God only knows

NO L'Arc, NO LIFE!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
HYDE岡山レポ後編。前編はコチラからどうぞ。

前編のメモが3ページだったのに対し、曲数はさほど変わらないのに後編は5ページもあったのでちょっと手間取りました。しかもそのうち1ページはまるまるPERFECT MOMENT(笑)

ラルクさんの最新情報についてはまたあとで書くことにして、とりあえずはレポをご賞味あれ。

【PERFECT MOMENT】
イントロ前のセッションのときの、ギターのアルペジオがすーごいキレイで好みだったんだけど、あれ弾いてたのってHYDEさん?KAZさん?HYDEっぽいセンスだなあと思ったけど、なにせ手元が見えないので…。
この日はそれほどメロディ変わってる感じはなかったけど(むしろ忠実だった)、フレーズの1つ1つを長めにとってた。その伸び方がほんとに無理がなくて、かつきれいで、言い過ぎだろうけどSEASON’S CALLがああだったのはこのためかと思うくらいだった。
途中の、言葉になってないハミングみたいな歌が、もともとの曲のメロディより高いキー出ててステキすぎ。何者?いや、HYDEに決まってるんだけど(笑)
照明は下手側の上から斜めにコバルトブルーのライトが。それがサビあたりで消えて、上手から地面と平行に伸びていってる白熱灯っぽい色(蛍光灯の強い白じゃなく、少し黄みがかった色ってこと)のライトがHYDEさんの横顔に当たってて。HYDEさんに当たってるライトがほとんどそれだけで、ちょうど髪を左耳にかけてたときだったから、あらわになった左の横顔がきれいに照らし出されてた。それを見て、これだよ!と(笑)照明さんわかってらっしゃる。顔小さい、っていうか線が細いよー。この日はそれほど「濃い」って思うようなメイクはしてなかったんだけど、メイクとかなんとか関係ない。素の美しさが浮かび上がってた。
歌もすんごいよかったし、それに照明も相まって雰囲気を作り出してて、やっぱEVERGREENは撤回、この曲がベストと断定。ほんとよかった。曲が終わると、明確に拍手が起こってた。控えめにとか、ちらほらとかじゃなく、はっきり。それくらいすばらしかった。

【FAITH】
♪(Worshipping)an image がやたらとカッコよかった。
米子はアンコール1発目のMISSIONから声出てるなあと思ったけど、この日はPERFECT MOMENTからだったらしい。次のFAITHもすーごいよくなってた。FAITHだけで言うなら今まででいちばんよかったかも。
この曲、CDではギターのフレーズで終わるけど、ライヴでは歌が終わるとわりとあっさりギターも終わるから、HYDEさんのたっぷり余韻持たせた「calm」が生きる。
PERFECT MOMENTに続いてこの曲も、終わると自然と拍手が。この曲で拍手が起きてるのなんて初めて見たよ。

【MC3】
この日はカードでFURUTONに決定。すばらしくいい声で、流れるように話すから、スピーチ聴いてるみたいだった(笑)
39公演目だからサンキュー。「これシャレじゃないよ?通常会話だから」

【Lucy in the Sky with Diamonds】
いままであまりにもLucyの日に当たらなかったから、まさか2日連続でやると思わなくて意外だった。
HYDEさん、髪の陰になってるのに、鋭い眼光だけのぞくから妖しいよ。
2回目にして楽しさがわかってきた感じ。1回目はとりあえずなんか危ないとか、そういう感想だったから(笑)

【HELLO】
曲に入る頃、樋口さんがHIROKIのマイク位置ををすっと下げてた。HYDEさんが来る前(どころかその素振りを見せる前)に。
いつものようにイントロで、モニターの上から華麗にジャンプ。
客に歌わせといて満足げにしてることよくあるけど、この日は目じり下げてやさしげな表情したりしてた。なんなんだ今日は…!(笑)おいしいよ岡山。
でもそうしてたかと思えば、悪そうな笑い方でこっち見てたり。にこにこしたりニヤニヤしたり、すこぶる機嫌よさそうだった。もうここからずっと、最後までそんな感じ。

【HIDEAWAY】
HELLOのあとすぐ♪Come on and~って入ってた。
♪Dig in and~のところから歌おうと構えてるのに、♪取り戻せ~ から振りたいらしくマイクから離れるから、なんかタイミングを失う(笑)
モニターの上で、不敵な笑みを浮かべながらうなずくHYDE氏。
最近長めに♪It’s time~ の掛け合いをやるからそれに慣れてたのに、この日は普通に短い、CDと同じ尺のバージョン。盛り上がってなかったわけじゃないと思うんだけど…な。でもそれほど物足りない感じがしたわけでもないので、その雰囲気を読んでってことだったのかな。と、都合よく解釈しておこう。

【MIDNIGHT CELEBRATION】
なんか久しぶりにこの位置でこの曲を聴いた。えー、この盛り上がりで最後はUNEXPECTED?まあでも始まってからセットリスト決めてるわけでもないし…といろいろ複雑な気持ちになりつつ(笑)
曲に入る前に樋口さんがHYDEのマイクを取り替えてた。米子でも見たけどこれってなんでなんだろう?
最初の♪I know~ のところ、モニターの上でバッと両手広げて叫ぶように口パク。髪に両手うずめてくしゃくしゃするのは、最近の定番の動きなのかしら。
後半、ギターを外してマイクもぎ取って歌うの、何度も見すぎて予定調和感が否めなくなってきてたんだけど、この日のHYDEさんはカッコよかったから、まあいっかと思った(笑)
フレーズごとに、マイク持ってる右手を突き出すのがすーごいカッコよくて。卒倒しそうなほど。……しないけど。
いつはけたのか見えなかった。

【MC4】
これMCっていうよりは煽りですね。アンコールで出てきたときの。
「いい声聴かせてくれる?」

【MISSION】
イントロの途中からモニターの上に乗ってたけど、米子みたいにカッコよくなくて、なぜかあほっぽい顔してた。新しい(笑)舌出してみたり。
♪Come and~ は客席見ながら口パク。やっぱり最初のがいちばんそろって、きれいに聴こえる。
1番と2番の間(Music’s breaking downに入る直前)が、ほとんどドラムだけになるのは、ミスでもなんでもなくて(笑)アレンジだったらしい。こっちのほうがいいと思う。テンションが持続するというか。長いツアーの中で、こうやって曲にもアレンジが加えられていくのはすごく面白い。それもツアーの醍醐味なんだな。

【COUNTDOWN】
英語のカウントダウンになじめない。というかついていけない…(笑)前日は、H「サーティーン!」 客「サーティーン!」ってリピートするのだったから、そうすればよかったんだろうけど、客の側は、リピートすればいいのか、それともHYDEといっしょに言えばいいのか(日本語のときはそうだったから)わからなくて戸惑ってたんじゃないかな。しかもリピートするならするで、何拍置いてリピートすればいいのかわかりやすいリズムでやってほしい。HYDEさんのリズム感って独特だからわかりにくいんだよ(笑)
2番のサビ、♪もう…果てまーでー って歌っててちょっと笑った。これは歌詞を間違えたことに対して、「やーい」って指差してるわけではなくて(笑)、歌詞なんか飛んじゃうくらい盛り上がってるのかな、と思うからちょっとうれしいんですよ。普段(このツアーでは)あまり間違えることのない人だから。

【MASQUERADE】
昨日はやってなかった「BLESS」を煽ってた。
KAZさん前へ出てきても笑わない。というか前日が笑いすぎだった?(笑)御大の方はある意味ずーっと笑ってますが。不敵に。
いつもメロディを変えてる♪Just who is fake~ のとこ、あんまり変えてなかったな。この日は全体的にそうだったのかもしれない。わりと曲に忠実に。
それにしてもカッコよかった(と、メモに書いてある/笑)

【MC5】
明後日の広島でライヴハウスツアーが終わることを受けて、各地でのライヴを振り返る。電源が落ちたとか、MIDNIGHT CELEBRATIONを3回歌ったこととか。久しぶりに「あほか!」が出た(笑)
「みんなで歌おうか」

【UNEXPECTED】
ちょっと久しぶりのUNEXPECTEDだったのもあって、感動してしまった。ただ立ち尽くすしかできなかった。
「歌おうか」って言ったあと、ほんとうにさりげなく曲へ入っていくこと。歌うという行為がHYDEさんにとってどれだけ自然なことなのかがわかる。
♪Unexpected~ ってみんなで歌ってるときに、近くからものすごい発音のいいunexpectedが聴こえてきてびっくりした。それこそHYDEよりきれいな発音。ネイティブかよ、ってくらいの。何度も聴いてきたけど、こんな発音のいい人は初めて。
最初の穏やかなところと、突然激しくなる部分とのギャップを、いままででいちばん感じたかもしれない。それだけ最初の穏やかさが際立ってたというか。激しいところも長かった。たぶん聴いた中ではいちばん。髪を振り乱してギター弾いてるHYDEさんなんか、背伸びして見てるのに度々見失うし。ちょっと長すぎて集中力が持たないっていうところもあるけど(笑)、鬼気迫る演奏でした。
HYDEさんはいつものように、投げチューを残して退場。


【終演】
拍手をしたりアンコールと言ってみたりしつつも、そろそろ帰ろうかという人々に混じり、会場を出ようとしたところ、前方がなにか盛り上がっている。なんだろうと思って見てみると、上半身裸の樋口さん(笑)や他のスタッフが、ステージからペットボトルを投げてた。なに?新しいパフォーマンス??ライヴ中さんざん惑わされた経緯があるので、それには加わらずささっと帰りましたけどね(笑)
建物を出てみれば雨がひどくなってる…!どしゃ降りではないけど、細かい雨が。会場があまりにも暑かったために、どっちみち上も下も濡れてたから、来たときほど気にはならなかったけど。駅ですぐ着替えたんだけど、しっかり風邪をひきました。みなさんも、雨の日のライヴの際にはお気をつけをば。


>>MCレポを読む。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://7thskylight.blog42.fc2.com/tb.php/174-3b7a1a12

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。