God only knows

NO L'Arc, NO LIFE!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
レビューというほどしっかりしたものではないんだけど、コメントというにはちょっと長くなってしまったので、とりあえずレビューということにしといてください。もしいいネーミングのアイディアがあったら、教えていただきたく存じます(笑)

第1弾はTierraから、All Dead、Wind of Gold、White Feathers。

えーと、涼がL’Anniversary Liveでやったらいいのになあ(願望)と思う曲を勝手に選び、時系列(アルバム単位)で紹介しながら、ちょっと一口レビュー的なものをやってみようという試みです。あくまで試みなので、途中で頓挫するかもしれない(笑)

『Tierra』
メジャーデビュー後のファーストアルバム、なわけですが、なかなかどうしてすごいアルバムだ(笑)遅れてきたファンのわたしは、オリジナルの中ではこれを最後に聴いたんだけど、「うわー…」と思った。もうそれはそれはいろんな意味で。

・All Dead
中でもいちばん衝撃だった(有り体に言えば恐ろしかった)のがこの曲。殺意が云々て怖すぎる。それだけで言えば別にDUNEの頃にもあったけど、この曲がこわいのは、いかにもhydeさんの曲らしく、ちょっとメジャーになる部分があること。全編にわたっておどろおどろしいんだったらそれほどこわくないんだけど。
というわけで、いまのhydeさんがこの曲を歌うとどうなるか見てみたい。こっちへ行くだろうっていうのが想像できないから。案外そのままだったりしてね(笑)まあやらないだろうとわかりつつ(爆)の遊び心。

・Wind of Gold
これは相方といろいろ挙げてるときにもすぐ出てきた曲。これを挙げてる方も結構いらっしゃったような(涼調べ)。うーん、この曲は単にすきだからって理由で選んでるからあまり書くことがないなあ。特に♪夕陽に照らされて~からのヴォーカル(メロディ)、ギター、ベース、ドラムの雰囲気がすべてこれ以上ないくらいうまく行ってる。ライヴでやるのをぜひ聴いてみたい。
ところでこの曲には、Blurry Eyesのc/wとして収録された “Many Kind of Percussion Mix”というバージョンが存在しますが、みなさんお聴きになったことはあるでしょうか。涼はこないだの再リリースのタイミングで最初に聴いたんですが、あまりの衝撃に瞬きを繰り返してしまった。というか正直に言うと、びっくりしすぎて笑ってしまった(笑)原曲を聴きすぎてるせいなのか、なにもなかったところに突然ポコポコ音が入ってると違和感があって。アレンジ次第でどうにでもなるんだなあと思い知る。
涼としてはこのTierraに入ってるWind of Goldに足すものも引くものもないと思っているので、別ミックスではなくこっちに1票。

・White Feathers
これはぜひやっていただきたい。もちろん羽根を降らせて。…というところが虹とかぶるからやらないのかなあ(そういう問題ではないだろう)。
この曲は、それまでそんな様子はみじんもなかったのに、♪羽根は広がらず落ちて行く で突然崩壊するのがなんとも“らしい”というか、おおっていうところなんですけど。なのにドラムは我関せずといった体でポコポコ鳴ってる(知識がないのでなんの音かがわからない)し、そこからハードなギターソロへ流れていくっていうのも予想外でよい。
といったところが琴線に触れたのかなあ。というのも、なんで選んだのかあんまり思い出せないんですよ(笑)CDを聴きなおして選んだわけじゃなく、タイトル見て直感で決めたから。それほど思い入れがあるってわけでもなかった気がするしなあ。すきだけど、そこまででもないような。
だけどこの曲、よく見たら7分近くあるんですね。いかにもやらn…。


Tierraは久しぶりに通して聴いたけど、ああなんかこういう感じだったよなあと妙に懐かしい。印象が変わらないアルバム。全編通してにおいにわりかし統一感があるというか。

さて、次はheavenly。これはもうちょっと楽に書けるような気がするな。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://7thskylight.blog42.fc2.com/tb.php/248-c4d985c3

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。