God only knows

NO L'Arc, NO LIFE!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
大阪へ戻ってきました。楽しかった(概ねなにもしなかった)冬休みは終了。今年も一応お正月も早い時期に再開したものの、なかなか毎日は更新できず、この反省は来年に持ち越しです。今日からはまたマイペースながら、毎日書くようにしていきたいと思うので、よろしくお付き合いください。

帰ってきたら、ポストにはラルクさんからの人を食ったような年賀状が、荷物ロッカーにはacid本のcomplete-editionの黒い箱が入ってました。新年早々濃いなあ。この先1年間を暗示しているかのようでこわい。そしてacidの単行本はいつになったら読めるんだろうか。クリスマスに(東京で)買ったKenちゃんの単行本すら開けてもないっていうのに。

さて、今日はちょっと軽い話でも。身の回りに意外といる、ラルクファンの人々について。

日本全国にいったいどのくらいのラルクファンがいるのかは知らないけれど(むしろ知りたいね)、思ったよりもいるものだなあと思うことがここ最近よくあって。友達の友達の中に1人はいる、みたいな(笑)涼の周りのラルクファン(らしき)人々はこんな感じです。同じアルファベットの友人が多くてわかりづらいので、今回は暫定的に登場順にABCを振ることにしようかな。

1. 親友Aちゃんの幼なじみ
ちなみにわたしも高校が同じだったので面識がないではないんだけど、知り合いというほどではない、という関係。でも昨年、FAITHツアーのチケットを譲ったのは彼女。ラルクがすきそうには見えない子だったんだけど、他にもEXILEなどがすきらしい(笑)

2. 同じくAちゃんの大学の友人
話には聞いていたんだけど面識はなく、でも昨年のFAITH富山・金沢でばったり遭遇。富山と金沢であまりにもちがう雰囲気の格好をしていたので、翌日見たとき本人かどうかわからなかったということが(笑)彼女自身も話に聞く限り変わっているんだけど、彼氏がまた大物で、hyde氏よりも自分の方がカッコいいと思っているらしい(彼女はhydeファンなのでもちろんそうは思ってない)。

3. 友人Bの友人(元コーラス部員)
ちなみに彼女は、Aちゃんの友人でもあったはず。これもわたしやAちゃん、Bと同じ高校なんだけど、直接の知り合いではなく。あ、相方の友人C(わたしの友達でもある)とも友人だったような気が。いっしょにカラオケに行くと、メジャーな曲からマイナーな曲までとにかくラルクを歌い続けるらしく、しかもコーラス部員で歌がうまく声量があるので、他の人と同じマイク音量だと聴き疲れするんだとか(笑)

4. 友人Bの友人その2(元バスケ部員)
彼女はBの友人で、3のコーラス部員と同じく、カラオケですごい声量でラルクを歌うんだそうな。彼女は相方とも知り合いで(友達の友達ぐらいの関係だったはず)、相方がラルクファンと知るやいなや、acid android live 2003を貸してくれたらしい(笑)

5. 友人Dの先輩
Dは大学の友達なので面識は一切ないんだけど、たまたま話をしていたら出てきた人。クリスマスに東京にライヴ見に行くんだけど、という話をしたら、「ラルクってよくクリスマスにライヴしてない?」と言うので、記憶を手繰り寄せ、クリスマス(付近)の単独ライヴってREINCARNATIONくらいでは?と思っていたら、「中学のとき先輩が行っとってさ」…じゃあ97年はありえない。なのでたぶん、99年のリセットライヴを勘違いしてるんでしょうね。しかし中学生のときに、東京までカウントダウンライヴを観に行くなんてよほどファンだったんだろうなあと。Dは奈良の子なんですよ。

6. 友人Dの友人
なんと彼女はL’Anniversary Liveに参戦してきたらしい。久しぶりに会った友人D(notラルクファン)に、めっちゃよかったと言ってたそうで。それを聞いたわたし、もちろん「だろうねー!」と強く同意(笑)稼がなあかんとも言っていたらしく、こちらにも激しく同意。

7. 友人Eの高校のときのクラスメイト
以前、久しぶりにEに会ったとき、最近ラルクがすきでみたいな話をしたら、うちのクラスにもいるよと言うので、どんな子なのか訊いたんですよ。そしたら、「英語で日記(というより、何時になにをしたとかを書くものだと思われる)を書く課題があったんだけどさ、歌詞を翻訳するとかいう時間があるんだよ?こわくない?」Eは昔からちょっとアンチなところがあるので、こういう言い方になったんだと思うんだけど、別にこわくはないけれど、と思ったのはわたしがすでにファンだったからなのか。英語の詞の意味を知ろうと訳すこと自体は、ファンじゃなくてもやったりすると思うけど、それを授業で発表するかどうかはまた別の問題だよね(笑)

8. 父の友人の姪っ子
つい先日、父の友人たちとごはんを食べる機会があって、父に、「おばあちゃんがうちにハムを送って来るんだよ。わたしが食費を削ってライヴに注ぎ込んでると思って」と言っていたら、その父の友人が、「ライヴ?…まさかラルクじゃないよね?」と言ってきて、ものすごくびっくりした。ラルクなんて一言も言ってないのに、と思ったら、どうやら姪っ子がラルクファンで、「バイトで稼いだのをみんな貢いでる」らしい。昨年の春の新歓のとき、趣味がライヴに行くことだと言った(正確には言わされた)だけで、「ラルクですか?」と一発で言い当てられたときぐらいびっくりした。

【番外編】
・友人Fの高校の同級生
が、hydeにとてもよく似ていて、hydeと呼ばれていたらしい。Fは県でいちばん賢い学校に行っていたから、知性派のhydeですよ。だからどうということもないけど(笑)


直接の知り合いを除いてこれだけですからねー。知らないだけで、探せばもっといるかもしれないね。身近にファンがいなくてさみしいって人、ちょっと友人たちを当たってみたら案外いるかもしれませんよ。地元のど田舎にもこれだけいるんだから、関西とか大都市圏だときっともっといるだろうし。そういえば男の子のファンにはなかなか出会わないなあ。ライヴではよく見るけれど、身近な知り合いの中にはいない。やっぱり生息する場所がちがうのか。


えーと、ここ何日かのラルク関連情報としては、てっちゃんの新曲初OAがありましたね。ちゃんと録画して見ました。そうそう、こんな曲だったなあと思いながら。ただ最初はまだしも、あとはしゃべってるバックで流れてるだけで、全然聴き取れないね。テレビの音量上げるとそれだけ話し声が大きくなっちゃうし。もう1ヶ月くらいしたら、PVとか流れるようになるかな。

HYDEさんのニューイヤーコメントは見てません。どころか新聞も見てないしね(ディスト失格)。でもクリスマスのは見たんですよ、ちゃんと。聴き取りづらいのを忍耐強く(笑)

L’Anniversary Liveからは日が経ちすぎて、雑誌のレポのチェックが億劫になってきた。写真も同じのが多いけど、あれは写真集を出す予定があるんですかね?いつもこんなものだっけ?












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://7thskylight.blog42.fc2.com/tb.php/326-a11ec73c

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。