God only knows

NO L'Arc, NO LIFE!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨日の802の、hydeが生出演したラジオの文字起こしです。と言っても、1時間出ずっぱりだったものを全部起こしたら何日かかるかわからないので、おもしろかったところは流れも含めてフルで、発言だけ抜き出しても大丈夫そうなところはそうしてあります。

DJの言ってることは若干端折って表現を変えたりしてますが、hydeの発言は基本的にきちんと起こしてあります。が、活字じゃどうにも雰囲気が伝わないところもあってもどかしい…!あの滑舌の悪さや舌足らずさをどう文字に表現したらいいのか…!(笑)

まあとにかく、どうぞ。hydeは終始舌好調でした。
まずは生電話、1人目。この子が年のわりに大胆で、いちばんおもしろかった(笑)
DJ「もしもし?」
女の子「もしもしー!」
DJ「あ、どうもどうもー」
女の子「こんにちはー!」
hyde「こんにちは」
DJ「尼崎市にお住まいの、17歳の高校生(以下略)。初めましてー!」
女の子「初めまして!」
hyde「はじめまちてー」
DJ「えー西田新と申しますー。つながりましたよー?」
女の子「あーはいー(笑)」
DJ「ちょっと緊張してる?」
女の子「はい」
DJ「あー、そうですか?もう普通に、友達としゃべる感覚で」
女の子「はい」
DJ「ちょっと行きましょうか」
女の子「はい」
DJ「はい。えー僕の目の前にはですね、えーhydeさんいらっしゃるんですけども、hydeさんにじゃあ『もしもし』と言ってください」
女の子「あっ、もしもし!」
hyde「もしもし」(若干トーンの低い声で)
女の子「…え」
一同笑い。
DJ「いいんだよ?ほんとに。さっきまで聞きたかったことたくさんあったと思うんだけども、ちょっとあのー順番に整理して、聞いていこうか」
女の子「あ、質問していいんですか?」
DJ「も、当たり前じゃないですか!そのためにリスナーがいるんですよ?はぁい」
女の子「あのぉ」
hyde「うん」
女の子「hydeさんはぁ」
hyde「うん」
女の子「めっちゃ色気があると思うんですけどぉ」
hyde「…え?」
女の子「その色気のために欠かせないものってなんだと思いますか?」
hyde「それ17歳で、色気があるって思うの?
女の子「え、はい」
hyde「へえ」
DJ「これは、ねえ」
hyde「そういうもんですかねえ」
DJ「どういうところに、hydeさんのセクシーさと言いますか、色気を感じますか?」
女の子「え、なんかもう…えー、えー…なんでしょう…(笑)」
DJ「いいですよ、もう、赤裸々に語ってくださいよ?」
女の子「えーあのー…写真とか、テレビとかでも、なんか…すごい…きれいで…(笑)あと歌声とかも、なんかすごい、色気のある歌い方とかぁ」
(歌の話になったあたりで、たぶんhyde笑ってます)
DJ「艶っぽい、ね?」
hyde「やぁねぇ。なんかそんな目で見てたのね、俺のこと
DJ「らしいですよ?」
hyde「ヤラシイわぁ
一同笑い。
DJ「あの、色気のために欠かせないことということで」
hyde「欠かせないことね」
DJ「なにかあのー、日ごろから」
hyde「はいはい」
DJ「お手入れじゃないですけれども」
hyde「うんうんうん」
DJ「心がけていることっていうのは…」
hyde「もちろん!はい。もちろんあのー、常にね、こう、いやらしいことを考えるっていうのは」
DJ「…はい」
hyde「欠かせないです」
DJ「これはもう、間違いないですよね」
hyde「努力して」
DJ「男として」
hyde「はい」
DJ「はいはいはい」
hyde「努力してやってます」
DJ「えーえーえー。いやらしいことを考えることによってー」
hyde「うん」
DJ「なんていうんでしょう、その、男のフェロモンっていうんでしょうかねえ」
hyde「はいはい」
DJ「そういうのが湧いてくるというか」
hyde「そういうことですね」
DJ「うーん。これちょっとー、予想したお答えでしたか?これ」
女の子「はい?」
DJ「予想したお答えが出てきましたか?hydeさんから」
女の子「あー、はい!」(断言)
DJ「あははは、ほんと?」
hyde「ええっ?」(素で不審そうな声)
女の子「はい(笑)」
hyde「…そんな目で俺を見てたの?
女の子「(笑)」
DJ「他になにかありますか、じゃあ?」
女の子「えー他にですか?えーっとぉ、そうですねぇ、hydeさん、あの、KISS…こないだ発売したKISSで、いちばん気に入ってる曲は…」
hyde「あー曲ね!」
女の子「ありますか?」
hyde「なにかなぁ…んー…『雪の足跡』?かなぁ」
女の子「あー」(納得)
hyde「『雪の足跡』…っていう曲があってー、その曲は…歌っててなんかね、涙が出てくるね」
女の子「(笑)」
hyde「こ、こんな腐った俺でも、なんかこんな純粋な部分があったんだな!みたいな」
女の子「(笑)」
hyde「(笑)」
DJ「なにゆってるんですか!」
hyde「なにゆってるって(笑)」
DJ「腐ってなんかないですよ!腐った人からああいう…歌は出ないですよ!」
hyde「やっぱそうかなぁ?」(ちょっとうれしそう)
DJ「当たり前じゃないですかぁ!」
hyde「ありがとうございます」

次の子も女子高生で、「願いがひとつ叶うなら」。答えは、ファンの方には、「hydeがいつも初詣で願ってること」って言えばまあわかると思います。「皮肉もこもってる」って念押ししてましたが。その子に「なにを願うの?」って聞いておいて答えたんだけど、「志望校に受かるように」って答えた子が、hydeの答えを聞いて「私もそう思ってました」って言うと、「ほんまかいな」って言ってました(笑)

そしてCM明け。
DJ「いまーあのーhydeさんとしゃべってる間にですね、あの、カッコいいサングラスをね、つけてらっしゃるなあという話をしてたらですね、おもむろにhydeさんが、サングラスを取りましてですね、いまあのー、きれいな瞳で、僕のほうを見てらっしゃいますんで」
hyde「(笑)」
「ちょっと僕の緊張度合いも、非常にですね、増してきたわけなんですけども(笑)あの、視力は相当いいらしいですね、hydeさん」
「んまあ…そうっでもないって…(笑)相当でもないです。いまそのはなししてたじゃないですか(笑)」(滑舌悪いです)
「ゆうても裸眼でね、運転免許取れるくらいということで」
「はいはい。まあそれぐらいは」
「うらやましい限りなんですけれども。…ええ。くりっとした瞳でですね、こっちを見てらっしゃいますけれども」
「んふっふっふっふ(笑)」
たーのしそーねーhyde(笑)

最後はちょっと年上の、20代の方。「hydeさんがサンタになったら、私になにをくれますか?」大胆な方ですねえ、とかDJに言われてましたが(笑)hydeときたら、「そうよぉ♪生よぉ♪」っておネエ全開なんですけど、これは機嫌がいいと考えていいんでしょうか?(笑)

iPod関係は人にあげやすい、って話をしてましたね。iPod持ってる人には、「スピーカーとかの周辺機器」って。最近いとこにあげたらしいですよ。ラルクとHYDEのソロの曲全部入れて。それを説明する「俺が歌ってるやつ全部」にたどり着くまでに、「俺がさっ…(作曲、と言おうとしたと思われる)」「関係した…」とかかなりまごついてたんだけど、これはどうしてなの?(笑)

そこから話はHurry Xmasへ。窓の外がクリスマスで、「いいなー」って感じだったので、「俺もこの曲で幸せになろうと思って」つくったそうで。これが「もちろん、僕のために」っていうこと?(笑)

そしてアルバムタイトルの、KISSについて。
hyde「僕…はねぇ、キス魔なんで。ちゅーしたいなーと思って」
DJ「あのーたとえば誰に…キスするんですか?ちゅー魔っていうのは」
「もう気に入った、存在があれば、なんでも」
「たとえば、それは男性女性問わずってことですか?」
「そうっすね。あんまり…男は好きじゃないっすけど」
「(笑)」
「へへへ(笑)昔は、かかか関係なかったですねえ、男も女も。最近はちょっと抑えてますけど」

メンバーの曲はそれぞれ違うからわかるっていう話から、Pretty girlの話へ。
DJ「非常にこれ、初々しい感じの歌詞で」
hyde「ほんとやばいっすよ、これ。聞いたときもう、どうしようかと思って。“なんでも上がってく”ってなにそれ!みたいな。もう俺、ほんと思いつかないっすよこういうのは」
「これはどういうところからこの歌詞書いたんでしょうね?」
「どうもねぇ、レコーディングんときずっとねぇ、なんだっけ?花札ゲームをやってたんですよ」
(↑突然子どものように舌っ足らずに。歯医者行ったばっかりなんかなって感じです/笑)
「あっ、らしいですね」
「kenさんが!」
「ダブルミーニング的なところもあるって僕、聞いたんですけど」
「そうなんですよ!それで上がっていくわけねぇ?みたいな」
「あとでだからhydeさん、だいぶ調べたんでしょ?花札とはいったいどういう感じで、どうなってんのか、みたいな」
「そうそうそう!やったことなかったんで。で、歌詞がもうちょっとクオリティ上がるかなあと思って、自分もちょっと、えー花札知らないとね、何も言えないから。ちょっと調べてみたりしましたけど」

次はspiralからユッキーの曲の話。
DJ「(yukihiroさんが)なかなか曲を出してこなかったというふうに、聞いてるんですけれども」
hyde「毎回そうなんですよ」
「あ、そうなんですか」
「最初の段階では、持ってこないですね。んで、チクチクチクチクおしり突いてるとぉ、『まだ?まだ?』みたいなことずっと言ってるとぉ、今回もポロポロポロって何曲か、後半の頃になって。そのうちの1曲です」

KISSの曲順について。
DJ「雪の足跡からHurry Xmasにいたる流れが、抜群だなと」
hyde「だろう!
「はい!」
んー間違いない!
「間違いないですねこれ!目を閉じればね、一面の銀世界があるわけですよ」
「そうそうそう」
「で、2人が並んでですね」
「うんうん」
「うちまでの道のりを」
「うんうん」
「これ歩いていくわけですよね、これね」
そうだな!
「で、これ以上ない、ささやかだけどこれ以上ない幸せじゃないですか」
「うんうんうん」
「で、これ2人だけで、えー家に帰って鍋でもするのかと思いきや!家に帰ったら気の合う仲間たちが待ってて、メリークリスマス!みたいな」
「んふふふふふふ(笑)」
「パーティに行っちゃう!みたいな」
「そうですね(笑)」
「ところまで僕、想像しましたけれど」
「想像してください」

最後はツアーの話。大阪は年明けだということで、「これはもう、正月ボケを吹っ飛ばせライヴです」(笑)「かなり華やかなライヴになると思う」とも言ってたので、楽しみですねー。

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007.11.28 09:31  | # [ 編集 ]

はじめまして。ラブログから飛んできました。
文字起こしありがとうございます…!
聴けなかったのでめちゃくちゃ嬉しいです。
ニュアンスまでばっちり伝わってきて…(涙)
本当にありがとうございました!

2007.11.28 20:18 URL | ruka #m9VrjQ5A [ 編集 ]

ラブログから来ました!!
文字起こし本当にお疲れさまです!!
後でじっくり読ませて頂きますね!!
ありがとうございました☆

2007.11.28 21:32 URL | miya #- [ 編集 ]

>おしゃれなたぬきさん

こんばんはー。
そうなんですよね。ラジオは聴けなかったらそこまでですから。
お役に立ててよかったです。ファンは助け合ってなんぼです!(笑)
いつもついつい長くなっちゃうんですが、そんなGod only knowsと管理人に、これからもお付き合いくださいませ(笑)

2007.11.29 00:04 URL | 涼@管理人 #- [ 編集 ]

>rukaさん

はじめまして。
これでもまだまだ伝わってない気がして、文字の限界を感じてたんですが、
ファンには得意の想像力がありますから、それで補ってもらって(笑)
でもニュアンスが少しでも伝わったならよかったです!

2007.11.29 00:30 URL | 涼@管理人 #- [ 編集 ]

>miyaさん

いらっしゃいませー。
読むのはすぐなんですけど、起こすのはなかなか大変なんですよねえ。
なのでこうやってコメントもらえると、報われた気がしてうれしいです。
とはいえ、これは長いので読むのもすぐってわけにはいかないですけど(笑)
またお時間のあるときにゆっくりごらんになってくださいませ。

2007.11.29 00:44 URL | 涼@管理人 #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://7thskylight.blog42.fc2.com/tb.php/559-e48631d2

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。