God only knows

NO L'Arc, NO LIFE!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
コントレックスのピンクのフタを見ると、無条件にantzを思い出します。どうして彼だけコントレックスなんでしょうね。よく効能を知らないんだけど、もしやそれで痩せた?yukihiroさんの食生活との相乗効果で(そこは譲らない)。

さて、今年も上半期の直木賞の受賞者が決まりましたね。芥川賞ほどではないとはいえ、最近あまり興味のなかった直木賞。最後の受賞者の記憶が江國香織で、調べてみたら3年前のことでびっくりした(笑)でも『空中ブランコ』(2年前)までは受賞したのは知ってるな。『容疑者Xの献身』も、取ってたとは知らなかったけど、本屋に大量に積んであったのを覚えてる。

という感じで、『趣味・読書』を返上して久しいのに(現在はほぼ『趣味・ラルク』)、話題にしたのは他でもなく、受賞者がわりかし親しみやすい人たち(笑)だったから。

といっても、どっちもちゃんと読んだことはないという、エセ文学少女なんですけどね(笑)はっ、もう少女じゃないのか。成人したらなんになるんだろう?少年は青年になるけど、少女は…?まあいいや。というわけで、ファンの方は気分を害すかもしれないのでここで回れ右を。けなしてるとかいうことじゃないけど、好き勝手は言ってるので。

三浦しをんはエッセイが面白いという噂を聞いて、読みたいと思いながらもう半年以上経ってるなあ。ほんとこの人は面白い人で、だいぶ前にL magazineかなにかで読んだんだったかな?なんかちょっと微妙な特集のときで。短いインタビューだったんだけど、それだけで妄想たくましい文学少女がそのまま大人になったような感じを受けた(笑)

しばらく忘れてたけど、思い出したらなんだか読みたくなってきた。単行本を買うのは抵抗があるんだけど(高いしかさばる)、文庫も出てる模様。テストでそれどころじゃ全然ないけど読みたい…!買って電車で読むことにしようかなあ。はたして電車の中だけでやめられるかが問題だ。

そしてもう1人、森絵都。どのぐらいの年代までなのか知らないけど、この名前を聞くと中学生の頃とか思い出す元・文学少女の人って結構いるんじゃないのかな?涼が住んでた田舎の中学では、本読む子はだいたい読んでた気がする。『DIVE!!』とか『カラフル』とか、すぐ名前が出てくるもの。読んだことないのに。

……ん?読んだことはないけど、模試に出たことあったかも。あったあった!絶対そうだ!(笑)でもあれ高校のときかな…うーんそこまで覚えてないけど。うわーどんな問題出たんだっけ。ちょっと考えれば思い出せそうなんだけど、すぐには無理らしい。模試に出たことで存在を思い出して、本屋で立ち読みしたところまでは覚えてるな(笑)最終的にはまともに読んでないと思う。


という話をしていたらますます、なんでもいいから本が読みたくなってきてしまった。中学の頃は、テスト週間になるとよく『本を読まない!』と書いた張り紙を部屋に貼ってたなあ。でも、そうやって貼ってるという事実に酔ってただけだと思う(笑)高校に入ってからは、本を読んでも点を取る方法を身につけたので読んでましたね。それも途中から、受験だなんだと先生が騒ぎ始める頃ぐらいにはラルクに浸かっていて、それまでほどは読まなくなったけど。

テストになると逃避行動なのか、それまでそうでもなかったのに、いろんなことがしたくなるのはいくつになってもいっしょですね。本読みたい、映画見たい、掃除したい、パン焼きたい。

今週末は相方と遅ればせながらのASIALIVE鑑賞会を決行する予定だったんですが、お互いテストがやばいということで取りやめに。でもそろそろ遠征の切符手配はしないといけないので、明日はごはん食べてガッツリじゃべってきます。例のカフェの相談が最優先事項だと思われ…。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://7thskylight.blog42.fc2.com/tb.php/184-cbc71d29

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。