God only knows

NO L'Arc, NO LIFE!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
確認のためにDVDを入れて、heavenly~films~にちゃんとメニューがあったことを初めて知った。だけど字が小さすぎて読めない(笑)なんですか、1人暮らし用の小さいテレビで見るようにはつくってないってことですか。うちのは大きいほうなんだけどなあ(結構存在感がある)。

その曲のとこだけ見ようと思うのに、そのまま次へ行ってしまうとつい見てしまう。久しぶりに見たらなんだか微笑ましいのと同時にムズムズするのは、やはりあふれる若さのせいなのか…(笑)10年経ってメンバーはこんなふうになりましたが、当時(から)のファンのみなさん、いかがでしょうか。

前置きが長くなりましたが、第1弾のTierraに引き続き第2弾はheavenlyから、Secret Signs、C’est La Vie、Curelessのレビューもどきをお送りします。

『heavenly』
これは…、Tierraの前に聴いたのかな。Trueとheavenlyでだいぶ満足したので、なかなかTierraに到達しなかったんだけど(笑)Trueとばしてheavenly聴いてたら違和感あっただろうけど、Trueの前と考えると納得。♪Still I’m with youの繰り返しの、少し舌っ足らずな歌い方とか、Vivid Colorsの抜け具合とか…あ、この(Vividの)アレンジの西平さんてLinkの人ですね。いま気づいた。
閑話休題。Tierraのときも思ったけど、いざ書こうと思ってアルバム聴きなおすと、あれもこれも入れたいって気持ちになってきていけない。とりあえず初心を貫いて、最初に自分で挙げた分のレビューをしようと思います。

・Secret Signs
これはね、深い理由などはなく、いまのhydeさんが歌い、いまのkenちゃんやてっちゃんやyukihiroさんが演奏したら、さぞかしおもしろいだろうと思っただけ(笑)当時よりも格段に艶っぽくなるんじゃないでしょうか。技術の上に年齢を重ねたヴォーカル、ギター、ベースに、まったくちがう種類のドラムを加えたら、はたしてどんな化学変化がおきるのか。興味深いことこの上ない。
それにしても、ドームでこの曲をやるってだけでじゅうぶんおもしろい気がするのは、やっぱりheavenly(DVD)でしか見たことないからかな。
……リクエストって言われただけで、(やると決まったわけでもないのに)これだけ盛り上がれるファンってほんとおめでたいよね。

・C’est La Vie
これ以上ないくらい明るい歌声と、弾むようなギターとベース、案外冷静なドラムに、鐘とピアノの音がちょこちょこ彩りを添える。いまの彼らなら絶対ありえないだろうこのアレンジがたまらない。
武道館で歌ってるhydeさんはタンバリン片手に踊りながらステージを歩き回ってますが、15年前のファンにも来てっていうなら、てっちゃんと頬寄せ合って歌ってもいいんじゃないですかね。そしたらkenちゃんもきっとニコニコしながらイエーイ(kenちゃん言)ってやってくれるよ。
話が逸れたけど、あれから10年あまりの時間が経過して、なにがどうなったのかを見てみたいという、完全に興味本位です。変わったところもあるけど、変わってないところもあるだろうから。
アルバム通して聴きながら、初めて聴いたとき、Secret Signsでおおっ、と思って、次聴いたらこれが来てびっくりしたことを思い出した。なんて振り幅の大きな人たちなんだろうと。歌詞の仏語にも驚いた。ウィとか言ってる!みたいな(笑)

・Cureless 
この曲はBメロの掛け合い(みたいになってる部分)でしょう。と勝手に思ってるんですが。あとベースのうなり具合。いかにもてっちゃんって感じの流れるようなメロディに、絡むように鳴るベースがいいんじゃないかと。
なぜかheavenlyといったらこれ、という変なインプリンティングがあって、これを選んだんだけど、それがどうしてなのかを説明できない(笑)DVDでライヴを見ても、いいなあ見たいなあと思うんだけど、その理由がいまいちわからないという。てっちゃんマジック ??(なんだそりゃ)


こうやって書き終わってから言うのもなんだけど、夏の憂鬱を入れたい…!その心はといえば、yukihiroさんにあの“ジャンジャンッ”っていうキメをやってほしいだけ(笑)実はたまに挙げてらっしゃるのを見るThe Rain Leaves a Scarもちょっと気になるし。欲望は際限がなくていけませんね。

heavenlyというアルバムは、リアルタイムで聴いたわけではないけど、DVDの存在に救われて、Tierraなんかと比べると実体がつかみやすい気がします。当時の雰囲気とか、どういうライヴをしてたかを見ることで、補われる部分があるというか。だけどそのせいかCDよりDVDばっかり見てたなー(笑)

次回はTrueとHEARTの2本立ての予定。学校が始まるのでちょっと間が開くかも。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://7thskylight.blog42.fc2.com/tb.php/250-ff231a9d

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。