God only knows

NO L'Arc, NO LIFE!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
いやーびっくりしました。建物の構造計算と鉄筋コンクリート造の施工のことで(1限目と2限目の授業)、ほとんど脳が煮えていたわたしは、暑さにも辟易しながらHMVへ。ショッピングモールの中で、すぐ隣が本屋なんだけど、HMVはポイントがつくから、そっちにあるときはHMVで買うようにしてるんですよ。

入口から遠目に見てもデカデカと書かれたPATi PATiの文字が見えたので(平積みでなく、雑誌棚に並んでるのを想像してください)、俄然元気になり、他の雑誌がかぶって見えない表紙を見ようと、意気揚々と棚から引っ張り出す。

4人並んでいてもやはり目を引くのは御大・hyde氏ですから、まず髪型を見、あらこないだのTimesみたいだわと思い、隣のyukihiroさんを見、あれあの斜めの前髪は?いかがなされたの?(上げちゃったら意味ないじゃん)と思い、tetsuさんの相変わらず鮮やかな差し色に目をやりつつ、kenちゃんたら下げられちゃって(身長差が原因と思われる)ちょっとピンボケになってるし、と思いながら目線を下へと下げたらば。

………hydeさん、スカートがヒョウ柄でございますけど…?(動揺のあまり疑問系)

スカートにツッコめばいいのか、それよりとにかく目を引く柄にツッコめばいいのか、もはやわかりませんでした。だめだ、こんなの真剣に見てたら店員さんに不審がられる、と我に返り、ポスターがちゃんと挟まってることを確認してさっと購入。したのはよかったものの、下りのエスカレーター(やたら遅い)で前につんのめって転倒しかける。すさまじい殺傷力…!
そしてその表紙をめくったらば、その先にあるのはめくるめくSEVENTH HEAVEN。うわ、こんな色みだったのか。一応どぎつい黄緑の単色じゃなく、下に向かってうっすらグラデになってたのね。すっげーな、見開き広告だよ、と思ってよく見たら、「ConnecteD仕様」とか書いてある。え?「わくわくペーパークラフトの世界が広がる連動コンテンツ」ってなに?ペーパークラフトってただの紙だよね?(笑)

写真がスタジオ撮りじゃないのがよかった。ラルクとしての表紙巻頭自体お久しぶりな感じだけど(昨年12月以来)、ロケの写真ってもっとずっと久しぶりじゃない?

hydeさんの個人カットの1枚目には、正直本気で息を呑みました。「(めくった瞬間口元に手をやる)……めっちゃ美人ー(笑)」笑いがこみ上げたのは、きっとなにかを超えてしまったんだと思います。もっときれいな写真とか、たぶんいままでいっぱい見てきたと思うんだけど、なんだろうな。久しぶりだったから、簡単にあてられてしまったのか。なににあてられたかって?そりゃもちろん妖気に。妖精さんの気と書いて妖気と読む(そういう意味じゃありません)。

てっちゃんとyukihiroさんはいつもどおり(またあのブーツだし)、kenちゃんはなんか迷い子のような顔してませんか。なんでそんなてきない顔を…。あ、“てきない”って方言か。と思ったら方言じゃない!(笑)ちゃんと広辞苑に載ってました。切ないとかそういう意味だって。

■hyde
件のMステについて。そうか、hydeはディストがあるから、わりとファンの意見を見てるんだな(ちょっと偏ってはいるけど)。歯が出てる(ように見える)のはhydeの美学としてはどうなんだろうなあ、でもたぶんあとで見たりしないんだろうなあと思ってたんだけど、見たのね(笑)

デッド・オア・アライヴがわからないから、ニュアンスが全然伝わらない。そしてたぶん、わたしとhydeさんの居酒屋のイメージにはかなり大きな隔たりがあると見た。だって居酒屋で踊ってるって、それもう酔ったおっさんしか想像できないんだもん(笑)

SEVENTH HEAVENの日本語詞の部分に違和感があるのは、その(=あえて日本語を乗せた)せいかもしれないな。聴くたび気になるってほどじゃないけど、うーんと思っていた正体がわかった気がする。個人的にhydeの曲と英語の絡みが大好きなんで(実際すごく合ってると思う)、英語でよかったのになーと思わないでもない。わたしは英語に抵抗はないし、歌ってほしいって言われればいくらでもって感じだけど、そうじゃない人も大勢いるものね。シングル曲ってところもあるだろうし。

最後はみんな同じ質問をされてるけど、hydeだけが、製作のときのことじゃなく、ファンとの関わりで答えてるんだよね。ラルクっていうバンド内部だけの話じゃなく、外へ出てる。いいとか悪いとかじゃなく、おもしろいなあと思いますね。実は「みんな天才だから」的なことを言うかなと思っていただけに、ちょっと意外だった。

■てっちゃん
L’Anniversaryのラスト、告知のときの話。これ、スタッフの視点から書かれて会報に載ってたときは、うわあてっちゃん…!とかなり感極まった記憶があるんだけど、てっちゃん自身が言葉にするとそうじゃなくなるところがてっちゃんらしい(笑)というかメンバーいないって!そりゃすることないし早く出たほうがいいのはわかるけど、一応ファンの反応も聞いといてくれるとうれしいな、みたいな…いえ、多くは望みません。だけどてっちゃんを待ってあげて(笑)

あれ、東京以外って明言しちゃってる。やっぱりまー火は富士急が最終で、今後追加とかないのかしら。

■ユッキー
行きすぎたSEVENTH HEAVEN。なんかラルクって、レコーディングのとき「行きすぎた」っていう話をよく聞くような気が(笑)なんでもできるから、「こっち行ってみる?」ってなるとガーッと行っちゃうのかな。

「ありがとうございます」っていう言葉がえらく印象的。でもほんとに、インタビュアーが言うとおり、この曲をバンド内で作り上げてるっていうのはすごいことなんだよね。ラルクって昔っからなんでもありだし、しかもその“なんでも”がみんなある程度のクオリティになっちゃうから、つい忘れがちだけど。

■kenちゃん
最近連載を読むときもいつも思うのだけど、kenちゃんは本当に頭がいい。頭の回転が速いっていうのかな。“一”言われても、その最初に言われたことを見失わずに“十”返せる人。

今回のパンクはkenちゃんプロデュース。kenさん、差し支えなければ、そのソウル・アン・シエルになりかかった曲というのをお聞かせ願いたいんですが…(笑)いままでもパンクとか言いながらメタルじゃないの、みたいな感じだったんだから、ちょっとソウルもやってみたらよかったのに。シングルのc/wとしての音源化が無理なら、ボーナストラック的に入れてみるとか。あるいはライヴだけでやるとか。となると、てっちゃんはライヴでソウルを歌うことに…?やっぱだめか(笑)

あ、それから、ドラムにチューニングが必要ってことをわたし、昨日初めて知りました(笑)でも言われてみればそうだよね。叩いてるうちに緩むよね。だけど、弦が4本しかないバイオリンだってチューニングできるようになる気がしないのに、96個のネジなんて…わかるわけない!

■QUESTIONS
虹のふもとに宝物が埋まってるって、ヨーロッパの言い伝えだったんだ。小さい頃に親から聞いたんだけど、大きくなってから友達に話しても知らないとか言われたから、親の作り話だと思ってた(笑)七色の光線が出てるっていうの、すごくyukihiroさんらしい発想だと思う。というか“くるくる回ってた”って。ぜひ披露していただきたいバック転。

あとさ、kenちゃんすき焼きにはまり過ぎ(笑)すき焼きの話が出たのって、先月の放談我報じゃなかったっけ?なに訊かれてもすき焼きって答えるって…ほんとkenちゃんって変わらないなあ。

3日ほど前の疑問にも答えが出ちゃったね。まー火は新曲お披露目ツアーになる模様。わー楽しみ。広島まで絶対ネタバレ見ないようにしよっと!


ところで、昨日めざましでPV流れたらしいですね。もう1週間ぐらいは無駄だろう(毎日芸能ニュースの部分だけ録画してる)と思いながらも録っておいてよかった!自分グッジョブ!(衝動に抗えず確認)わああああhydeさん、hydeさん、yukihiroさぁん(何)。PATi PATiもさるものでしたが、この数十秒のPVもやっばいことになってます。半狂乱になっちゃった(あながち誇張でもない)。でもこの話はまた明日落ち着いてから!(笑)その頃にはフルOAかかってたりしてね。ちゃんとチェックしとかないと。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://7thskylight.blog42.fc2.com/tb.php/417-38fa476d

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。