God only knows

NO L'Arc, NO LIFE!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
なようで。HYDEバンドは。
東京のスタジオに通うのがいやっていうのは、どういうことなんでしょうね。
通うのがとにかくいやなのか、東京なのがいやなのか。
まあどっちだっていいですけど(笑)

大阪に住んで1年になるけど、「酒のアテ」って初めて聞いた。
あんまり使うような機会がないからかもしれないけど。
関西弁でいまでも不思議に思うのは、「におう」って動詞ですね。
「におう」は「においがする」って状態を指してるはずなのに、「におう」=「においをかぐ」っていう意味で使いますよね。
意味がわからなくはないけど、不思議だなあと思う。

そういえばもう1年経ったんだなー。
これから一人暮らし始めるっていう人も大勢いるでしょうけど、
まあなんというか、慣れればなんとかなるものです。
一人が寂しいとかはなかったけど、ずっと不安でした。
最初の1か月とかは。

もしいまここで倒れても誰にも気づかれないとか、体調悪くてベッドから出られなくても誰も見に来てくれないとか、同じく買い物にも行けないような状態になったとき、いまある食料が尽きたらどうなるんだろうとか、いまとなってはほんっとどうでもいい、可能性の低いことばっかりなんですけどね(笑)
でも当時はどれも真剣に考えてた。

実際一度は持病の発作で点滴受けたこともあったし(ほんと何年ぶりかに)、一度は気持ち悪くてなにも食べれない、果物とかなら食べれそうだけど買いにも行けない、っていう事態になったこともあったし。
ちなみに後者のときは、その日のうちに父が果物を買ってわざわざ送ってくれました。
でも結局どうにもならなくて、一週間ほど田舎に強制送還。

事故で歩くのが困難なけがをしても、なんとかなったし(これは本当に大変だったけど)
どう考えても1年の間に、これだけえらい目に遭う確率っていうのは、ものすごく低いはずだから心配しなくていいと思いますよ。
これから一人暮らしで不安だって人は(経験者は語る)
手帳見て思い出したけど、そういや昨年は4月の頭に会報ボックスが発送で。引越しの前日に届いて箱も開けずに持って行った記憶が。
今年はラルクボックスが同じ状況だ。
実家にいるときは向こうに行ったら一人だし思う存分読めるなあと思ってたのに、まったくそんな暇はなく(笑)
一人ってことは全部一人でやんなきゃいけないってことですからね。

今年になって実家へ戻ってきてから読みましたよ。
しかもまだ1冊目をさらさらっと目通しただけ。
そんな涼に、ラルクボックスが読める日はいつやら。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://7thskylight.blog42.fc2.com/tb.php/42-10f25e49

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。