God only knows

NO L'Arc, NO LIFE!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Hurry Xmasの初OAがあるっていうのに、fm Osakaは例によって…とかって恨み言(または呪いの言葉)を書いてやろうと思ってたら、いつのまに放送することになってんの!ラジアン!もしかしてこの10月改編で変わった?fm Osaka圏内の方!今夜はお忘れなく!ひっそりこっそりラジアン復活してますよー!あーびっくりした(笑)

おかげで今週もネタに困らない1週間になりそう。今日はこれでしょ、明日はラジアン、あさっては関西は音楽戦士の放送が前日夜中なのでそれ、数日したらGiGSが出て…せわしいな。楽しくってよいことですが。

そういえば、天嘉の告知が今年はまだだけど、やらないんでしょうかね。昨年の告知は16日だったから、もうすぎてるんだよね。その前は…そうだ!こういうとき役に立つんですよ、総括が(笑)というわけで旧ブログのログをあさったところ、3日に先行が開始、20日は結果が出ていた模様。ということは、なし?いや、毎年遅れていく、ということかもしれないし…。

ないならないでいいんですけど、さいたま2daysのあと天嘉行って…という夢の行程を描いていたスズさんとしては、東京へ行く理由がなくなってしまうので、それがさみしい。あーあ、ケーキ食べに行きたいのに(それかよ!)。というか今年はドームへ行ってないなあ(笑)なんとなく、年中行事みたいな感じだったから。来年追加、あるよね?ドームはホームだもんね?

追記は昨日の続きです。DAYBREAK’S BELLとKISSの分。ひそかに(いや堂々と)、ものすごーく長くなってます。

■DAYBREAK’S BELL
◇「わかんないよねぇ、そっくりなんだからさ」「そうかもしんないねぇ」(hyde)
ああ、この人、まだバレなかったと思ってるよ(笑)でもいいんです。わざわざ途中からトーン上げて(きっと上ずった声で)、「うんうん、そうだよねぇ」って電話してるふりをしてるhydeがおもしろいから。でもこれ、ムービーで録れる会場でやったっていうことは、その映像あるんだよね?まさかhydeの思い出のためだけに録ったわけじゃあるまいし(だったりしてね)、どこかに収録してくれるのを期待。

◇クラゲみたい
クラゲ→海の中を漂ってる→♪季節に誘われて漂いたいのさ~
という連想が真っ先に脳内を駆け巡ったんだけど、もちろんそういうことじゃないよね。だって…クラゲ?クラゲって普段から思い浮かぶような言葉かなあ?(笑)でも、みんな言葉はちがえど「レコーディングは好き」「楽しい」って言ってんのに1人、「楽しいわけでもなく」とか言ってたことを考えると、少なくとも「嫌だな」と思われてなくてよかったですよ。ところで、ふと気になって「クラゲ」には一般的にどんな意味が含まれるのかを調べたら、正直あまりいい意味じゃなかったんだけど…そういうことじゃないんだよね?(よっぽどクラゲが気になったらしい)

◇それをなぜ俺がわかったかというと
ときどき、この人日本語不自由だなと思うことがあるんだけど、これ見たとき、何回も読み返しましたよ。適当に英訳してみると(だから文法的にツッコまないように)、He seemed to have made a cheerful song because he said, “hyde, (面倒なので以下略).”で、まさにhydeの話したような順序だから(笑)英語みたいな順序って、ほんとは話すの楽なんですよね。結論から言えるから。日本語だと、原因とか背景とかぜーんぶ話してから結論だもの。だから実は日本人のほうが大変だよね。結論言うまで相手の興味を引き続けなきゃならないんだから。

◇勝負は2A
この、2Aとか1Aとかっていう言い方、この業界では普通なんですかね。初めて聞いた。でも便利な言葉だなー。これからどんどん使っていこう。少なくともラルクファンには通じるし!(笑)でもこれ、hydeの言うとおりかなと思うのは、ツアーで聴いてた頃、ほとんど聞き取れない歌詞の中でも聞き取れて残ったのが2Aだったから。1のほうは最初、全然なに言ってるかわかんなかった。聴き込んだら別だけど、初めて聴いたときとかって、注意して詞が聴けるのは2番くらいからなんだろうな。1番はまだ曲を把握してる状態だから。

◇逆にケツを押されたと(鹿野さん)
これを目にしたときすぐ、おしりを押されてる小さなhydeの姿が浮かんだんだけど、ちがうよね?なにがちがうって、押されるのはおしりじゃなくて、背中だよね?(笑)

◇留守番電話が来たのがうれしくて
hydeが20歳の頃。うちには物心ついたときにはすでに留守番電話があったので、時期的には…合ってるな、うん(笑)ラルク結成が91年。わたし当時4歳。…ではなく。あのイントロっていかにもhyde、って感じだけど、あの人は20歳の頃からこんなだったんだなあ。

◇「俺好きかも……」(ken)
kenちゃんって2年ほど前にも、「好きでしょ、ラルク?」って言われて困ってたよね(笑)ちがうライターさんに。そのときの雑誌を探してて気がついたんだけど、HYDEのは2万じゃなくて4万字でしたね。のちのkenちゃんが2万だったんだ。あの頃の鹿野さんは、hyde“さん”なんだよね。あの頃のファンは、鹿野さんがいまのような立場になるなんて想像もしなかっただろうなあ。と思いながら、バンドエイドを巻いた指を口元へやってる人に目を奪われる。わたしこの雑誌の写真で、初めてはいどという人をまじまじと眺めたと思うんだけど、コンパクトな人だなあと思ったのを覚えてる。必要なものが全部、きちっとあの小さな身体に収まってる。そういう感じ。ってhydeの話じゃないよわたし。しっかり!(笑)

◇「ダメだ!足りん!」「Pretty girlで帳消しだ!」
帳消しって!(爆笑)おかげで大任を負ったPretty girlは大変なことになってるよ、kenちゃん。金沢で見たhydeの踊りっぷりはちょっと心の傷なんだから、わたし。ところでPretty girlのgは小文字なんですね。Lover BoyのBは大文字だったのに。まあどうでもいいっちゃそうなんだけど、ずっと大文字だと思い込んで大文字で書いてきたような気がするなあ、っていう(笑)

◇「ここが聴きたい」
そうだよね、kenちゃん!急なファルセットへの移行がhydeの持ち味だとわたしも思うよ。ただ、それは曲に呼ばれてっていうところもあるんじゃないかなあ、というところで、hydeとの間に齟齬が生じてるのかもしれない(笑)わたしはkenちゃん曲に好きな曲が多いけど、これ(hydeに限らず)が理由の1つだったりするのかな、と思って。こういうとこがいいんだよね、ラルクは。

◇最近のhydeの詞が本当に好き
好きでしょって言われて困ってた人が好きってはっきり言ってるわ!(笑)「いい感じの作詞家」っていうのが、kenちゃんらしい言葉だな。わたしも好きですよ、いまのhydeの詞。…なんか、hydeのファンなのかkenちゃんのファンなのかわからなくなってきた(笑)

◇メンバーとしてもドラマーとしてもどうするんだ(yukihiro)
ラルクのクオリティが高く維持されてるのって、これの積み重ねの気がしますね。できなかったらできない、で終わりじゃない。いつも上へ上へ向かってる。だからいつまでも好きなんだろうなあ。好みかそうじゃないかの差はあっても、質を疑うことはないもの。

◇俺が問題だったのかな?
100テイク行ったって…そんなに叩いて結局最初のほうのテイクとかだったとして、俺の残りの99はなんだったんだ!とかは思わないのかな?思わないからそうなってるんだよね、きっと(笑)

◇忙しいのは5年ぶり(tetsu)
なんで02年が忙しかったんだろうとか考えてしまったけど、たぶんいろいろあるんだよね。うん。ラルクは5ヶ月連続リリースの勢いのままツアーに入って、終わったらしばらくまた休憩を挟むのかと思ってたけど、いまレコーディングしてますよね。このあとの展開はどうするつもりなのかな。リーダーは前から、全部世に出るまで2年くらいかかるとか言ってたけど、HYDEが来年…とかまたアレなことを言い出してるらしいし(いまだに確認してないけどディストです)、はてさて。

◇レコーディングの思い出
これがすんなり出てくるっていうのも、ちゃんと信頼関係が築けてるんだろうなあと思う。つっけんどんに答えたりすることもあるじゃないですか。それにひるんでるインタビュアーとかもいるし…。そういう意味ではもしや鹿野さんの暑苦しさが役に立って…?(笑)

■KISS
このレビューがいちばん、なによりもえらいことになってますね。“わけがわからな”くなってるのは鹿野さんでしょ(笑)ジャズとロックンロールがキッスで仮装パーティで、なおかつド直球のクリスマスソングってもう、Hurry Xmasがどんな曲なのかますます謎に包まれる説明文になってるし、ええ、今日のOAが楽しみですね(笑)

◇ある種、狂気じみている(hyde)
ああ、とんでもないバンドのファンだなあ…という想いを改めて深くする発言(笑)ほんとにね、わけわかんないよね。全員が曲書くし、詞も書く。だけどアルバムをつくるからって、「こういうアルバムにしよう」っていう話は一切ないわけで、でもそれを1枚にパッケージしていくんだもんね。その1枚1枚について、ファンはファンで、これはこういう印象のアルバム、っていうのを持っている。なんで成り立ってるのか不思議だな(笑)

◇血が流れるような行為
わたしこの言葉をずっと考えてるんだけど、いまだに噛み砕ききれなくて、「キス=血が流れるような行為」っていう式のまんま、頭の中においてある感じなんですが。血が流れるって、手ぇ切ったら血が出るっていう意味ではもちろんないと思うんだけど、だったらなんなのかっていうところで。血が通った行為、っていう意味なのかな。うーんhydeの言葉を噛み砕こうとしてること自体はいいとしても、キスの意味を真剣に考えてる、と考えるとあれだ(笑)
これ読んで思い出したんだけど、小さい頃、家族によくキスしてたなあ、と。ほんとに小さい頃ですよ。小学校に上がる前とか。背が小さくて頬まで届かないから、「ないしょのはなし」って言って、大人を屈ませるんですよ。いま思うとかわいい話だなあ、ちっちゃい頃ってなにするかわかんないよなあ、と思ったんだけど、書いたらなんだかはずかしくなってきた(笑)欧米では普通のことなのにね。日本人だな、やっぱり。

◇ひとつも嫌な音を入れないで済みました(ken)
もうこのくだりと、「楽しかったんですねぇ。すごくいい音ばっかりです」っていうのだけで、よし!と思いました。よし、KISSは絶対いいアルバムだ!って(笑)

◇俺達はそんなところじゃない場所で音楽を鳴らすんだ、サイナラ!
kenちゃんったらまた名言を…(笑)このkenちゃんのインタビューのテンションだけでも、KISSに期待が持てますよ(単純)。だって、ライヴだってkenちゃんのご機嫌が重要なポイントなわけだし…ねえ?こうやってインタビューを10万字分読んできて、まー火で新曲を聴いて、KISSはkenちゃんっぽいアルバムになるのかな、と思う。AWAKEは曲が多かったし、コンセプチュアルなアルバムだったのもあって、hydeくさい感じだったけど。という、いい悪いじゃなく、単に相対的な意味で。

◇遠慮せずにピアノもストリングスも
これもうれしい話。やっぱストリングスは生ですよ!叙情詩だってそうだったし。ただその…いろいろね、事情というのがありますから(笑)、思い通りにはいかないのかなと思ったこともあったから、そこをふんだんに、やりたいだけゴージャスにしたんだったら、ほんとうにいい音なんだろうなと思う。

◇食べることに生きる楽しみを見出せない(yukihiro)
わかるなあ。そして鹿野さんには決してわからないだろうなあ(笑)

◇たぶん、Mなんですよ(笑)
いやー、これは笑いました。yukihiroさんの口からこんな言葉が…。これに対してうちのMちゃんは、「究極のSなんだよ」と相変わらず言ってましたが(自分にもSっ気を発揮してしまうほどS、というのの結果、Mってこと)。

◇ミスればすぐやめちゃう
これは余談なんだけど、先日レッスンのときに、「じゃあちょっと練習してみてー」っていう時間があって、練習してたとき、まちがえた途端に最初の小節に戻ってる自分を見て、うわ、ユッキーと同じだ、と思った(笑)ナメられたくなかったってyukihiroさん言ってるけど、それってプライドなんだとろうな。と、同じ性質を持つ者としては思います。

◇自分が入る前、入ったあと
yukihiroさんってこういうこと、なんとなくは言ってきたと思うけど、ここまではっきり言うのは初めてなんじゃないだろうか。ラルクはデビューしてから、ドラムだけ替わってるわけですよね。わたしはユッキーが入ってからのファンで、最近のことだけに限定しても、天嘉のI’m so happyがあったり、CHRONICLE 0があったりのタイミングで考えてはきたけれど、うーん…難しいな。そのことをユッキーも自分の経験上わかってるから、知らん顔もできないしっていうところで。うん、この話は複雑だし長くなるのでやめましょう(笑)誤解を恐れずに言えば、いまがいいならいいかなと思うんですよ。ほんとうはね。

◇またまたhydeくんさぁ
出た!ユッキーの「またまたぁ」が!(笑)hydeいっつも言われてるよね。というかユッキーの中ではもう、そういう人なんだな。「不思議」なんていつの間にかシリーズ化してるし。

◇ダカダカダカダカダーン!
これだけでPretty girlが流れ出すよ、脳内で(笑)Pretty girlって、SEVENTH HEAVENに次いで2曲目として収録されるんですよね。イケイケだね!(笑)

◇なぜそれを我々は聴けないんですか?(鹿野さん)
ほんとだよ!よく言った鹿野さん!残りの12曲…てっちゃんの言い方だと、いずれ聴けるんだよね?あんまり期間をあけないでもう1枚いくつもりなのか、どうなのか。それともまったく新しい打ち出し方を考えてるのか。まあそれをここで考えても仕方ないんですが。

◇曲順と曲間で印象がガラッと変わる(tetsu)
これはほんとにそうだなと思いますね。好きなアルバムは何度も頭から聴くから、たとえば1曲目が終わりそうになったとき、あとどれだけの間で次の曲のイントロに入るか、わかってるんだよね。だからツアー中、ライヴのセットリストのプレイリストをつくってよく聴くんだけど、そのときに、アルバムとちがう曲がくると違和感があったりして。でもそれがアルバムのカラーだったり、印象だったりっていうことなんだと思う。


うわ、もう、えっらい長さになってしまった。ほんとだったらわけなきゃいけない長さだと思うんだけど、書いちゃったし、2分割するつもりだったからこのまま行きます。だらっと下に長くてすみません。だからうちは追記が折りたたみじゃないとだめなんですよねえ…(内部の事情)。

初めまして☆shioといいます。
KISS=血が流れるというhydeの言葉、私もどういう意味なのか未だ考え中です。彼の言葉は、歌詞もそうですけど普通の会話でも文法とか無視って感じですからね。それが魅力でもありますけど(*'ー'*)

2007.10.22 18:48 URL | shio #- [ 編集 ]

>shioさん
はじめまして!こんにちは。
キスは血が流れるような…という言葉、不思議ですよね?そう思ってるのがわたしだけじゃなくてよかったです(笑)
あんまりこの言葉の意味について言ってる方を見かけないので、また得意の「若い子にはわかんないと思うけど」なのか、とまでかんぐったりして(笑)
変わった言葉の選び方をしますよね、hydeは。話し言葉でも歌詞でも。でもそこが好きだったりして、厄介なんですよね。好きだけど…わからない!

2007.10.23 18:38 URL | 涼@管理人 #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://7thskylight.blog42.fc2.com/tb.php/531-9b831c86

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。