God only knows

NO L'Arc, NO LIFE!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
HYDEさんの箱ツアーがついに終わりましたね。あーあ、今日がライヴだったら学校休んででも行ったのにな。誕生日ライヴだから行きたかったのに、と新潟で少し話した子が言っていたのを思い出す。別におめでとうって言ってもらえるわけじゃなくても、365日のうち1日しかない特別な日に、ライヴを観に行けるってことだけでその「特別感」が増すんだよね。きっと。

さて、その箱ツアーでも振り返ってみようかな。
涼が参戦したのは、チッタ2日目、新潟、富山、金沢、豊橋、米子、岡山。
この中でベストアクトを選ぶとするならば………うーん難しい(笑)HYDEさんが自分でライヴ中に「いい」って言ってたのは金沢だし、なんかこわいくらいだよ、と思ったのは新潟だし、いちばん音がよかったのは豊橋で、無防備に笑ってたのはチッタ、なんか悪そうに(言い換えれば楽しそうに)笑ってたのは岡山。岡山はあとで「よかった」って言ってたらしいし。

それだけあの人がいろんな種類の魅力を持ち合わせていて、それをライヴという短い時間に、うまく昇華できるってことなんだろうな。だから、1つとして「同じ」と感じるライヴがない。だから、1つのツアーに何度だって行きたくなる。

ライヴに行ってそう感じたことのない人にこれを説明するのは、本当に難しい。言葉じゃないから。いちばん簡単なのは、行って実際見ることだと思う。たしか昨年のAWAKE名古屋2日目で、後ろの席だった子が、「もうほんと、チケット代出すから見てほしい」って言ってたけど、まったくそのとおり。見ればわかるよ。

ディストのFAの日記に、SHALLOW SLEEPをやった日、スタッフでも泣いてる人がいたって書いてあった。加えて、HYDEのライヴではスタッフにも泣く人が多い、とも。スタッフなんか身内みたいなものなのに、それでも涙を流すほど心が動かされるような、ライヴをやってるってこと。HYDEがすごいってことももちろんだけど、いいスタッフに恵まれてるんだなと思った。


今日、就職ガイダンスで自己分析シートを書きながら、なにを言われても「ラルク」としか言いようがない自分に気づいて、どうしていいかわからなくなりました(笑)自分の価値観を知りましょう。あなたにとっていちばん大事なのはなんですか?なにに興味がありますか?なにができますか?

講師の人が自分がバンドをやってたことを引き合いに出してくるから、余計に発想がそっちへ向かっちゃう。信頼してたドラマーがやめちゃって…とか。ベースとドラムのリズム隊は夫婦みたいなもので、それがバラバラじゃギターも乗せられない、なんて話をし出すんですよ。きっとここらの大学に来てるのはみんなこの人なんじゃないかと思うけど(笑)まあこの話はまたいつか折を見て。

そして学校から帰って来て熱を測ったら38℃越えでした。もちろんいまも(早く寝ましょう)。ほんとは今日、レポートの追い込みをして、明日からはライヴレポに取り掛かれる予定だったのに…!レポートすら終わるかわからないし、はたして明日学校に行けるのかも…。それもこれもあの岡山のスタッフのせいだよ、きっと。あの日ライヴへ行ってた方、風邪ひいてませんかー?

……そろそろ寝ます。平熱が高いので38℃ぐらいだと勉強もできるんですけど、今日は久しぶりだからちょっとしんどい。子ども用の熱冷まシ○トがおでこからはみ出ます。でこ小さすぎるよ自分。

エントリーシートの見本にて。
「就活以外の関心事」
えーと、とりあえずラルクが年内に活動をするかってことかな?(爆)












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://7thskylight.blog42.fc2.com/tb.php/171-5f693531

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。