God only knows

NO L'Arc, NO LIFE!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
※ネタバレ注意!

北陸ツアーから、かれこれ1週間経ってる上、更新自体1週間ぶりっていうひどい感じなんですが、まあとにかく、石川のレポ前編です。前回とちがってセットや演出のことは極力省いて書いているので、おそらく前後編で収まるんじゃないかなという期待のもと、前編ということで(笑)

いつものようにMCは本編レポのあと別の記事で書くので、ここではさわりだけにして省略してあります。では、追記からどうぞ。
01 SEVENTH HEAVEN
02 Killing Me
03 the Fourth Avenue Cafe
――――MC 1――――
04 SHINE
05 新曲1
06 ALONE EN LA VIDA
――――映像 1――――
07 Caress of Venus
08 MY HEART DRAWS A DREAM
09 新曲2
10 THE BLACK ROSE
――――MC 2――――
11 Driver’s High
12 REVELATION
13 Pretty Girl
14 READY STEADY GO
――――映像 2――――
P’UNK~EN~CIEL
15 Feeling Fine
16 HONEY 2007
――――映像 3――――
17 Bye Bye
18 Lies and Truth
19 New World
20 Link
――――MC 3――――
21 叙情詩

どっちがどっちなのか知らないけど、仮に広島2日目をA(横須賀をAで始めたという計算)とすると、Bのセットリストだったこの日。わかるものは全部タイトルを入れてみると、こんな感じでした。

AとBでは新曲の曲目もちがうので、それも合わせて見ると、タイトルがわからない曲は3曲だけに。そのうち1曲は毎度hydeさんが(なんか語呂がいい)言ってくれてるんだけど、まあ何度聞いても聞き取れない(笑)と言ってもこれはAの話なので、また次の機会にすることにして、石川の話をしましょう。

【開場】
理由は知りませんが、遅れてた。大阪からの特急が遅れたことにより、開場時間過ぎたくらいに到着したのに、会場の前に人だかりが。結局10分くらい押したのかな?キャパが小さいせいか拡声器等を使ってのアナウンスがないので、スタッフのかなり近くにいないとなにが起こっているのかわからず、入れるの?入れないの?みたいな感じで。
どうせ開演も押すだろうという読みで、開場しても会場前でぐずぐずしていたら、目の前でLE-CIELスタッフと思しき人々がファッションチェック用の写真を撮り始める。「こんなふうに撮ってんだねえ」とか言いながら見物。この日の金沢は小雨のぱらつくこともある曇天で、気温も低かったんだけど、撮られている女の子2人は非常に寒そうな格好でした。だってスカート部分の布地が申し訳程度しかないんだもの(笑)

【開演】
開場が押したわりに、そんなに押さなかったと思う。広島では消し忘れたのかつきっぱなしだった時刻表示灯が、石川では消されていたので、正確な時刻は不明。うん、いつも消しておいてほしい(笑)
演出については広島と同じなので省略。

【01 SEVENTH HEAVEN】
他の地方ではびっくり衣装(ヒョウ柄のハンパ丈パンツとか)もお目見えしたと聞いていたので、ちょっと期待していたのに、普通じゃーん、と少々がっかり(笑)hydeは黒っぽいタンクトップの上に黒の袖なし革ジャケット(バックにクロスのある、どっかで見たようなやつ)、くすんだ赤っぽい色のパンツでした。他メンバーも覚えてはいるんだけど、不安なので省略。あ、kenちゃんは広島2日目と同じだった(と思う)。
前回は2daysの2日目で、まあ2日目だしなあと思いながら見たんだけど、今回は1日目だったからなのかどうか、歌も踊りも絶好調のhyde氏。1曲目からこんなにきれいにビブラートかかってるのなんて初めて見た気がする。
in a minute thirty oneのところは、普段どおりの振りで31。
“under your feet”のところは、振りをつけて歌うべきなんですかね?ラルクにはある程度振りが決まってる曲がいくつかあるけど、そこまで浸透しているような感じでもなく、だけど結構な数の客がそうしている、という状況なので、どうしていいか迷う(笑)
hydeの踊りっぷりにも驚いたけれど、ふと上手に視線を向けると、めずらしくkenちゃんがぴょんぴょん跳ねていてびっくりすると同時に、今日はいいんじゃない?と思わず隣のMちゃんと顔を見合わせる(笑)やっぱりね、kenちゃんのご機嫌は重要ですから。

【02 Killing Me】
2曲目にもかかわらず、明らかに走ってる。どうしたんだろうyukihiroさん、と思って見ても、黙々と叩く姿が見えるのみ。こういうときはすごくドラムがよかったりするんだけど、んーそうでもなかったかなー(笑)個人的な感想ですが。もうちょっと迫力のある2拍3連を知ってるかな、と思った。
ハイディはくるっくる回ってます。前回広島での記憶が大きいのか、裾が短くて(革だしね)なびく様子が見られないのを残念だと思ってしまう自分が謎(笑)
あ、てっちゃんとhydeが仲良しだったのもこれかな。hydeが上手にいたてっちゃんと肩を組むみたいにして腕を回すんだけど、てっちゃんのうれしそうな顔とは裏腹に、微妙に弾きづらそうなのよね。

【03 the Fourth Avenue Cafe】
yukihiroさんのドラムでこの曲を聴くのはもう4度目だけど、間奏から“寄せては~”の部分にかけて、すごく派手になってるような気がするんだよね。“寄せては返してく”の直前のドコドコ叩くところとか、CDではそんなに目立つところじゃなかったはずなのに、ぼんやりしていても目を引く。単に音のバランスの問題だけかもしれないけれど。
最後はhydeにだけスポットが当たって、“溜め息はこぼれた”のあと、実際ため息をつくけど、そんなステキなものではなく、どうにもおっさんくさいため息だった(笑)

【MC1 hyde】
煽るのに「石川」がいいか「金沢」がいいかで多数決をとり、結局「金沢」に。
「僕、すごいエッチなんですよ」というhydeの突然の告白に対しての、客席からの「知ってるよそんなの」的なゆるーい笑いがなんとも言えずおかしかった(笑)

【04 SHINE】
キーボードだけでギターがないイントロで、kenちゃんが左手でカウントをとってた。
一瞬前まで「いい感じに腰振ってる人がいるとじーっと見てしまう」とか言ってた人が、眉上げてかわいらしい感じに歌うものだから、なんだかなあと(笑)いえ、いつもどおりですけども。
前のセクションでは動き回ってたてっちゃんの動きが急に少なくなったから、動ける曲とそうでない曲があるっていう話を思い出して、思ったよりもベースが難しいのかなと思ったり。
この手の曲にはめずらしく、この曲はドラムがすきですね。サビ前のシンバルとか、これ見てない人にはなんのことだかわからないとは思うんだけど、メロディとちょっとずれて叩くところとか。

【05 新曲1】
これはえーと…ああ、「最後の宴」!(笑)わたし自身は正直言ってこの曲はもう全然覚えていなくて、なぜかこの曲が頭から離れないMちゃんから「最後の宴だよ」と言われたのでそう思っているだけという。どうも歌詞の中で、その部分だけが聞き取れるらしい。
この曲は照明が赤くて、Aのセットリストのときの4曲目と同じなので、あれ、同じ曲?いや、でも、こんなんじゃなかったような…うーん…とか思ってるうちに終わっちゃって(笑)ギターから入る曲だったんじゃないかな、とかそのくらいしか覚えてない。
あ。ドラムがすごい気がするのに、見ようと思っても照明の具合でさっぱり見えなくてイライラしたのをいまふと思い出した。他の曲でもあるけど、距離が近いからなのか、後ろから照明されるとyukihiroさんは後光状態で見えなくなるんですよね。他のメンバーは動いたりするからまだいいんだけど、動けないドラマーは見えなかったらずっと見えないままだから。もうちょっと客席からの見え方を考えてくれたらいいのに。

【06 ALONE EN LA VIDA】
最初にアップしたセットリストには書かなかったけど、たぶんこれでしょう。内輪では「旅の途中」とか「読めないタイトルのあの曲」とか呼んでいるこの曲。まず、何語なのかってことなんだよね(笑)
フランス語かスペイン語じゃないかと思って、辞書を引いたりネットで調べたりしてみたんだけど、スペイン語かなあ?歌詞に“命がどうこう”っていう部分があって、延々その話なんだけど(たぶん)、スペイン語の「VIDA」には「生命」っていう意味があるらしいので。ただヨーロッパ圏の言語は似たりよったりなので、詳しくない人間の言うことはあまり信用しないように(笑)
演出としてはモニタに「雪の足跡」と同じ窓が現れるんだけど、窓の向こうは雪じゃなくて茜色の夕暮れ。照明は前の曲に続いてこれも赤が基調色。

【映像 1】
AのセットリストとはちがうCM。どんなだったか説明したいところなんだけど、1階下手の端からはモニタが一部見えなかった上、すでに記憶があいまいなのでまた次の機会に。…って、次の機会ってあるのかしら(笑)次の福岡はこのまま行くとAだし、富士急で特別なメニューにならなければ見られるんだけど、はたして。グッズはAと同じでフリスクケースとマジックビーンです。
そういえばこのマジックビーン、ものすごい勢いで成長するみたいですね。1週間くらいで出るとか書いてあるのに3日ほどで芽が出て、その後もすくすくと驚くほどのスピードで成長する模様。広島で買って、石川へ行く前に育て始めたMちゃんによると、富山から帰った日に芽が出て、現在も順調に伸びているらしい(笑)

【07 Caress of Venus】
あの長椅子にはほかの使い方もあると聞いて楽しみにしていたんだけど、出ましたねー。“見えなくなるまで”でうまいことタイミング合わせて、すっと寝そべるhyde氏。肘置きのところに頭を置いて仰向けになるって、結構不自然な体勢だと思うんだよね。でもちっとも声量が落ちないのは、さすがハイディハイド。……練習したのかな(笑)
あ、長椅子といえば、背もたれの上のほうの細工はただの飾りだと思っていたら、もしかしてまー火のロゴになってませんか?(誰に訊いてるんだ)ハートの形に見えたような気がするのだけど。
そうそう、踊りのことも書いておかなくては。どの曲も言うまでもなく踊りまくっているんだけど、この曲のときは華麗なステップというか、言葉で表すならフォークダンス的な脚の上げ方っていうとわかりいいかと思うんだけど…ただ、それでいいのかっていう疑問は残る(笑)

【08 MY HEART DRAWS A DREAM】
これはこの日すごくよかった。石川の個人的ベスト3はSHINE、これ、Lies and Truthってくらいだから。とにかくhydeの声がよく出ているので気持ちがいい。この曲聴くとその日の調子がある程度わかる気がする。
そういえばこの日はラジオ初OAがあった日ですよね。どうせ今日聴けるしいいやと思って聴けるかどうかも確認しなかったんだけど、この曲はフルで聴いてこそだと思いますね。CMで流れている部分はさておき、流れていない部分がすごくいい。kenちゃんらしい曲。
この曲のイントロのギターの、メロディと同じフレーズに行く前の部分って、kenちゃんがその日の気分で弾いたりしてるのかなあ。

【09 新曲2】
これは一足先に聴いたMちゃんが「水面」というタイトルをつけていたので、そう呼んでます。モニタに水面が映し出されていて、歌詞の大筋はよくわからないんだけど、浜辺だか海辺だかがどうこうって。文というよりは言葉を並べたような、ぶつぶつ切れるような印象の歌詞だった…と思う。
1回聴いたくらいでは全然覚えられなかったんだけど、すごく好みの曲だった。だけどこれも、ツアー中にもう1回聴けるか否かって感じなんだよね。それにしてもよく考えたら、ツアーが8月に終わって、アルバムのリリースが11月となると、シングルでリリースされない曲はその後3ヶ月はどうしたって聴けないってことですよね。うわぁなんだこの状況(笑)

>>中編へつづく。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://7thskylight.blog42.fc2.com/tb.php/468-3df856ed


厚生年金会館厚生年金会館(こうせいねんきんかいかん)は、厚生年金|厚生年金保険加入者の福祉増進を目的として社会保険庁が設置した厚生年金福祉施設の一つ。厚生年金#厚生年金保険法|厚生年金保険法第79条に基づき設置されている。社会保険庁に関連する財団法人である厚

2007.07.27 14:47 | 『ホール』全国一覧。

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。