God only knows

NO L'Arc, NO LIFE!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ラブログさん見ると、仙台へ行かれる方が多いようで。そんな中、1ヵ月以上前のライヴレポというのはどうかと思いますが、よろしかったらお付き合い下さい。いつもどおり、前編・後編・MCにわけてお送りします。今回はちょっと短めですが。むしろ普通?(笑)

さて、米子。HYDEさんも言ってましたが、米子といえば妖怪ということで、水木しげるロードに行く時間はなかったんですが、米子駅の0番線ホームでは相方と2人大興奮。すーごいテンション下がってたはずの相方が、階段の途中で走り出してましたからね(笑)

ホームには鬼太郎やねずみ男がいて、観光地によく置いてある、顔を入れて写真を撮るパネル(ねずみ男と喜太郎の顔が空いてる)があったり。駅名表示も妖怪たちが描かれてて、停まってる電車も鬼太郎列車。楽しい駅でした。

【開演前】
入った瞬間、「え、待って待って。まだ後ろに半分ぐらいいたのに、この詰まりようってどうなの」と不安になるような人の入り。涼が行った中で、たぶんいちばん狭い会場だったんじゃないかな?とにかくステージが狭い=客席の横幅がない。なのに客席の両サイドにスタッフ用なのか避難用なのか、人が2人並べるくらいの通路が整列用の柵で作られてて、もうそれが邪魔で邪魔で。いつも以上に狭くて無理な状況にもかかわらず、いつものHYDEのライヴ同様、開演前から押す人はいるわけで、ずーっと柵に押し付けられててつらかった。呼吸できるようにしておくだけで精一杯。普通だとライヴが始まったら、前に行きたい人を送り出せばわりと楽に見られるのに、送り出すこともできない狭さ。スタッフが前に詰めろとか言うから後ろを見たら、もう詰まってて無理だろうって状況なのに、まだ入れようとしてるよ…。前に立ってるスタッフは「押すな」とか言ってるし、いったいどうしろっていうんだ、って感じでした。まあいつもどおりっちゃいつもどおりですけどね。

【開演】
19:00になると、スモークがたかれ始める。そろそろかなあと思ってると、金色っぽい短髪のスタッフ(いつもハーフパンツはいてる人)が、ステージからレーザーポインタでPAに指示を出してSE。
メンバーはJINちゃんから順に。HYDEはラストのKAZさんの前だったかな?相変わらずぽさっとしてて小さい。
HYDEさんはディストグッズの黒いバンダナを、鼻を覆うくらいの位置につけてた。
(1ヵ月前の豊橋に比べて)髪切った?色も明るくなってたような気が。えらくさわやかな感じ。というか顔がさらに小さくなってないかな。鼻筋も異様に通って見えた(とメモに書いてある)。腕もますます細くなってて、相方にあとで「私ぐらいじゃない?」と言ったら、「筋肉あるしそこまで細くはない」と言われました。ですよねー。どうせ貧弱な腕だよ…!


【FIRST SONG】
最初っからモニタの上。普通にステージに立ってられると、顔がかろうじて見えるくらいなんだけど、モニタに上がってくれるとギターの手元ぐらいまでは見えるから、ステージ低いのわかってたのかなとか調子のいいことを思ってしまった。
髪で隠れてるのと、バンダナしてるのとで、全然表情がわからない。

【MADE IN HEAVEN】
え、ここ?まだJESUSもやってないのに!と、いままでと違うセットリストに戸惑う。いつもの場所とちがうから、ちょっと自分が盛り上がりきれてなかった。メモには「最後のセクションに入れといてほしかった」とまで書いてるけど、要するに慣れてなくて違和感があっただけだと思う。
歌に入る前に、バンダナを器用に手も使わずに下ろしてた。
HYDEさんがJINちゃんになにか言ってた(らしい)。

【JESUS CHRIST】
豊橋で聴いた鐘の音は空耳じゃなかった!この日はイントロに入ってもまだ鐘の音が鳴ってた。これが詞に出てくるイエスとか祈りだとかと相まって、宗教色を強めて、いい相乗効果を生んでる。
1番をかなり歪ませて歌ってたけど、2番は結構丁寧に声出してた。この曲に関して言えば後者のほうがすきだな。歪ませてても♪not everはきれいなんだけど。
HYDEさんが、白熱灯っぽい色のライトで下から照らされてて、すーごいきれいな顔が浮かび上がってた。

【WORDS OF LOVE】
KAZさんのマイクが、豊橋と同じのに付け替えられる。
♪INSIDE MY HEADでこめかみを指すときに、ちょっと髪をよけたからようやく表情がわかるように。アイメイク濃いめ。鼻筋通りすぎ。なに人?(メモより抜粋)

【MC1】
米子は水木しげるの地元ということで、妖怪トーク。「出たな妖怪ー!」
そして素で、「島根ー!」とあおるハイディ。(注・米子は鳥取県です)

【DOLLY】
HYDEさんは上手、KAZさんはセンターへ。曲の途中なのに、KAZさんが上手のスタッフになにか言ってた。
♪I do it for loveのloveをちょっと下げて歌ってた。1番だけ。新しいなあ。2番のときには、ふいっと顔を背けるようなしぐさ。
間奏でセンターのモニタの上に乗ったHYDEさん、両手で髪をくしゃくしゃやってた。

【I CAN FEEL】
♪blissで眉尻下げて切なげな顔。よほど見たかったのか、メモには「出た!」とまで書いてある(笑)
JINちゃんはいつもどおりの迫力。

【SEASON’S CALL】
HYDEさん、FURUTONの方見て入りを合わせてた。
うーんやっぱりバランスが…。気のせい気のせいと思おうとしてきたけど、豊橋を聴いちゃってるから気になってしまう。できるんだったらさあ、ってところで。ライヴハウスのライヴの場合、やっぱり会場に左右される部分が大きいんでしょうね。よくも悪くも。
一言一言はっきり言うような歌い方してた。

【MC2】
客に言われて、ここは鳥取だと気づいたHYDEさん。かなりの間抜け面。ある意味おいしい(笑)
「米子って言っときゃよかった」
っていたずらっぽく笑ってた。

【SWEET VANILLA】

【IT’S SAD】
ここで?と思って怪訝な顔をしちゃったけど、IT’S SAD自体はこのあたりでおかしくないか。SWEET VANILLAがかなり後へ回されてたから、変な感じがしたのかも。
♪執行人が不在~の「不在」で、いまとなってはよくわからないんだけど(笑)、右手をサッと左へ持っていったしぐさがカッコよかったらしい。
一旦静かになるところで、両手広げてた様子が、なんか悪そうだなあと思った。表情のせい?そのあと少し下がって、肩で息してた。あんまりそういうことないのに、めずらしい。


>>後編を読む。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://7thskylight.blog42.fc2.com/tb.php/195-6dd6777a

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。