God only knows

NO L'Arc, NO LIFE!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨日フライングしてきました。というわけで、レビュー未満、感想以上=雑感(impression)です。CD屋で店員さんが、いっしょにポスターを入れてくれたんだけど、普通のサイズ(FAITHのときと同サイズ?)で安堵したのもつかの間、袋小さくて出てるよ頭!まあ雨でもないしいいんだけど…。帰って来て袋からポスターだけ出してそのままクローゼットにしまおうとして、ふと考えた。

これはほんとうにtetsuのポスターだろうか?

実はFAITHのも、巻いてあるの開きもせずクローゼットの中(のカレンダーの筒の中)へ入れただけで、一切確認してないんだよね。実は店員さんがうっかりとなりの氷川きよしのポスター(あるんかな)入れたかもしれないよ?止めてある紙にHYDEって書いた人が(実際書いてあるかは知らない)、うっかりとなりの氷川きよしの箱から出して書いたかもしれないしね。ほら、ないとは言い切れないよ、ないとは。

不安になったので、とりあえず今日もらったやつをのぞいてみたら、SPROUSEのロゴが見えたのでそのままカレンダーの筒へ入れました(笑)FAITHのは確認してません。なんとなく。と、御託はこれくらいにして、追記はまじめに(?)雑感です
やっぱソロのときはみなさんこだわっていらっしゃるので、CDを聴く前にとりあえず隅々まで眺める(笑)ほんっとてっちゃんのCDっていう感じ。キューンから出てるってところがちがうだけで、あとは69時代と同じ雰囲気で。てっちゃんはやっぱりここへ向かっているんだな。

デザイナーの前田浩志ってどっかで…と思って検索したら求人情報が出てきた(笑)キューンのみならずデンジャーとも関わっているのね。なるほど。デンジャーといえばドラムが村石さんだわ。わたしの中ではKenちゃん、Speedのドラムの人、そして有名な人、というイメージだったんだけど、てっちゃんはずっとドラム村石さんなんだね。

わたしはドラムでいいなって思う人が極端に少なくて、yukihiroさんとsakuraはタイプはちがうけどすきで、シドのドラムの人も結構いい線いってるなと思っていて…あ、うっかり忘れかかったけどyasuoも、ぐらい。HYDEバンドのFURUTONのドラムは嫌いじゃないけど、実は好みでもない。レコーディングのスコットはわりといいんだけど。って、ドラムの好みの話ではなく(笑)

村石さんのドラムも好みなんだけど、なにをどう言ったらいいのかなあ。聴けばすぐわかるじゃないですか。村石さんっぽいっていうのが。今回の曲も、うわあさすがだな、という感じで。

そういえば、シングルにこれだけ詳細にクレジットが載ってるのってめずらしいよね。と思ってSpeed見たら載ってやんの(笑)先にアルバムが見えてるわけじゃないからかな。ラルクはほとんどなくて、アートワークぐらいですよね。あ、スタイリストやっぱり高見さんだね!(だからなんだ)

この曲は天嘉で聴いて、一応スーパーサッカーも見たけどあれはほとんど聴こえないし、ラジオは音が悪いし、PJはフルじゃないしで、まともに聴くのはCDがほぼ初めてだったんだけど、まあイントロからtetsu節全開。(ドラムの)ロールがタイトですばらしい!(そこ?)いや、ほんとイントロがいいです。ギターとベースとドラムの絡みがね。すごいね。こんなにキラキラしくなるものかってくらいのまぶしさ。

ギターアレンジがすごいすごい。すーごいダビングしてある。変な話だけどバンドのよう(笑)“tetsu”っていうのがバンドではなく、てっちゃん1人のソロっていう見方で見るとね(この見方だとHYDEもソロだけど666以降はバンドと捉える)。ギターもベースもドラムも、ただヴォーカルを引き立てるためにあるオケじゃなくて、対等にある。これがバンドをやっている人のソロ活動、っていうことなのかな。

またベースがすさまじいことになってます。てっちゃんが弾いてるんだからこうあってしかるべきなんだけど、普通この手のポップな曲はここまでベースがちゃんとしてることってないよ。なんか安心しますけどね。ああ、ラルクのメンバーがここにいるなって(笑)

ライヴで聴いてるときはそうは思わなかったんだけど、帰って来てラジオで聴いたときに、てっちゃん歌い方変えたのかなと思ったんですよね。低い音の出し方がちがうかなと。結構強い違和感だったのでどうかなと思っていたんだけど、単に他の曲より低い音がメロディに入ってるだけ、かな(結局よくわからない)。聴きなれると、なんでも違和感なくなってきますからね。

メロディは、言わずもがなのtetsu節で。ブレスはどこでするのかっていう感じの(笑)てっちゃんの書くメロディは記憶に残りやすいんだけど、だからといって世の中にあふれてる「先が読めるメロディ」ではないところがすごい。覚えてるつもりで口ずさもうと思っても、適当に歌うと絶対まちがってる。ここらへんにてっちゃんのメロディの“らしさ”があるから、hydeが言ってたように、譲れないんだろうね。

にしても、この曲すきだなあ。CDを聴くまでは、うんまあてっちゃんらしい曲だよね、得意な分野だよね、ぐらいにしか思っていなかったんだけど、なめてましたごめんなさい(笑)室姫さんとの作業もうまくいってるんだろうな。変な言い方だけど、行き届いてる感じがする。隅までつついても大丈夫。ミックスもいいんだよね。…話がマニアックになってきたからこのへんでやめます(笑)

REVERSEのリミックスももちろん聴きましたが…正直、どう判断していいものやら(笑)なにをねらったのかわからないからなー。ただこれをもしyukihiroさんがリミックスしてたらどんなふうになっただろうな、と思った。とりあえず、yukihiroさんだったらここまでヴォーカルいじったりはしないんじゃないだろうか。

実はPVはまだ見てなかったり。DVD付買ったんですけどね。どのみちこの記事がだいぶ長くなっちゃってるので、PVのことはまた今度。羽根が生えちゃうらしいですね。どこぞの小さな人を思い出すわ。ディレクター誰かな。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://7thskylight.blog42.fc2.com/tb.php/377-0e3810e8

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。