God only knows

NO L'Arc, NO LIFE!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
すっかり遅くなってしまいましたが、DAYBREAK’S BELLの雑感です。そしてすっかり長くなってしまった雑感です。そして、あまりに長くなりすぎたので、タイトル曲とc/wをわけました(どんだけ!)。こっちはDAYBREAK’S BELL、1コ下の記事が夏の憂鬱です。

こんなに長くなるつもりはなかったんだけど、継ぎ足し継ぎ足し、何日もかけて書いたらこういうことに。ほんとは聴いてすぐ書いちゃえばよかったんだよね。あんまり深く入り込まないうちに(笑)

そういえば昨日、近所のHMVで、DAYBREAK’S BELLを手に取っているお姉さんがいたので、「その曲いいですよ!ちょっと変だけど。c/wにもっと変なのが入ってるけど、まあ気にせずにレジへ…」と念じてみたんだけど、通じたかどうかは定かじゃありません(見届けなかった)。だってあんまり食い入るように見つめてるからつい念を…。

無駄話はさておき、雑感は追記からどうぞ。

言いたいことが多すぎて、なにから話そうになってしまうけど、とりあえずこの曲が変だ、というところから行きましょうか。変というか、複雑怪奇なことになっている件について。yukihiroさんが、最初はメロディとドラムのパターンしか聴こえなかったって言ってたけど、わたしもライヴで聴いたあと、記憶に残っているのはサビ前のドラムのキメとギターソロだけ、っていうとてもめずらしい状態で(笑)歌は思い出せないんだけど、ソロとドラムだけ延々流れてるっていう。だから帰って来てガンダムのCMでサビの歌を聴いても、ああ、こんなんだった…ような?みたいな感じ。

作曲したkenちゃん本人が、それをねらっていた(“インディーっぽい”を“インディーズの頃のように複雑でマニアックな曲”、と解釈)みたいだし、その曲の雰囲気に合わせたのかどうか、hydeの歌も最近の傾向とはちがう、昔のような歌い方なので、リリース前から初期っぽいと騒がれていたわけですが。

最初は、「hydeの声が若い」ってなんだ、と思ってたんだけど(笑)、音源聴いて納得。ライヴとはだいぶちがう歌い方だから、想像がつかなかったんですよ。hydeがいまもこういう歌い方をできることは、L’Anniversary Liveでも証明済みだったから、それほど驚きはしないけど、あのとき歌ったのは過去の曲であって、いまの曲じゃないから、それとは大きく意味がちがう。おもしろいことになってきたな、と、こう思うわけですよ(笑)

これについて詳しく書くと、また記事をわけなきゃならなくなるから省くけど、ここ何年かのhydeの進化(でいいのかしら。成長、と書くのは悪い気がして/笑)は、希望通りの方向で進んでいるので、大変楽しい日々です。KISSが楽しみすぎて、ツアー全通しようと企てるほどに(就活はどうした)。KISSが楽しみなのはhydeの歌のことだけではなくて、新曲のドラムが派手なこととか、曲がすごくいいとかそういうのももちろんあるんだけれど。

じゃなくて、ベルちゃんの話だった(うちではデイブレじゃないんです。ベルちゃん)。歌の話だったから、ヴォーカルの話を続けよう。hydeが身体の押し引きがどうの、って話をこないだしてたけど、歌そのものが上手くなったってだけじゃなく、表現力がすごい上がったと思う。歌う声の、“押す”部分じゃなくて、“引く”部分。これがすごく上手くなったというか、それこそいままで、なんとなくでそうなってたのが、ちゃんと確信があって、そこに落とし込んでる感じ。それが聴いてて伝わってくるんだから、もう、たまらないですよ(笑)

そういえば、MY HEART~のレビューで、hydeの歌を「どのひとこともいやらしく聴こえる」やら、「“官能”そのものだ」とか言っていた(こんなの音楽誌じゃ絶対書けないよね/笑)近田氏に、ぜひこのDAYBREAK’S BELLも聴いて、レビューしていだたきたいわ。この人、「これは病みつきになる人には一段とたまらないことになったろうと思う」って最後に言ってたけど、まさにこういう↑状態ですから(笑)

確信犯だという話をしておいて何だけど、かけようと思ってかけてない(ように聴こえる)、無意識っぽいビブラートもまたいいんだよねえ。わたしはヴォーカリスト・hydeの持ってる小業(?)の中でもこれがすごく気に入ってて、この曲のこのビブラートが!っていうのがあるくらい(マニアックにもほどが…)。

なんかちょっと話が逸れたけど、インディーズっぽい曲調と歌になってるこの曲で、そのインディーズの頃といちばん大きくちがうのポイントは、色気だと思うんですよ(大まじめ)。昔の彼らに色気がなかったとは言わないまでも、年を重ねて、年月を経たからこうなったんだろうなあって。特に歌とギター。あんまり普段ギターには注目して聴かないっていう人にも、ぜひリーダー推奨の(笑)、hydelessバージョンで聴いてほしい。すごい色っぽいですよ。感覚だから具体的に説明しようがないけど。ギターといえば、2番の、♪どうして繰り返し~のとこと、♪誰もに流れるこの血が~のところで右から入ってくるギターが非常にかっこいいです。

ついでに(どのついで?)詞の話をすると、ちゃんと聴き取れる音源で(笑)、歌詞を聴いたときに、これはうまくはまったな、と思ったんですよ。だからインタビューで「言いたいことが言えた」って言ってても、そうだろうなと思って。

AWAKEは(結果的に)反戦がテーマのアルバムだったから、そういう、直接にせよ間接にせよ戦争について歌ってる曲がいくつも収められていた。でもそれはそこで終わって、ある種の縛りがない中で書いたことで、気負いがない(ように感じられる)し、何曲か書いたあとだから、こなれてる部分もあると思うんですよね。そういう意味で、kenちゃんのこういう曲が出てきて、ガンダムのタイアップがあって、うまくはまったな、と。だからわたしはhydeが戦争とか争いを絡めて書いた詞の中で、これがいちばん好きです。

歌詞といえば、いくつかしていた聞き取りミスの中で、最後の♪願いは誰にも~のところだけ、どうしてもわたしは♪未来は誰にも~に聴こえるんですが(笑)ライヴのときは♪願いは~って聴いてたし、テレビで歌ってるの聴いても♪願いは~に聴こえるんだけど、CDだけなぜか。あ、もうひとつあった。♪炎で裁き合う~のところ。ずっと「炎で」を「本能で」だと思ってて、むしろそれでhydeっぽいと思い込んでいたわたしには(インタでも“遺伝子に組み込まれてて”とか言ってるし)、いまも「本能で」に聴こえます(笑)遺伝子云々じゃなくて、戦火のことを言いたかったのね。

歌の話ばかりしてきたけど、最後に楽器隊のことももちろん書きますよ。ドラムがすばらしいのは言うまでもないことですが(最近の口癖「(ユッキーにこんなドラムを叩かせてくれて)kenちゃんありがとう!」)、ベースもねえ、うねりっぱなしで。リーダー・てっちーの言うとおり、hydelessバージョンの聴き応えはハンパじゃないです。ヴォーカルがあると耳がいかないような音も聴こえるし。

この曲、複雑は複雑なんだけど、ちゃんと細かく聴いていくとすごく計算されていて、ここのギターはメロディと、ここはベースといっしょとか、ベースはベースでドラムとリズムを押さえてるところもあれば、メロディと絡んでるところもあるし、って感じで、なんというか、言葉が浮かばないけど、よくできてる(笑)kenちゃんらしい曲です。来週出るkenちゃん表紙のGiGSに、スコアが載るといいな。眉間にしわ寄せて、これはベースがええと…とか思いながら聴くのもいいけど、スコアを見ながら聴くのも乙なものです。

まだ微妙に書き足りないこともあるけど、この辺で終わりにしとこう。そろそろ手も痛くなってきたし…。実はこの1.5倍は書いてると思います。あとの0.5はどうしたかって?ボツにした分もあるし、またなにかの機会に使えないかと、ネタとして温存してある分もあります(笑)

夏の憂鬱のほうも読んでやろうかな、と思われた方は、こちらからどうぞ。

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007.10.15 18:46  | # [ 編集 ]

>ルーヴィスさん

こんにちは。コメントありがとうございます!

夏の憂鬱まで読んでいただきましたか!あんな長いのに…。ありがとうございます。
その上楽しんでいただけたなら、なによりです。
ここまで長々と書くとほとんど自己満足のみで、
書いてしまったあとはのれんに腕押しのような、
なんともいえない虚無感が漂うばかりなんですが(笑)

TETSU P’UNK本人は楽しんでるみたいですけどねー。
やっぱりこちらから見ると、お疲れ様です、って感じですよね(笑)

2007.10.17 17:42 URL | 涼@管理人 #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://7thskylight.blog42.fc2.com/tb.php/526-60e04fd4

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。