God only knows

NO L'Arc, NO LIFE!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
L’ArcafeとHYDEライヴ遠征だった3日間を書いたら長くなったので分けました。カフェの話は1コ下の記事に。こっちはライヴの話でも。今回はメモをアップしなかったので、2日間のことをまとめてさらっと。ネタバレ含みます。

レポは…大阪もまだあるんだよねー。いずれはアップすると思うけど、いつかはちょっと未定です。数日後には長崎へ旅立つことになっているので。ええ、沖縄じゃなくてね(笑)

行きたかったんですけどね、沖縄。大阪にいて、台風が沖縄付近に近づいただけで体調が悪くなるので、みんなに止められてしまって。台風が来るところ、来る時期じゃなかったらよかったのに。でも大阪初日と横浜2日目を見られたことで、すごく満足してるから、まあいいかなと思ってるところもあります。

8/26  横浜アリーナ初日

L’Arcafeの10:00の回を見たあと、すぐ品川へ行き、ホテルへチェックインしてバスローブを笑顔でもらって(笑)、部屋でレポ…のはずが寝たり起きたり。HYDEのアリーナツアーが始まってからいろいろと考えることもあって、そんなことをしゃべったりしてたら、前日2時間しか眠る暇がなかったので(なにせ5時から並んでるから)、ライヴのために体力回復をはかる。

さすがに整理番号順の入場じゃないってことはないだろうと考え、開場直前に横アリへ。また物販の列がありえないことになってた。入場待ちの人の数も半端ない。城ホールとかだと公園が広いから分散してて、それほど多いと感じないんだろうけど、横アリ前は狭いものだからすごい視界だった。思わず写メ撮ったよ(笑)代々木もびっくりするけどそれ以上だ、あれは。

この日はJブロック(前から2つめ、センターより1つ下手寄り)だったんだけど、一応モニターも見えるし、ステージもほぼ正面から見渡せるまあまあの位置。驚いたのは、開演時間を過ぎてもブロック内がスカスカなこと。人がいる部分の方が少ない感じで、柵の周りに人が集まるので、真ん中が空洞になってる。普通にそこで寝転がれるし、荷物置いててもまったく危険じゃなかった。あれはどうしてだったんでしょうね。正面最前のEブロックの様子も似たようなもの(こっちはすごく前へ詰めてるけど)だったので、Jがよくないブロックだから、ということではなかった模様。押しとかないし、ほとんど身体も触れなくて楽でいいんだけど、ちょっとテンションが微妙というか。アリーナから見てても見た目よくないのに、ステージから見たらこれどうなんだろう、って感じで。

そのせいかどうか、ライヴは楽しかったけど、2日目のほうが断然よかったなあと涼個人としては思ってます。FURUTONの調子が悪かったのか、もしくは機材の調子が悪かったのか、時々ドラムが引っかかってて、HYDEさんが後ろ振り返る場面も多かったし。噂になってるとは思いますが(笑)、アンコールでHYDEさんが脱いで出てきたときも、脱いでステージに立ったときの効果をねらったのかなって感じがして。あくまで印象の話ですが。


8/27  横浜アリーナ2日目

行く前にもいろいろあったんだけど、とりあえずライヴの話。昨日はBブロック(上手の真横最前)の、いちばん前のブロックのいちばん後ろ(背中は柵)で見てます。大阪2日目にも同じ上手真横で、これはほんとえらい場所だったので全っ然期待してなかったんだけど、すごくいい場所だった。真横からセンターマイクが正面に見える位置に陣取ってたんだけど、モニターも見えるし、センターで歌ってても、上手へ来てくれてもよく見える。そういうブロックだからか、人がどんどん押し寄せてきて、気づいたらほとんどライヴハウスぐらいの詰まり具合になってた。それもいい要素だったし、この日のライヴをこの場所で見れて本当によかったと思う。

ライヴはすごくよかったと思います。ちがうのにほとんど最終日ノリだった。こんだけライヴ行ってれば、HYDEの表情見ればいいライヴかどうかはわかるんだけど(笑)、久しぶりに「楽しいね」って言葉も聞いたし、最後のUNEXPECTEDもすごかった。ギターを叩きつけるのはやるにしても、まさかハットを引き倒すとは。ライヴのあまりの激しさに耐えかねたのか、セットが壊れたり。上手の端の柱が、中ほどからぽっきりと折れてた。たぶんMIDNIGHT CELEBRATIONのときだと思う。はけてくHYDEさんも、そのあたりが出入り口なので戸惑いぎみ(笑)それで回線がやられてないか見てるのか、アンコール前のチェックがすごく念入りだった。全部のマイクテストしたりして。

入場してブロックに着いたときに、ASIALIVEの東京ドームで見たような、会場の端から端まで渡してあるロープを移動していくカメラがあるのを発見し、「ああこれは放送かDVDだな」と確信。結局DVDでしたね。正直、上手の側面を上下に移動してるカメラさんはかなりの勢いで邪魔だったけど。終演後、客を撮ってたそのカメラにピースサインを送ったことは内緒の方向で(笑)

このライヴがDVDに残るってのは、よかったなあと終わったいまは思う。いいライヴだったし。ちょっとDVD用だなと思うシーンもあったけど(笑)だって前日は関西弁でしゃべってたのに、突然「思い出せないけど」とか言うんですよ。昨日は「思い出されへん」て言うてたやん!みたいな(笑)

まあ、そんな感じです。いろいろと考えていたこともあったのだけど、このライヴをDVDで見るんじゃなくて、実際行って参加できてよかったと思えた。この日がわたしにとっては最終日だけど、帰りのバスの中で、さみしさはあっても物足りなさは感じなかった。それがすべてかな。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://7thskylight.blog42.fc2.com/tb.php/224-c4dfe427

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。