God only knows

NO L'Arc, NO LIFE!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
すっかり遅くなってしまいましたが、DAYBREAK’S BELLの雑感です。そしてすっかり長くなってしまった雑感です。そして、あまりに長くなりすぎたので、タイトル曲とc/wをわけました(どんだけ!)。……と、ここまではコピペ(笑)

というわけで、こっちはパンクの夏の憂鬱、1コ上の記事がDAYBREAK’S BELLの雑感です。

実はこっちはずいぶん前からできていて、ただDAYBREAK’S BELLをなかなか書き出せなかったために、こんなに遅れたんだけど、こうなるんだったらこっちだけ先に上げときゃあよかったじゃん、みたいな最悪の事態ですが…いや、最悪なのはやるって言っといてやんないことだからその一歩手前だ。そういうことにしておこう。

雑感は追記からどうぞー。そしていまさら、MY HEART DRAWS A DREAMの雑感を書いてないことに気づくわたし。

[イントロ(ハープシコードみたいな音がするところ)]
うん?なんかパンクにしちゃあ穏やかな始まり方だけど…そして原曲に対してもあんまり違和感がないけれど…HYDE P’UNKがアレンジしてるのに、このままなんてありえない。なんか不穏な気配がする。

[イントロ2(ハードになってきた頃)]
うわぁ、やっぱり…!ていうかなんか咆哮(ほうこう)みたいの聴こえるけど、YUKI P’UNK?YUKI P’UNKなの!?

[ヴォーカルが入ってくる]
てっちゃん…!かわいそうに!

[最後]
これで終わりだな、と気を抜いたら聴こえてくる音。ざっぱーん。………。そっか、これがSEA IN BLOODね。


これが初聴きの印象のすべてでした。kenちゃんのツーバスは知ってたからそこまで驚かなかったけど、たぶん何より笑ったのは(!)てっちゃんのヴォーカルが入ってきた瞬間だと思う。まさに上記の状態。「かわいそうなてっちゃん!!(爆笑)」 ←

てっちゃん本人もデモ聴いて笑ったとか言ってましたけど、これは…。もともと夏の憂鬱って、ヴォーカルのメロディがなんで?って思うほど難しいのに、このオケの中(TETSU P’UNKlessだと曲のどのあたりを演奏してるのかもわからない)で歌わなきゃいけないTETSU P’UNK。

ご愁傷さまです。それもこれもハイディが…ああ。てっちー、ハイディってばこういう奴なんです。そんなの重々わかってると思うけど、どうか今後とも仲良くしてやって…なあんて言わなくたって、てっちーハイヲタだから大丈夫だよね!(にっこり)

というメールを送ったら、Mちゃん(すでに人生の半分以上hydeファン)には大ウケでした。

だっててっちゃん、というかメンバーみんな、やたらhydeには甘いよね。しょうがないなあ、hydeは、みたいな。これはkenちゃんかな?kenちゃんはhydeのことは子どもみたいな扱いで(悪い意味じゃなくてね)、てっちゃんはどっちかっていうとhydeファン、ユッキーは……師匠?(作詞のときのエピソードが尾を引いてると見られる)

こんなメンバー愛でいいんでしょうかラルクアンシエル。

……いや、いいんだよね。いいんだ。ほっこりするもの。

でなくて、夏の憂鬱ですよ。すぐ話が逸れるんだから。

これ、ライヴでやれるのかなー(笑)でも、ツアーが始まるまでにリリースされる曲の中で、まー火でやらなかったのはこれだけだし、hydeがセットリスト決定の主導権を握ってるんだから、やるよね(笑)kenちゃん大丈夫?ああ、初日が見たい!FormationもAよりBのほうがおもしろかったからなあ。ちがいはもちろん、てっちーのドラムがあるかないかです。って、また話が…。

しかしまたなんというか…うーん。本気だよね、パンクアンシエル(笑)hydeだって前は「ダビングとかしなくていいんじゃない?」とか言ってたくせに、気がつけば「半年以上前からアレンジをあたためてた」ですからね。ライヴでは叩きながら口が開きっぱなしだったkenちゃんは、前乗りした浜松で1人、ツーバスの練習ですよ。「ワンツースリーギョウ」が1曲につき1回だったユッキーは、回数が増えてるだけじゃなく、シャウトまで入るように(しかも左右へ流れる)。やるわね、てっちー。最初は1人で空回ってんじゃないかってくらいだったのに。さすがこれまでいくつもの危機を乗り越えてラルクを存続させてきたリーダーだけあるわ(なぜか上から目線)。

パンクはmilky wayから始まったから、えーと、I Wish 2007まで入れて、計9曲?アルバムにするにもじゅうぶんな曲数になってるんですね。始まったときは、てっちゃんがいくら「目標はアルバム」って言おうと、あんまり現実的に聞こえなかったのに、すごいなあ。hydeまで「アルバムに向けて本気」とか言い出したところみると、リリースする予定があるのかな。

パンクに対しては、ファンの中でも否定的な意見があるし、スタッフに軽んじられてる的発言がてっちゃんからあったりしてるけど、実際、どうなんでしょうね。わたしはメンバーがやりたくて楽しいならそれでいいとも思うし、あんまりこなれてきて(上手くなってきて)もどうかなとか、c/wには昔みたいにちょっと毛色の変わった、実験的な曲を入れてほしいとも思うので、どっちつかずなんだけど。

いまは、特に2つめの、こなれてきたのがいちばん気になる。パンクのおもしろさって、ひとつには、自分のパートでは高く評価されてる人たちが、あえて別のパートをやることで、普段は見られない姿が見られるところにあったと思うんですよ。はっきり言うと、へたくそで、テンパってるのがよかった(笑)めったに間違えたり、演奏止めたり、必死な顔したりしない人たちがね。

比較するのも無意味なくらいクオリティのちがう(スタンスもちがう)2つのバンドが、片方が上手くなることによって、比較しちゃうようになるのがこわいのかな。近づけば近づくほど、ラルクはもっとこうなのに、って思ってしまう気がする。同じところへ到達することなんてないのに。終わることのない“ないものねだり”をするようになるのがいや、ってことですね。勝手な言い分だなぁ(苦笑)

もう、c/wには新曲を入れることはないのかな。これがさみしいのも強い。新曲を安売りするつもりはないってことなのかと、最近思ったりもするんですけど。だけど、ファンはパンクとかわかって買うからいいけど、たとえばガンダムとか、車のCMとかで知って、興味を持って買ってくれた人には、意味のわからないものじゃないですか。この2曲目って(そしてわくわくペーパークラフトも)。

それなら、タイトル曲とはちがう傾向の曲をc/wに入れて、ラルクってこうなんだよって示すような、名刺みたいな感じでリリースするほうが、新たにファンを獲得するためにはいいような気がするんだけど。もしかして、買うのはファンだけだと思ってるのかな。あるいは、そういうふうにファンを獲得するつもりがない(必要がないと思ってる)のか。


なんだか雑感にしては話があちこち逸れてますが、それもこれにて終わりです。DAYBREAK’S BELLから長々とここまで読んでいただいた奇特な方……大好きです!(迷惑)
ではなく、ご清聴ならぬご清読、ありがとうございました。いやー肩が凝った!(台無し)












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://7thskylight.blog42.fc2.com/tb.php/525-b6121090

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。