さいたまはコーンロウだったらしいですもんね。2週間の間にまた、hydeが余計な冒険心を起こさないといいですが…。

2008.01.14 10:33 URL | 涼@管理人 #- [ 編集 ]

はじめまして、しょうなと申します。
前々から、よく覗かせて頂いていました。
私も大阪3日目に参加していたのですが、hydeさんの声に、最初、ヤバイ・・・と思った一人です。「砂時計」だってか、「海辺」の
時はマジで心配をして、泣きそうになりました。
でも、途中から持ち直したのか、声の状態も良くなったみたいでしたよね。
私は、基本、yukihiroさんが好きなので、3日目も「yukihiro~、yukihiro~」と叫んでいたのですが・・・(笑)
でも、私自身、本当に良かったのはtetsuくんでした。初日の不機嫌さをみなさんが言われていたので、唯一、行ける3日目にtetsuくんが機嫌が良くなかったらどうしようかと不安を抱えてました。
でも、それなりの表情だったし、笑ったし、PUNKでは水鉄砲を振り回したり、ゾンビ??の手をわざわざ取りに行ってくれたりして、本当に良かったです。
欲をいえば、yukihiroさんの声も聞きたかったけど、PUNKのあのお姿や、相変わらず黙々とドラムを叩き続けるお姿が、肉眼で見えたので大満足のLiveでした。
ながながとコメントを書いてしまい、すみませんでした。

2008.01.14 10:50 URL | しょうな #- [ 編集 ]

>しょうなさん

はじめまして!いらっしゃいませー。

3日目は本当に、あんなにハラハラしたことはないっていうライヴでしたよね。おっしゃるとおり、砂時計、そしてその次の海辺がもう…っていう感じで。わたしの隣で見ていたhydeファンも、途中から祈ってました(ほんとに)。

あら、yukihiroファンでいらっしゃいましたか。yukihiroさんはカッコよかったですよねー!(笑)わたしも3日目は、ドラム的においしい(とわたしが勝手に思っている)下手から見れたので、それはすごくよかったんですが。

そうなんですよね、てっちゃんの機嫌も今回は懸案事項で。4daysとも行ってたわたしは、もし1回しか行けないライヴがこの大阪3日目だった人はどう思ったかな、嫌な印象が残らないといいけど…、と勝手に心配していたので、しょうなさんのような方が「大満足のLive」と思ってらっしゃるのを聞いて、安心しました。また勝手にですけど(笑)

あ、コメントが長いだなんてそんなのお気になさらずに。このとおり、いつもこんな感じで平気で長いのやりとりしてますから(笑)

2008.01.15 22:36 URL | 涼@管理人 #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://7thskylight.blog42.fc2.com/tb.php/594-9c7ce72a

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。