God only knows

NO L'Arc, NO LIFE!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
久しぶりに身内ネタで。実家でWOWOWのL’Anniversary Liveを見ていたときのことです。うちの人たちは少々変わっているというか、まあ変というか(笑)しかし本人たちは自分たちがいちばんまっとうだと思っているという。

ちなみにこれは父の話ですが、たびたびここに出てくるおばあさま(父の母)もなかなか最強の人です。おばあさまはhydeがお気に入りなんだけど(たぶんわかりやすいから)、一方でたまたまオーラの泉を見て以来、てっちゃんが心配でしょうがないらしく、ことあるごとに「てっちゃんは…」と言ってくる(笑)

そんなおかしな涼さん家の、年末のある日の出来事。

実家はリビングにしかDVDプレイヤーがないので、必然的に家族がいるところで見ることになります。すると1曲目が始まった途端に第一声、
父「カルチャー・クラブみたいな格好だな!」
……は?なにが?
父「hydeの衣装。カルチャー・クラブみたいじゃない?」
いや、そう何度も言われても。
涼「(カルチャー・クラブよく知らないけど)みたいじゃないよ!ただジャケットの下にベスト着て、タイしてるだけじゃん!普通だよ!」
父「えー絶対そうだってー。おまえ今度ネットで探して見てみ。絶対そうだから」
えーって言いたいのはこっちなんですが、父はそれから何度見ても、「やっぱカルチャー・クラブだわ」と言ってました。

ユッキーがアップになったのを見たときには、
父「ユッキー、マヤ・アステカ(文明)みたいなやつしてない?」
いきなりなに!? というか集中して見たいよ、わたしは!
父「首のとこさあ…ほら」
涼「普通のシルバーのアクセじゃん。どこらへんがマヤ・アステカなの?」
父「ジャラジャラついとるところ」
涼「たしかにジャラジャラはしてるけど、マヤ・アステカはもっとなんか…大きいやつじゃないの?」
父「だから小さいマヤ・アステカ」
いったい何のDVDを見ているのかわかりません。
思い出せないという人のために付け加えておくと、マヤ文明、アステカ文明というのは、メキシコあたりで栄えていた文明です。

しばらくすると今度は別のところが気になったらしく、
父「hydeの帽子変だな」
涼「どこが!? 別に変ではないでしょ。普通のハットじゃん」
父「アンデス山脈って感じ」
いきなりペルー?
涼「全然ちがうって」
父「ちがわんよ。いや中米かな?」
え、タコス…?サンバ…?
涼「メキシコではないでしょ、メキシコでは」
父「え、メキシコって中米…(そうです)、いや、やっぱ南米だわ。アンデス」
あくまでアンデスにこだわる父。Vivid Colorsを見ているはずが、頭の中にはアルパカを連れたポンチョ姿の人々が…。
わたしは絶対ちがうと言い張ったんだけど、相方にこの話をしたら、「なんかそういえば地理の教科書で見たような…」え?ほんまに?
あとで父に、なんとなくわかってくれたよ、と言うと、
父「ほーらやっぱりそうだろう!Rちゃん(相方のこと)は賢いな」
待って、わたしの勉強不足なの?

hydeにばかりツッコむので、では他のメンバーはどうなの、と訊いてみた(だんだんおもしろくなってきた)。
涼「じゃあkenちゃんは?」
父「kenちゃん?どんな格好だったっけ」(このときは鑑賞中じゃなかったので)
涼「ほら、真っ赤なリボンついてるシャツ」
父「あー!フランス人かよ!っていうやつね」
フランス人…なぜ…。でもいままでの回答よりよっぽどまともだと思ってしまい、つい切り返し忘れる。
父「いや、フランス人っていうよりは、19世紀のヨーロッパのさ…ていうよりも、コルテスピサロだな。やっぱり南米じゃん!」(いきなり時代が飛んだ)
いや、たぶん高見さんはそういうスタイリングはしてないと思うよ…。というか、
涼「コルテスとかピサロってそんな格好してたの…?」(半信半疑)
父「そしたらユッキーは征服された側だなあ」
と言って、父はげらげら笑ってました。酔ってたんでしょうね。たぶんめちゃくちゃなこと言ってると思うので、信じないように(笑)

ちなみにてっちゃんは、と訊いてみると、
父「え、てっちゃん?」
涼「うん。ほら、赤いパーカー着てたでしょ」
父「そうだっけ?どうもてっちゃんて印象薄いんだよなあ」
いままででいちばん失礼な発言が飛び出してあたふた(笑)
てっちゃん薄くなんかないよ!いつも誰よりもステージ全体のことを考えてるのに!そりゃ2日間見てベースが5弦になってることに気づかなかったけどさ…それは遠いからよく見えないだけだし…。


という感じで、冒頭に出てきた祖母も、見ているとあれやこれやと言ってくるので、うちではちっとも落ち着いて見られません。ラルクに興味を持ってはくれているということなので(それがたとえ南米系だとしても)、無関心や否定されるよりはよっぽどいいんですけどね。

こんなふうにネタにしちゃってるけど、ほんとはちゃんと感謝してます。いつぞやのHYDEのライヴのときは、富山から新潟まで迎えに来てくれてありがとう!(すごく遠い。車で3時間とかじゃなかったかな)今年もお盆には帰らないと思うけどごめんね!(今年帰らなかったら3年連続で記録更新。すべての理由:ライヴ)












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://7thskylight.blog42.fc2.com/tb.php/332-7172cb20

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。