God only knows

NO L'Arc, NO LIFE!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨夜、相方から「繋がんないねえ!」というメールが来て、それはまたえらいことだわと思いながら返信しているときに、つながる…繋がる…ああLinkか…と奇妙な連想が展開されました。普段わたしは「つながる」を漢字で書かないので(手書きでなくても)、あの漢字を見るのが久々だったからかもしれない。

開始から12時間経ってもLE-CIELにつながらない、どころかオフィシャルにすら行けないという話だったんですが、今朝もだめですねー。LE-CIELには行けるけど、申し込みのページが開けない。もっと早朝にやるべきだったかしら。

いつもは悠長に構えていて、開始から2日とか経ってから申し込むんだけど、そういう話を聞くとなんとなく不安になって、予定を早めてしまう…というのが全国でも起こっているのかな(笑)それにしても、つながらない期間が異常に長い。初日の昼間は混んでることが多いけど、ここまでだったことはないような。どんな倍率になってるのか想像を絶する…。

そういえば昨日、LE-CIELから再送のメールが来てたけど、うちもそれ(再送前のメール)届いてませんが(笑)だからFC情報だと思ってた人がいたのか、と逆に納得。LE-CIELから来なくてもソニーからは来てたし、問題はなかったけれど、困るときもあるかもしれないよね。というか、届いてない(それもたぶん多くの人に)ことはどうしてわかったんだろう。


レポートも課題もみんな終わって、春休みに入ったので、バイトの論文(英語)に手をつけ始めました。ずいぶんやってなかったから、なまってるなあ。よく使われる単語とかあるんだけど、とっさに意味が思い出せなかったりする。

なかなかエンジンがかからないながら、それでもツアーのためには、と思っていたけど、これじゃあそんな心配は杞憂に終わりそうな…いやいや、そんなことはない。弱気になってはいけない。ラルクファンはしたたかさが身上なんだから、強く生きなくてはね。

ツアーといえば、始まる前にキャリーを新調しなきゃと思ってます。いままで、2千円くらいしかしない小型のキャリーを使ってたんだけど、それが最近だいぶ傷んできたので。容赦なく引きずるので(遠征時は急いでることが多いんですよ)、実はずいぶん前から「もう壊れる」と思ってたんだけど(笑)、ほんとに遠征先で壊れたらたまったもんじゃない。

みなさんは、どういったかばんで遠征されますか?最近はキャリーの人も多いと思うんだけど、どういうのがいいのかなあと。遠征のことを考えると、サイズや形も重要ですよね。ラルク関連のライヴの場合、人が多くてロッカーを探すのが困難だから、駅の小さいほうのロッカー(大きいのより数が多い)に入ったほうが安心だし、もしも入れられなかったとき、会場で椅子の下に入るかどうかとか。かといって荷物が入らないんじゃ困るし。

ライヴハウスのときは、高くてもとりあえず預かってくれるからいいんだけど、ホール以上はそうもいかないしね。というか、ホールだと椅子の下に余裕がないか。しかもあの椅子って、すわらないと開かなかったりしますよね。キャリーじゃなくても荷物あると邪魔になりそう。うーん。ああ、めんどくさくなってきた(笑)












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://7thskylight.blog42.fc2.com/tb.php/348-4f213ea1

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。