God only knows

NO L'Arc, NO LIFE!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
公約どおり新曲(アニメのほう)のことを書きましょう。しかし昨日のhydeさん、ほんまにちょっとしか映らなかったね!(笑)アニメのタイアップといえば、LinkとSEASON’S CALLのことがあるから、なにかしらしゃべるだろうと思って見ていたんだけど、hydeが映ったというよりあれは監督を撮っていたんだろうね。

「hydeです」と言って手を差し出すhydeさんの小ささに驚き(いまさらすぎる)、ほぼ内輪仕事モードだな(ほかに露出モードなどがある)とその姿を見て思い、よく考えたらこの人たち同世代(監督のほうがいくつか年上)なんだよなあ、としみじみしながら拝見。なんかメモとか取ってたよね。思わず凝視しちゃった。

最新のhydeになるのかなと思ったけど、テロップは2月になってるからPJのほうが最新なのか。そして次に見るのはMステSPだからもうすぐだね。来週?これからリリース関連で徐々に露出が増えてくるかな。いや、リリースは5月末だからまだ始まらないか(笑)
楽曲の紹介で少し流れたあと、1話目の先行放送でSHINEを聴いたとき、イントロから身構えて聴いていたら飛び込んできた英語にものすごくびっくりしました。ほう、アジアンファンタジーと銘打たれてるアニメ(しかも国営放送)のOPに英語(しかも結構長い)。なかなかパンキッシュだな(笑)

あ、でも、いま考えたらREADY STEADY GOも英詞からだったか。でもなんかちゃんとセンテンスになってたよね?I want to shineとかdefend youとか言ってた気がするけど。隣で見ていた弟は、「最初の英語みたいの全然聞き取れんかった」らしい。

詞で意外だったのは、SHINEってそっちだったのか、っていうこと。タイトルだけ見て勝手に「胸にいつの日にも輝くあなたがいるから」を想像してたんだけど、自分がっていう話なのね。そしてdefend youだからLinkのほうか。「真っ白に舞い上がり 守ってあげる」。あるいは「あの太陽のようになれたなら」?(機械的に言葉だけ取り出して言ってます)

曲は明るくてキャッチーなんだけど、なんとなくつかみどころがないなあと。メロディがね、わかるようでわからないというか。明らかにてっちゃんが書いたメロディだなっていうのは、どこを切り取っても金太郎飴的にわかるんだけど。…あ、そうか。hydeの譜割りが変なのかも。

これはどんな心理なんだろうかとずっと疑問なんだけど、yukihiroさんのドラムが耳に入ってくるとすごい安心する(笑)曲を聴いたとき最初に耳が行くのは歌とリズムだって誰かが言ってたけど、そのとおりかもしれない。この2つが来て、ああkenちゃんのギターだなと思って、ようやくベースって感じだから。

曲のアレンジとかから言うと、バンドっぽいサウンドというよりは、なんていうんだろう…おとなしめ?ローが少ない。リズムでぐいぐい行くとかじゃなく、明るくて軽い(スカスカって意味ではなく)。これ、テレビの音のせいだったらあとでお笑い種だ(笑)

短い映像を繰り返し見ながら、やっぱラルクだなあと実感する。どれだけ重箱の隅をつつくようにしても、あらが見えてこない。どこから見ても、どこを切っても、きれいに仕上げた表面と同じクオリティ。弱いとこがない。

ところでファンの間では、「風にきえないで」っぽい、とか言われてるようで(いまネットを回った)。ううーんそうかなあ。Trueっぽい、と言われればわかるかもしれない。あのにおいとは似てるような気がする。感覚が曖昧なのはたぶん、聴いてる回数が少ないから(家族が部屋にいるので気軽に見られない)。明日はまたちがうこと書いてるかもね(笑)


そうそう、最後に。NHKさん、ラルクのはいどはhydeです。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://7thskylight.blog42.fc2.com/tb.php/385-ac82401c

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。