God only knows

NO L'Arc, NO LIFE!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
はい。いつの話かなあって感じの、横浜2日目レポです。まだ大阪2日分と横浜初日分も残ってるんだけど、繰り上げてこっちから。

ライヴのあとメモを書きながら考えてたのは、「これDVDになるから、まちがったこと書けないな」ってこと(笑)アリーナのレポを書くのはもともと、ライヴハウスよりもプレッシャーあるんですよね。実際にライヴを見てる人数が圧倒的に多いから。

まあでもそんなことを言っていたら、ほんとにレポが書けないので、いざとなったらDVDが出たあと下げるくらいの覚悟で(笑)書いてみました。追記からどうぞ。いつもどおり3部作です。

【開場】
前日と同じく、ブロックは無視で整理番号順に入場。この日の整理番号は50番台だったのに、ちょっとぼんやりしてて会場に着いたのが16:05とかそのくらいで、すでに90番台の入場が始まってた。Bブロックは上手の真横ブロックで、ブロック内でも微妙に仕切られてたんだけど、入ったときにはその最前のいちばんうしろで場所が選べるぐらいだったので、センターマイクをまっすぐ真横から見られる場所に陣取ることに。
大阪でも一度上手真横ブロックを経験してるんだけど、あれとは全然ちがいましたね。大阪のときはセットの後ろまでブロックがのびていて、その端はモニターは見えるけど、メンバーの背中が見えたり見えなかったり。反対側(つまりステージに近いほう)の端だと、たしかにステージ寄りだけど、今度はモニターが見えないっていうブロックだったので。横浜はセット側にじゃなく、ステージ側にブロックが長くて、モニターの位置もブロック内ならどこでも一応見られる場所…だったと思う(実際にすべての場所に立ったわけではないので)。
大阪では、遠慮なく言ってしまえば「参加席として出すのもどうかと思う」場所だったけど、横浜は「これって参加席だね」という場所でした。……よかったってことですよ?

【開演】
記憶が遠すぎて思い出せないんだけど、やっぱりちょっとは遅れてたと思う。アリーナは、遅れ方がそんなに変わらなくても、ライヴハウスのときとちがって、(ライヴを2時間とした)終了予定時刻を回るんですよね。演出がいろいろともなってるせいなのかな。アンコール待ちとかすごい短くて、「アンコール」がそろう暇がないくらいなのに(笑)
HYDEさんはジャケットで登場。なんかめずらしいなあと。このときはそんなに前が開いてなかった気がするんだけどなあ…。少なくともインナーが気になったりはしなかった。うん。近いからよく見えるかと思いきや、ステージの真ん中へ行かれると、スモークで全然見えない。


【JESUS CHRIST】
もうここまで来たらどうでもいいことのような気もするんだけど(笑)、イントロには雷鳴と鐘の音が両方入ってた。これが最終形なのかな。
♪my child is fadingがまた、ものすごいディストーションかかってる。最後だから言うけど、1回クリーントーンのJESUSも聴いてみたかった。できないってことじゃないと思うから、HYDEさんの中ではこれがベストの表現なんだろうけど、歪んでなかったらどうだったかなって単純な興味。
この日はどこのだったか覚えがないけど、♪Ah, God give me deathがすごかった。きゅっと眉間を絞って、これ以上ないくらい苦渋に満ちた表情。
そのあとメモに「今日も出だしは好調」って書いてあるんだけど、よく意味がわからない(笑)

【SWEET VANILLA】
この曲って思ったより中指立ててるよなあ(なんだそれ)、と思い出しながら見てた。
いつも表情(歌の、とかではなく文字通りの意味)があんまりないから、少し印象が薄いのかもしれない。曲自体にもそれほど起伏があるわけじゃないし。この日はあまりにも無表情なものだから、それがDarlingって顔ですか、とか脳内でツッコミを入れてしまった。だって前があんななのに。
そうそう。それなのに、♪I won’t cause you any tearsのany tearsんとこで、大きくてまあるい瞳を左から右へぐるっと回したからびっくりしたんだった。急になんて顔するのかと。よく言ってるしみんな知ってるけど、やっぱりあの目はあの人にとって大きな武器だと思う。

【MADE IN HEAVEN】
前日演奏がバラバラだった印象があって、どうだろうなあと思ってたんだけど、そんなことは全然なくてすーごいよかった。ちゃんとかみ合ってる。
ステージに近いブロックだからなのかもしれないけど、客も前日より盛り上がってるように見えたし、これはいいライヴになるんじゃないかなと期待し始める(笑)
ha ha!もそろうから楽しい。
♪I’m not telling liesのliesが下がってた。
変な話なんだけど、昨日と顔ちがうなあと思ったんですよ。あんまりいやらしさがないっていうか。目つきが鋭くて、表情がないし。メイクの雰囲気とかもあるのかな。単なる気のせいかもしれないけど(笑)

【MC1】
また「止めを刺しに来たぜー」とか言ってた。
「できるかー!」「できるー!」のコール&レスポンス。謎過ぎる。

【DOLLY】
MCのあとに、HYDEさんが後ろのJINちゃんの方へ行ってなにか話してる。JINちゃんの仮面(顔)だけがちょっと前に出て、うなずいてるのが見えるんだけど、すごく不思議な景色(笑)あれで会話成り立ってるんだよね。
センターマイクの前へ戻って来たHYDEさんが、
「1996年、世界で初めて、哺乳類のクローンが誕生した。彼女の名は、ドリー」
そして間髪いれずイントロへ。
これがめちゃくちゃカッコよかった!どうしていままでやらなかったんだ。HYDEの語りの雰囲気もよかったし、イントロへ入る間隔がまた絶妙で。JINちゃんと息ぴったりだよ。
最初の方だったと思うんだけど、モニターに足かけてもたれるようにして、ペッて唾吐いてた。真横からだから飛沫がキレイに見えましたとも。でもさすがに客までは届いてないだろうなあって感じだった。アリーナでこんなことするの初めてじゃないかな。
この曲は上手に来るんだけど、ステージ端のマイクのところ(ここに来るといちばん近くなる)で、髪かき上げたりしてた。そのときの素直な感想、「わーキレイ」。
♪No need to~のあたりから右手の拳の裏見せるようにしてて、Cherubimで中指。

【SEASON’S CALL】
イントロをFURUTONの方見て合わせてた。
これリセットライヴ見たときも思ったんだけど(L’Arcafeのあと見たライヴなのでご了承ください)、イントロの♪ターンターンターンのとこみたいに、ギターしか弾いてない姿を横から見ると、正しいサイズだなあと思う。等身とかが実際の大きさで見えるというか。歌ってるときは比べものにならない状態だったりするんですけどね。
歌に入ってモニターに顔がアップになったとき、髪をかき上げたり耳にかけたりして露になった顔見たら、えらくすっきりした顔になってて驚いた。HYDEのライヴでこんなこと思ったの初めて。喜怒哀楽みたいな感情が表れてるわけじゃないんだけど、無表情っていうことでもなくて、どこか達観したような表情。前の曲とは別人みたい。この曲だからかと思ったんだけど、このあとずっとそう。なんかすごく惹きつけられる表情だった。
♪心を潤してく~で両手で胸のあたりを押さえる仕草。
前日見れなくて残念だった、♪You taught me~を横から見れたので満足(マイクに噛み付きそうな勢いで歌うのがよいという話)。

【EVERGREEN】
この曲は意外だった。大阪2日目はいわゆるBのセットリストだと思ってたのに、横浜初日でそれをやってきた上、SHINING OVER YOUにもTHE OTHER SIDEにも演出がともなってて、こんなことできるの屋内だけだし、絶対ここは変えないと思ってたから。
いつも言ってるsummer daysのとこもいいんだけど、そのあとのahって吐息もよかったな。
♪The bells~のところで切なそうな顔してたの見れたし、聴けると思ってなかったこの曲が聴けたのでもうそれだけでいい。

【MC2】
最近よく言ってる「楽しんでる?」が出る。
前日言ってたようなことを標準語で言ってておかしかった。昨日はあんだけ関西弁やったのに、みたいな(笑)

【I CAN FEEL】
イントロかその前かな?でシャウトしててびっくりした。え?この曲で??と思って。
♪Now the truth~がすごく穏やか。声も、表情も。それはそんなにも穏やかに迎えた境地なんだね。
♪the soup of~でまた、右の手のひらを床と水平にするような仕草をしてたんだけど、これにはなにか意味があるのか、それとも癖なのかしら。
いままでHIROKIがやってたはずのコーラスを、突然FURUTONがやってて驚いた。なんかあんまりやりすぎ感が出てないな今日は、と思ってたら!なんでこの日になって変えたのかがすごく気になるけど。もうあと2公演しかないっていうのに。

【MASQUERADE】
salvationって2回歌った気がする。けど、もしかしたら前日のことだったかもしれない…。
最後の方の♪I can’t sayのsayを伸ばして、次の歌詞は濁してるんだろうか、というところが最後までわからず仕舞いでした。そこはDVDで(笑)
ラストの♪GOD BLESS MEのMEが大変なことになっていたらしい(メモより)。

【IT’S SAD】
モニターに向かって屈みこむようにして客席を見回しつつ、ギターのネックの上の方を弾く(これなんて言うんだっけ?相方と勝手にfateって呼んでたんだけど/笑)様子がすーごいカッコよかった。
♪執行人が不在 で首をかき切る仕草。この日はほんとに、右から左へきれいに直線の軌跡を描いてた。今日こそちゃんと見た!(笑)
間奏でいつものように両手を広げたあと、目すがめて見下すような顔してた。
♪A verdict~のところは、いつも特になにもなかったのに、この日はJINちゃんがマイク持ってなんか言ってて、何事かと思った。どうしていままでやって来なかったのに今日??それとも前からやってたのに、気づかなかっただけなのかな…いやでも…うーん。
あとこの曲は最後のキメがほんとにカッコいいんですよ。最後の音を弾ききる、後ろ姿のHYDEさんの腕の動きが。
アルバム通して聴いてるときはどうってこともなかったんだけど、ツアーが後半になるにつれすきになっていった曲。CDよりもライヴバージョンが好みだな。ベースが前に出てるほうが。

【PERFECT MOMENT】
イントロ前のところ、この日はすごいよかった。HYDEさんのギターのフレーズがやっぱり、前とはちがう気がしてならない。
そして最後までSadからだったPERFECT MOMENT(笑)こっちがほんとの歌詞なんじゃないのってみんなで言ってたけど、おかしいなあ。ライヴハウスのときはAhからだったと思うのに。いつからこんなふうに?
♪my “moment” has comeのcomeがこの日もよかった。こういうのがすきなんだろうな。
このときの会場内は圧巻でしたね。しーんと静まり返って。終わったあとの拍手もすごかった。たぶんお客さんはすごい来てたんだと思う。この曲が。なぜこんなに冷静に言っているかというと、個人的には、まだ行けたんじゃないかなあという思いがあったから。うーんすきな曲ほど見方が辛くなってるなあ、きっと(笑)

【FAITH】
実はPERFECT MOMENTより挙げたいのはこれ。相方には「そうかなと思った」と読まれてました。神がかってたUNEXPECTEDも捨て置けないんだけど、それを選びたくない反骨精神が(笑)たぶんみんなよかったと思ってるから、わざわざどうこう言わなくてもいいかなと。
岡山と同じで、PERFECTがよかったから、そのあとのFAITHもよくなったって感じ。大阪初日のよさとはちがうんだよね。うまく説明できないけど。あれはちょっと別格。
♪I’m satisfiedですごく穏やかな表情。
個人的に気に入ってる♪Because I go to Himの雰囲気もよかった。やっぱこの曲はここがハイライトだと思う。「私を悲しむ事は無い 主の元へ行くのだから」
アウトロのアレンジが元に戻ったのは、たぶん後ろのモニターに映る映像に合わせるためだったんだなと気づく。KAZさんのギターだけになるところで、ちょうどフセイン像が倒れるシーンが来るから。
そのギターが思ったより普通だったのが心残りと言えばそうかも。悪かったというわけではないんだけど、卒がない感じ。

【MC3】
この日のMCはまた戻ってきてHIROKI。
「ついにこの日が来てしまった」って、明らかに最終日ノリなんですけど(笑)
相変わらずの早口MC。なにをそんなに生き急いでるのかしら。いまだに緊張ってことはないだろう。いや、でも緊張なのかな…。


>>後編を読む。

初めまして。
すごく詳細なレポに感激してしまって、書き込みさせていただきました。
私も横アリ参戦したのですが、楽しすぎて記憶がとんでしまったので、コチラでよーく思い出します!
大阪2日分と横浜初日分のレポも楽しみにしていますのでのんびり書いてくださいv-10

2006.09.09 12:40 URL | ルミ #w8d2ounA [ 編集 ]

ルミさん、はじめまして。
詳細と言われると恐れ多いのですが、思い出すきっかけになったなら幸いです。
こうやって感想をいただくことで、続けていけるレポなので。
大阪や横浜初日分どころか後編・MCレポもできていない状況ですが(笑)、気長にお待ちください。
コメントありがとうございました!励みになります。またよかったらどうぞー。

2006.09.10 11:50 URL | 涼@管理人 #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://7thskylight.blog42.fc2.com/tb.php/232-d727330c

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。