God only knows

NO L'Arc, NO LIFE!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
2日前に書きかけていて、HurryのPV騒ぎがあって頓挫していた感想。そのままにしておくのも気持ち悪いので、ここらでさらっと記事にしておこうかなと思います。インタはやっぱりB-PASSが正解でしたね。B-PASSは思わず笑ってしまうインタのみならず、例のモーリー立ちのアー写がどーんと掲載。

わたし最近、自分はhydeがすきなんじゃなく、hydeをネタに人を驚かせたり笑わせたり動揺させたりするのが楽しいんじゃないかと思い始めてるんですが、先日もそういった事情により、まだ見てないであろうMちゃん(10年来のhydeファン)に見せるべく、レッスンの前に買って持って行ったのです。レッスン30分前のラルクファン2人。

Mちゃん「…ハイディ、片目閉じてるように見えるんだけど」
わたし「ええ!?そうだっけ?(雑誌を覗き込む)いやでも、ハイディがウインクとかそんな器用なことできるわけないじゃん!(すこぶる失礼)陰になってるだけだよ」
Mちゃん「そうなんだけどさぁ…。でもシャドウ入ってるまぶたが見える気がする」
わたし「そう?」
Mちゃん「うん…。ていうかハイディ、松潤みたい」
わたし「…それわたしもちょっと思ったけど(黙ってたのに!)」

あの目つきというか顔つきは、全っ然アイドルっぽくはないけどね!(笑)いつもより大きめに開いてるデコルテがちょっと色っぽすぎるし。しかも縮尺が若干おかしいので、hydeのスタイルがよく見えるという現象が…。隣の隣のkenちゃんに目をやると、やっぱkenちゃんスタイルいいなあと思うんですけどね。ちなみにMちゃんは、あとで思い出したように、「松潤より全然かっこいいけどね」と言ってました。さすがは根っからのhydeファン。合掌!

これ、今週月曜の出来事なんだけど、この話をしていたときは、まさかその後解禁されるPVでハイディがアイドルばりのウインクを披露することになるとか思うはずもなく…。いや、だって、アー写とかってメンバー4人で撮るものだから、1人が表情を変えたりすると撮りなおしになったりして大変だって話を、誰かしてたじゃないですか。そんな状況で、シャッター切られる瞬間にウインクするなんてことあるかなあ、とこうね、思ったわけです。

ところがどっこい、アレですよ、アレ。昨日の取り乱しっぷりもご理解いただけることでしょう。でもよく考えたらあの縮尺のおかしさからいって、1人ずつ撮ったのを並べただけなんじゃないかっていう感じがしないでもない、という…。

まあアー写のことはこのくらいにして、インタの話。1人ずつのインタビューだから、本来はMUSICAに載ってたくらいの分量はあるだろうと思うので、短いといえば短い。いま思ったけど、B-PASSっていつももうちょっと長く載せてくれてるような気がする…近いうちに別の形で出るのかな、これ。うーんまあいっか。おもしろいからいいんです。後悔はしてない!(笑)出るにしたっていつになるかわかんないしね。LE-CIELの会報は1ヶ月以上経ってもまだ発送の連絡してこないし、来月には次のツアーが始まるのに、まー火の写真集もまだ出ないし。

■岡野さんが“ちょっと預かっとく”って
岡野さん、何者?どんなルートで提出されなかったデモを入手したんだ(笑)なにかおもしろいことになると思ったんですかね、預かっといたっていうのは。岡野さんといえば他のバンドとのことでちょっとした逸話も聞いたんだけど、おもしろい人だなあ。

■“いや~ラヴリィ~”、“ここブレイクしたら可愛くな~い?”
ハイディ、そんなん言いながらラルクの曲つくってるんですかあなたは(笑)ラヴリィって。そんなあなたがかわいいよ!あ、MUSICA読んだときにどれだろうって言ってた一押しの曲は、これだったみたいですね。結果的にはこれがいちばん派手な曲になってるから、そう言われたらそうかーとは思うけど。そして、てっちーをして“可愛いなぁ”と言わしめるとは相当の曲です。ラルクの可愛い(曲)担当のてっちーに。

■“これ何すかぁ?”(ken)
■もうちょっと練習させてくれ(yukihiro)
■“明日弾けって言われても無理です”(tetsu)
すごいです。音楽の先生が困ってます。“脳みそがテンポにやられる”って(笑)yukihiroさんがhydeを謎の存在だと思ってるのはいつものこととして、ベース録りが最後っていうのもすごい。わざわざ注釈が入れてあるけど、リズム隊は最初にレコーディングするのが普通だもんね。ベーシストの岡野さんに“練習したいでしょ?”とか言われてるし(笑)それをさらっと、“ラルクアンシエルとしても大きなチャレンジでしたね”で済ましてるあたり、やはりhydeは大物です。

■ディズニー的な雰囲気に
つくってる本人たちがそう思ってたんなら、ファンが聴いて夢と魔法の王国だとかエレクトリカルパレードだとか思うのも当然だよね(笑)しかしまさか本気でその路線を目指してたとは…。そしてこのクオリティにまで仕上げたとは…恐るべし、ラルクアンシエル。本当にできないことはないんだな。

■ストリングスのアレンジャーさんが来たので、“よっしゃ!”
あのー…アレンジャーさんってそんな、“おそば来たよー”みたいな、出前みたいな感じで来るのが普通なの?(笑)そのために呼んで、計画的に来てもらうんじゃなく、スタジオ行ったら来てたからラッキー、みたいな。でもそんなもんなのかなあ。他の現場のことは知らないけど、ラルクの場合、呼んだけど結局メンバー内でやりました、みたいなこともあるし。

このインタビューはフルで見るのが楽しみですねー。いつになるかわかんないけど。ラヴリィ~とか言いながらつくってるhydeに比べて、他のメンバーの苦悩(そして苦労)といったら!(笑)

最後にひとつ付け加えておくと、このインタビューを抜粋して記事にしてるライターさん。あんまり見ない名前だけど(そもそもB-PASSのラルク担当って誰だっけ?と思うほど最近B-PASS出てないよね)、“バンド初のクリスマス・ソング”と書いたミスは手痛い。I Wishはもう10年以上前のアルバム曲だし、知らなくても仕方ないのかなと思うけど、Hurry Xmasにはパンク名義とはいえI Wishが収録されてるんだからそういう弁解はできない、でしょ。

ラルクのインタビューの間に、HYDEの文字を差し挟んだのも正直ちょっといただけないというか、興ざめだったな。他にもそう思わすエピソードはいろいろあるはずなのに、あえてそれをチョイスするかなあ?まあここまで言うとちょっとアレかなと思うけど、バンド初の~はちょっと見過ごせない。

それとも雑誌のライターさんってみんなこんなもんなんでしょうかねー。直接ラルクにインタビューできる日は来そうにないわね、もしくはインタビューしてリーダーにやりこめられちゃえばいいのに!とか思ってたんだけど、ここに書いたからそれは水に流し…はしないけど、忘れたことにして、いいオフィシャルインタビューだったなあと思うにとどめておきます。


昨日はハロウィンでしたねー。わたしは友達のバイト先(サーティワン)でアイスを食べようと試みたものの、ハロウィン+31日の人込みに負け、結局なにもせず終わりました。なんでこんな話をするかというと、ハロウィンテンプレが今日から使えないからです。かわいかったのに、来年の10月まではお蔵入り。

商業的にはハロウィンが終わったら即クリスマスだし、Hurry Xmasのおかげで今週のうちの記事はほとんどXmasの文字に埋め尽くされてるし、もうクリスマスにしようかなあとも思ったんですが、とりあえずこんな感じでお茶を濁しときます。

ほんとはいいクリスマスのテンプレがあったんだけど、いつも使ってる追記折りたたみのスクリプトがうまく効かないので、どうしようかなあと考え中。なにが悪いのかわかんないし(矯正視力でソースを見続けるのはつらい)、それにばかりかかずらっている暇もないので、折りたたみを犠牲にしてクリスマスに乗っかるか、それとも、って感じで。まあしばらくはこれで行きます。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://7thskylight.blog42.fc2.com/tb.php/538-bcc3fd72

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。