God only knows

NO L'Arc, NO LIFE!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
名古屋のレポ。前編・後編・MCの三部作(の予定)のうち、前編です。

やれこの歌詞はどうだったとか、あの火はほんとに666のOASISだったかとか(PERFECT MOMENTの項参照)、この言葉の意味は合ってるかとか確認してたら、しょっちゅう頓挫するので進まない…!ようやっと半分までできました。

セットリストは当然のこと、セットや演出についてもかなり細かく触れてしまってるので、自分で見るまで知りたくない人は読まないほうがいいかと。

えーと、ライヴ前の整列とか入場その他については覚え書きに書いてます。

【ステージ】
ステージの位置は北側?(もし南だったらごめんなさい)ホールを縦にじゃなくて、横に使ってるっていうとわかりやすいかな。ステージからアリーナのいちばん後ろまでの距離が短いので、相方いわく、前から2つ目のブロックでも「城ホールのアリーナ47列より全然見える」(笑)

セットの説明がすーごい難しいんですが…。絵で書いちゃえばすぐなんだけど。メモに書いたように、ステージの上に教会の内部が再現されてるような感じで、これがまたよくできてる。真ん中の、マリアとイエス(と他にも何人か)が描かれた祭壇画(ステンドグラスっぽく見える)は、実はモニターに映ってただけなんだけど、全然そうは見えなかった。始まるまで本物かと。上手側の柱の間が出入り口になってるみたいで、HYDEやメンバーはそこから出てきたりはけたりしてた。

ステージの袖部分がないので、ギターとかはステージ上にラックごと置いてある。ライヴハウスのときは、めったにFURUTONが見えなかったんだけど(笑)、高くしてあるのかちゃんと見えるようになってた。それと、これは入ったときからだったか途中からだったかわからないんだけど、ステージの上にかがり火が焚かれてた。

HYDEやHYDEバンドのメンバーが映るモニターは、両サイドに1つずつ。Oブロックは上手側の端から2つ目、前から数えると2つ目のブロックで、ブロックとブロックの間の通路がかなり広く取られてるから物理的な距離は遠く感じるんだけど、肉眼でも結構見えるなあと思った。さすがに細かい表情は見えないし、下手側に行かれると当然見えないけど。


【開演】
ブロックごとの入場に手間がかかるのと、スタッフの手際もあんまりよくなくて、客の入場完了が結構ギリギリだったんじゃないかな。そのせいかどうか、開演は5分ぐらい押し。客電が落ちて、第九が流れ出したらメンバーが出てくる、というのはライヴハウスツアーといっしょ。
ステージ上が暗くて遠いせいであんまりよく見えないんだけど、HYDEさんだけはびっくりするぐらいすぐわかる(笑)ちょっと背を丸めて歩く様子とか、ぽさっとした背格好とか。


【JESUS CHRIST】
イントロに鐘の音が入ってる!と思ってよろこんでたら、雷鳴みたいな音も入ってて、両方やることにしたんだね、と(笑)JESUSはどんどんアレンジがすきな方向へ行くなあ。横浜までにどうなっちゃうんだろう。
イントロが長く感じたけど気のせいかな(曖昧)
HYDEさんは最初客席に背を向けてたんだけど、衣装の背中はどうなってるんだかわからなかった。モニターに映ってもあんまりよく見えなかったので。
アイメイクは濃いめ。そして髪伸びるの早すぎるよ、HYDEさん。振り乱したせいなのか、そういう感じにセットしてあったのか、なんかワイルドな感じ(笑)
そのせいか、♪Ah, God give me~のところで左手を広げたときに、なんかその腕が力強いなあと思って、あとで相方に「たくましかった」って言ったら笑われました。おかしいのか…そうか、たしかに(笑)でもそう思ったんです。
最初の♪JESUS CHRIST は、あれ、きたかな?と思ったんだけど、途中で荒れた声になったので、喉の調子悪いのかなあと思ってたら、後半(特に間奏明けでピアノが入ってくるあたりから)持ち直してすごくいいとこまで行ってた。その後半だけで今日いちばんかな、と思うくらい。
思ったより広い会場向きの曲なのかも。

【SWEET VANILLA】
センターのモニターの上へ。
CDだと最後の♪Believe meだけメロディが変わって終わるけど、途中どこかのBelieve meも変わってた。
そんなことよりもいろいろとポイントはあったんだけど、なにひとつ思い出せない…。どのフレーズのとこだったかは思い出せるのになあ。

【MADE IN HEAVEN】
今度は下手のほうへ走って行くHYDEさん。ライヴハウスとちがってステージが広いから、走る距離が長くて「走った」感が出ただけなんだろうけど、思ったより遠かったから急いだのかと思った(笑)
2番の前にセンターに戻ってくるのがちょっと遅くて、♪闇無き光無し から歌ってた。その前の♪Oh, my brother~のとこがあやしくてすきなのに残念。
ha ha!って言うのがやたらと楽しかったな。
前髪が汗をかいた額に張り付いてるのが見えたんだけど、全体的に乱れて(見え)る髪と、濃いアイメイクのせいで、誰だろうこの人ってちょっと思った。モニター越しってこともあるのかもしれないけど、6月の終わりに見た人とはちがう人みたいだった。

【MC1】
「今日からちょっと大きい会場になるけど」なんて話を。やたら吐息で話してた(笑)

【DOLLY】
たぶんこのあたりから、真ん中の祭壇画が、青基調のステンドグラス画に変わった。それで、これってただの絵じゃなかったんだなと気づく。
HYDEさんは上手へ。KAZさんのマイクを、自分でちょっとだけ下げてた。
やたらと髪をかき上げてた印象が。
マイクスタンドのマイクを両手で握って歌うのは、ソロではめずらしいんじゃないかな。意外だった。いままであんまりやってなかったと思うんだけど。
というか…手が空いてることが多い=ギターが少ないってこと?(笑)
この日は♪Accelerated で中指。

【SEASON’S CALL】
もうね、岡山で聴いたこれはなんだったのかと思うほど、すーごい声出てた。大丈夫かと思うくらい伸びる伸びる。かぱっと大きく開いた口を見て、ああこの人って口が(顔のサイズに対して)結構大きいんだったと思い出す(笑)
中でもラストの♪Because I always~がすんごいよかった。
いつもとちがうところで喉元に手をやってた。
♪How many~で動かしてる右手が、たまたまなんだろうけど不自然なくらい機敏というかリズミカルだったときが。おんなじところかな、脚でリズムを取ってるから、それに合わせてギターが揺れててなんかかわいらしかった。
この曲の広がりを存分に感じるには、このくらいのキャパの会場なんだなあと思った。声の響き方が全然ちがう。そういえばPVがロケだったのも納得。
うーんまあアリーナだとこんなものなのかもしれないけど、やっぱりちょっと楽器の音が気になるので、全体で言うなら豊橋がいちばんよかったけど、HYDEだけなら名古屋。って、どっちも愛知だ(笑)

【EVERGREEN】
最初のギターと歌だけのところはすごいよかったのに、そのあとが、うーん。これは場所が悪いのかもしれない。
だけど歌も、来るかな来るかな……来ない、みたいな感じで。すごくいいんだけど、それだけっていうか。普通のヴォーカリストだったらこれで十分すぎる状態だと思うけど、この人の場合それ以上のところへ行けるってことを知ってるから、ついその先を求めてしまう。ほんと、よかったんですけどね。
どの位置のそれだったかまで覚えてないけど、♪You’ve always been~の「dear」でちょっとだけ舌出してたから何事かと思った。そんな雰囲気じゃないし、なにか間違えたとかだったのかなあ。

【MC2】
ホールツアーの初日に際して、自分のライヴ体験のお話を。そのときすごい遠くて、モトリー・クルーとか「小さっと思った」らしく、今回は(ステージや客席の配置を)横にしてみたんだそうで。端っこのブロックに向かって、
「遠い…とか思うなよ!」
命令系(笑)

【I CAN FEEL】
♪the soup of the soulのsoulとか、それこそEVERGREENの♪Without youのwithoutだとか、どこだったかは覚えてるんだけど、そこでなにがあったのかをちっとも思い出せない…。
最後の、いつもJINちゃんに気を取られてしまうところ。JINちゃんの存在すら意識から抜けるくらい、HYDEの歌が伸びててきれいだったのに、HIROKIの♪the truth is mineのコーラスで、おおっとそうだった、と思って(笑)急激に現実に引き戻されてびっくりした。HIROKIが悪いってことじゃなくて、もうちょっとコーラスの音量下げたらどうだろう。CDぐらいのバランスだったら違和感ないと思うんだけど。

【MASQUERADE】
誰も煽ってこなかったけど、客からちゃんと「BLESS」が起こってた。
いつもあんまり印象ない気がするけど、うん、よかったと思う。
というか、全体的にこの日のライヴははずれがない。

【IT’S SAD】
♪執行人が不在 のところで、一瞬で首をかき切る仕草。こういうのって不謹慎なんだろうけど、カッコよすぎ。
♪Once more の前でなにかいつもとちがうことがあった気がするけど、これも思い出せない。

【PERFECT MOMENT】
ステージの上に、666の武道館のOASISとかのときみたいな火が灯される。そういえばOASISやんないかなあ(笑)DVDでもそればっかり見ちゃうくらいすきなんだけど。照明は上から照らしてて、そのまま動かなくていいのに、スポットライトがステージの上をぐるぐる回ってる感じ。うーんそう来たか。
岡山で気になってたギターはやっぱりHYDEだった(手元がモニターに映ったので見えた)。そのギターを爪弾く手がすんごいカッコよかった。ラルクでも、hydeのギター弾いてる手元がアップになることなんてなかなかないよね。
歌はあんまりメロディも変えず、いつもどおりかな。


>>後編を読む。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://7thskylight.blog42.fc2.com/tb.php/213-481e4e43

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。