God only knows

NO L'Arc, NO LIFE!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日てっちゃんの新曲が聴けるんだそうで。Can’t stop believingの方はなぜかあまり覚えてなくて、未だにlonely girlがたまに脳内再生されます。My only lonely girl~♪ はーかわいらしい!まぶしすぎる!

(メロディは別として)歌詞をよく覚えてるのもlonely girlだなあ。終演後、「いまどきこんな歌を歌えるのはてっちゃんだけだね!」(涼)、「うん!てっちゃんとあややぐらいのものだよ!」(Mちゃん)という会話がなされるほどのかわいらしさ。

まあそれは置いといて、今日はライヴ総括後編をお送りします。FAITHツアーをのぞく、全5公演について。

0610 金沢AZホール [acid android tour 2006]レポMC
 初acidにして、2006年2度目の金沢。といっても、HYDEのときとはちがう会場で、降りるバス停は同じなんだけど(たしかね)、そこからずいぶん歩く。地図を見てるのに、「え?どっち?」とか言って迷った記憶が(笑)
 HYDEとは明らかにちがう服装・客層に、すごく戸惑った気がするなあ。自分はここにいていいんだろうか、という感じで(HYDEのときも結局浮いているけど)。ライヴに来てるっていう格好なんですよね、みなさん。Tシャツ率が高い。北陸はまだちょっと寒いくらいの季節だったのに。
 初めてのacidだったのに、yukihiroさんがMCをなさったり、笑いが起こったりしてたので、ちょっと調子が狂う。わ、笑っていいのかしら…(笑)予習が満足にできてなくて、タイトルがわからない曲とかあったんだけど、それでも全然楽しめた。ライヴを観るんじゃなく、自分も参加するっていうことのおもしろさを知った。変な筋肉痛になりましたけどね。
 あーなつかしいね。「まだ踊りたいじゃん?」 いまや想像するのも難しいよ(笑)

0618 大阪 BIG CAT [acid android tour 2006]レポ
 大阪に住んで1年以上になるのに、アメ村へ行ったことがなかったので、BIG STEPすら初体験。その中にあるBIG CATはAZホールよりもずっと大きく、人はたくさん入ってるし、音もよかった。
 ライヴのときは、まさか奥でそんなことが起こっているとは知る由もないので、「楽しかった」「よかった」ばっかり言ってましたね。あとで背筋が寒くなった。
 笑いを誘うMCがなくても、メンバーが仲良しっぽい雰囲気を出してなくても、すごくカッコいい、楽しいライヴでした。それまでのacidを知っているわけじゃないけど、これがacidなのかなあと思った。レポにすべてを書いてしまっているので、あまり書くことがないんだけど、いいライヴだったからこそ、これが最後でよかったなとも思ったし、もっとライヴを観たかったなって気持ちもあった。

1125 東京ドーム [15th L’Anniversary Live]レポ
 言わずもがなの、本家ラルクさん2006年最初のライヴ。巷で大流行したラニバ症候群のせいで、あまり前のことって感じがしないし、振り返る意味もあるのかどうかという気もしますが、まあとりあえず(笑)
 この日は特によかったですねー。なにがって、hydeさんの調子がよかった。歌い方、声がタイムスリップ。若返りっぷりと顔の輪郭がシャープになってることにもびっくりした。WOWOWのオフショットの部分見たら、二の腕なんかもほそーくなってしまってて、体型まで懐かしくなってましたね。
 yukihiroさんの誕生日を、1日遅れで祝ったなんてこともあったね。hydeさんの合図っていうから待ってたのに、いきなりピアノの伴奏が始まってさあ歌え、っていう。しかもキーが高くて歌いにくかった(笑)ケーキに指を突っ込んで(ユッキーはkenちゃんとちがって手がぬるっとするとは思わなかったのかしら)食べたあと、はにかむように笑ったあの笑顔には、不覚にもちょっときゅんとしてしまった。不意打ちはやめてよ!
 レポにすべてをぶちまけているので言うことはないんだけど、とにかくすべてがすばらしいライヴでした。2日間ともノーカットでDVDに収録することを強く希望。だってWOWOWの放送には、夏の憂鬱もAll Deadもmetropolisも、DuneもVoiceも、あなたもPiecesも…(延々続くので以下略)入ってなかったんだよ!

1126 東京ドーム [15th L’Anniversary Live]レポ
 2日目。レポにはメモの読み違いや事実誤認がちょこちょこあったので、地味に1個1個つぶして直しました(笑)MCレポ2日分は1月中に上げたい…な。
 2日目は初日よりもhydeさんがいまっぽかったんですよね。うーん。でも初日のあとガラガラだったと言っていたのに、よくあれだけ歌ったなあと思う。
 そういえば初日もだけど、新曲やったな。そのときの声が、いままで聴いたことのないような声で、これが2007年型hydeかしらと思ったっけ。まあただ歌い慣れてなかっただけかもしれないけど(笑)その後ASIALIVEのDVDに新曲が使われてるって話が出ましたねー。実は初日に新曲を聴いたとき、どっかで聴いたようなギターのフレーズだなと思ったんですよね。あれを見すぎてたせいかな。
 最後の虹に浸りたかったのに、その後の告知がそれを許さず。感動よりも計算って…。

1225 天嘉-伍- [DANGER V]
 個人的に昨年の天嘉は、Kenちゃんとてっちゃんでした。あと審査員席の、ちらっと見えるyukihiroさんね。
Kenちゃんが思った以上にステキで。あまりにわたしが騒ぐので、相方だったMちゃんが「え?Kenちゃんファンになるの?」って言ってきたくらい(笑)開演前のhyde騒ぎさえなければもうちょっと落ち着いて見れたのに!と思ったとか思わなかったとか。もうあの人は、ただそこにいるだけですべてを持っていきますからね。
 てっちゃんのライヴは初めてで、ほとんどいちばん楽しみにしてたくらいの勢いだったんだけど、期待は裏切られることはなく。天嘉の出演アーティストの中にあって、異彩を放ってましたからね。あのさわやかさで。新曲も2曲(冬の新曲を入れれば3曲)やって、かつメドレーで69の曲もやってと、セットリストもすごくよかったと思う。てっちゃんの頬がこけて見えたことだけが心配です。
 S.O.A.P.のMCでkenちゃんが言ってた、「ウリってますかー?」を意味がわからないのに合言葉のように使います(笑)kenちゃん語辞書がほしい。
 今年はどうするかなあ。ラルクが出るなら行くけれど(たとえ1曲だろうとも)、昨年のようにacidも出ないなんてことになると、どうだかねという。まあ昨年はKenちゃんとてっちゃんを見に行ったんだから、それはそれでよかったんですけどね。


 2006年のライヴ総括はこれにて終了。しめて17公演。05年は9公演だったことを考えるとすごい躍進だ(躍進なのか)。とにかくいろんな土地へ行きましたねー。誰かさんたちがライヴいっぱいやろうとか言い出したために。いろんなことがあったし、いろんなライヴもあったし、移動貧乏にもなったね。遠征費がいくらだったのかは、目下計算中です。学割をフル活用してるので(年間10枚しか証明が発行できないのに、夏ぐらいにはもうなかった)、その計算が面倒で。
 今年はどのくらい行くかなあ。というか、行けるかなあ。お財布と相談しつつ、ここ数年で培った予測力で(笑)、うまいことやって行きたいですね。ちなみに涼の今年の遠征目標: 海を越える。いままでなんだかんだと本州までしか行ってないので、今年はぜひ海を越えてみたいなと。四国、九州、沖縄…あたりが具体的な目標。告知が出たときはこれに北海道が入ってたんだけど、よくよく調べたらちょっと無理でした(笑)












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://7thskylight.blog42.fc2.com/tb.php/325-468a842c

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。