God only knows

NO L'Arc, NO LIFE!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
※ネタバレ注意!

MCの内容もネタバレに含まれるのかなあと、いまさらながらちょっと思ったけど……まあ、いいや(笑)石川公演の、MCのみを集めたレポです。

各MCの位置やこの日のセットリストなどは、本編レポをご参照のこと。
【MC1 hyde】
「こんばんは。待たせたなー。9年ぶりのラルクアンシエルでーす」
ちゃんと毎公演、何年ぶりなのかをスタッフに確認してるんだなあと、余計なことを考える(笑)
「石川は9年ぶりだけど、いいところですね。兼六園近いし。兼六園のほう通ってきたんやろ、おまえら」
なぜか急に強気に出るハイディ。たしかにそうなんですけどね。会場が駅からバスでっていうアクセスなので、それこそ近所の人以外は兼六園をかすめながら来たんじゃないかと。
「ここ(厚生年金会館)ー…もね、いいね。後ろも見やすいでしょ?さっき、そっちのほうも行きましたよ」
2階席あたりを指す。
「こっからだと見えねえなーとか……え?もう、いっか」
hydeが話してるにもかかわらず、他のメンバーを呼ぶ人とががいるんですよ。それを受けての「いっか」。
「石川…、金沢って言ったほうがいいのかね?石川?金沢?どっち?石川ー!金沢ー!」
という多数決の結果、金沢に軍配が上がったので、このあとのあおりには全部「金沢」が使われることに。
「今日はね、新曲ばっかりで、知らない曲ばかりだと思うけど、そういうときは腰振っといてください」
“腰振れ”って懐かしいなーと実際には実感がないのに思っていたら、突然、
「僕、すごいエッチなんですよ」
ものすごくさらっと、さわやかに宣言したものの、このときのお客さんの反応といったら、歓声を上げるでもなく、恥らうでもなく、「ああ、(とっくに)知ってるけど(笑)」って感じで、なによりそれがおもしろかった(笑)
「だからね、いい感じに腰振ってる人がいると、もうじーっと見ちゃいますね。じゃあ次、SHINEって曲を聴いてください」
この切り替えの速さがラルク・クオリティだと思う今日この頃。「じゃあ」って、ねえ。

【MC2 ken】
「こんにちはー」
さっきhydeが「こんばんは」って言ったのに、kenちゃんは自由です。
「兼六園。けん、ろく、えん。けん、ろっく、えん」
え、えーっ??(笑)
「ラルク、エン、シエル。ラルク、アン、シエル。ラルク、アンド、シエル」
ちがうちがう、それはちがう!デリケートな問題ですからね、客席からは大ブーイングです。
「昔ね、hydeがラルクで他のメンバーがシエルとかってね、言う人がいたんですよ」
このときは、なにがそんなにおかしいのかわからなかったんだけど、内容よりも自分の行き当たりばったり加減がおかしかったのかもしれない。もう言った途端に笑い出して、身体折って笑ってるんだもん。客はなにがおかしいのかわからないんだけど、kenちゃんが楽しそうだからいっか的な、穏やかーな空気が流れる(笑)
「兼六園って楽しい?楽しい?」
客「楽しいー!」
「兼六園って、コケがいっぱい生えてるんだよね。ぼく昔、コケはカビの一種だと思っててですね、家の庭に生えてたコケを、家族のためを思って取ってたんですよ。そしたら、おばあちゃんにしかられて(笑)」
“家族のためを思って”たのにね(笑)
「その取ったコケで、お姉ちゃんとハンバーグ作ってました。子どもの頃ってなんでも食べてみるじゃないですか。うんこ以外は。うんこ以外は食べれます。うんこ以外はおいしいです」
3度も繰り返すなんて、ほとんど小学生ですよ(笑)それでまた、ひとしきり笑ってから、
「なにしゃべってほしいん?なにしゃべってほしいーん?」
客席参加型MC(笑)
「どこ行ったかって?どこも行ってへんよ!くっそー!今日はなにしゃべろうか考えてなかったんだよ!ライヴで演奏に集中してればなにか思いつくだろう作戦だったんだけど、『けん、ろく、えん』しか思いつかんかった(笑)」
わぁ、行き当たりばったり!
「金沢はなにがあるん?」
兼六園や美術館などが挙がる中、
「名物は?あんころもち?こしあん?つぶあん?」
客「こしあーん!」
「こしあんかー…」
え、なに、kenちゃんはつぶあんのほうが好きとかそういう…。
「なんかもっと俺の好きそうなものを…」
いきなり無理難題です。でもいろいろあった中で、「カニ!」という声がひときわ大きく響く。
「カニ?カニはね、足は好きなんだけど、胴体の部分が好きじゃないね」
客「エビ!」
「ウニ?」
客「エビ!」
「ウニ?」
客「エ、ビー!」
「エビ?ウニ?エビ?」
聞き間違えてんのかなあ、わざとなのかなあと思っていると、
「エビの人ー?ウニの人ー?」
多数決??
「ウニの、じゃないや、エビの人ー?」
いよいよ収拾がつかなくなったところで、
「じゃ、ドライバーズハーイ!」

【MC3 hyde】
「次で最後の曲になってしまいました」
客席からの歓声がやむのを待ってから、
「さっき思い出したんですけど、また兼六園のことで、思い出したんだけど、俺、子どもの頃2回しか行ってない家族旅行で、1回は……で(ここ聞き取れず)、もう1回が兼六園だったんだよね」
最初のMCのときは明らかに思い出してなかったのに、kenちゃんみたいに歌いながら考えてて思い出したのかな…(笑)
「つっても、残ってるのは写真と、つまらない記憶だけなんだけど。しゃべらないでおこうと思ったんだけど、そういう雰囲気じゃないね」
そりゃあここまで話しておいて言わないとかなしですよ。すると客席から通る声で、「何年前ー?」と言った(度胸のある)人がいまして。
「うっさいな、子どもの頃っつってんだろ!」
あーあ、やっぱり。
「俺、たぶん、初めての家族旅行で浮かれてたんだろうね。旅行だし、ホテルに泊まるんだと思ってたのね。でね、聞いたの。両親に」
この公演を見てない人は、想像力をフル稼働させて続きを読んでください。それはそれはかわいらしく作った声で、hyde御大がおっしゃることには。
「『ねえ、きょうってホテルとまるの?』」
そして、
「もうね、それはそれは無邪気に、かわいらしく言ったと思うの、俺」
と付け加えることも忘れません。
「でもそしたら、しーんってなっちゃって。子ども心にまずいこと言っちゃったなって、わかったんだよね。結局、いっしょに車に乗ってたおじさんちに泊まることになってたんだけど、フツーに畳の上に布団敷いて寝ましたね。その記憶と、(兼六園で撮った)写真だけが残ってる」
hydeが聞かれたとき以外で自分の家族(や子どもの頃)の話をするのはめずらしいと思うんだけど、これも全国ツアーの醍醐味ってやつなんでしょうか。当時ホテルはあこがれだったけど、いまはホテルにばっかり泊まってるとかも言ってた。
「また同じような写真を撮りに来たいと思います。また来たときは、やさしくしてくれる?」
え?旅行じゃなくてツアーで来るってこと?(笑)
それと、たぶんこの回のMCで言ってたと思うんだけど、夏になったねみたいな話で、どうも彼の視界に水着の人がいたらしいんですよね。いいところだねなんて言いながら、
「目のやり場に困…らないけど」
って。すると前方の客席からなにか言われたらしく、
「もっと見てーとか言わないで」
とか言ってた(笑)
最後はいつもように、曲紹介。
「次で最後の曲です。愛を込めて、叙情詩」












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://7thskylight.blog42.fc2.com/tb.php/477-187f973d

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。