God only knows

NO L'Arc, NO LIFE!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
熊谷のレポに挟まれて浮くのは容易に想像できますが…まあ自業自得なので、遅ればせながら金沢レポです。

いままでここのレポを見てくださってる人は、ちょっとばかりがっかりするかもしれない(笑)衝撃的なくらいセットリストを覚えてないので…。自分の記憶の中でも信頼性が高そうなものだけ、わかる範囲で書いてます。

短いから1つにしちゃえ、と思ったけど、そうするにはちょっと長かったな。そんな感じの金沢レポです。ちなみにMCはこちら

【開演前】
この日の整理番号は120番台。初acidだということばかり考えてて、AZホールのキャパだとかなんだとかあんまり調べずに行ったので、中へ入った瞬間、「うわ、狭っ」。実は行くまでものすごく怯えていて(笑)、「どうしよう、ダイバーの人とかいっぱいいるんだよね?すごく圧縮されて死にそうでも、『出たい人ー?』とかって救出したりしてもらえないんだよね?水も回ってこなけりゃ、前でスタッフが扇いだりもしてくれないんだよね?」とか思って、もう今日は後ろで見よう、と心に決めていたのです。しかし入ってみると、真ん中は詰まってるけど、両サイドが結構空いてる。そんなつもり全然なかったのに、「ただそこに穴があったから入った」くらいの調子で、相方と2人引き寄せられるようにantz前へ。あまりにもスピーカーが正面だったので、これはすぐ耳がやられるかもね、もしそうなったら下がろう、と相方と相談。開演までの1時間、暇すぎて(+緊張で)何度も時計を確認してしまう。途中、いま何時?と相方に訊いたら、前列の方が「6時半ですよ」と答えてくださった(笑)ここ見てるわけないけど、その節はどうもでした。

【開演】
開演は19時過ぎかな?最後に時計見たのが19時だったので。流れてたSEが止まって客電が落ち、別のSEが流れ出す。メンバーは上手から。上手そでの奥に赤いドアが2つ並んでて、そこから出てきた。さっき開演前に書き忘れたけど、最初このドア2つとも開けっ放しだったんですよ。見ながら、あれってたぶん楽屋とつながってるよね、見えたりしないかなあ(しません)と思ってたら、スタッフが途中で閉めてった。誰から出てきたとかよく覚えてないけど、yukihiroさんが最後だったかと。

【ring the noise】
yukihiroさんは黒の半そでTシャツで、襟ぐりからなぜか白いポロシャツの襟(に見える)がのぞいてた。…これが噂の(笑)下はなんだっけなあ。ひざがちょろっと出てたような気がするんだけど。両手に指なしの手袋。左手には白と黒のボーダーのリストバンドと、なんかアクセしてたけど記憶が曖昧。
とりあえずyukihiroさんを凝視するばかりで、曲のことはあんまり覚えてない…。あまりにも近いのでとにかくびっくり。開演前に、どうしようすごく小さかったら(失礼千万)とか、緊張しすぎて意味不明なことを散々口走ってたけど、全然そんなふうには思わなかったのは、やっぱりそれもあったと思う。yukihiroさんちょー小顔っ。なにこの生き物!とか思った(笑)開演前に数えたところでは涼がいたのは4列目くらいだったんですが、いままで見たどのyukihiroさんよりも近い!(そりゃそうだ)びっくりと圧倒されたのとで、とにかくぼーっと見てた。

【imagining noises】
最初っからこれをやっちゃうのね、とイントロで思う。初聴きのときから、なんかよくわかんないけどすきっていう曲だったからすごくうれしかった。
イントロでメンバーがジャンプしてたけど、中でもkishiくんがいちばん高くジャンプ。若さ?(笑)
横から見てるせいか、歌うyukihiroさんがあひる口に見えて仕方なかった。そのyukihiroさん、歌いながらタテノリって感じのノリ方なんだけど、なんか不思議な動きだなあと思いながらやっぱり凝視。

【3曲目】
なんの曲だったかまったく思い出せないんだけど(爆)、yukihiroさんがもう汗だくだわ、と思ったことだけ覚えてる。頭振るたびに飛び散る汗が、照明を反射してよく見えた。すごいなー、近いせいかHYDEの汗のかき方とちがう印象を受けるなーと。ヘドバンしてないときはしてないときで、あごからとめどなく滴ってた。
あ、yukihiroさんがギター弾いてた。気がする。

【4~5曲目】
このへんで涼と相方におかしな現象が。別につまらないわけでも眠いわけもないのに、ふっと意識が遠のいて。まだ序盤だし、酸素も足りててひどい状況でもないのに、軟弱すぎじゃない自分、と思ってたら、ライヴ後に相方もそうだったと言い出して。なんか出てたんじゃない?(なにが)とか言ってたけど、なんだったんだろうなあ。そういうわけで、ここも曲がわかりません。

【5曲目】
イントロでtomoさんがカウントしてるように見えたけどどうだろう。yasuoくんのほうに身体向けて。

※ここからは何曲目かすら判断がつかないので、覚えてる曲だけ。

【chill】
これすーごいすきな曲なんですが、めちゃくちゃ楽しかった!おかげで楽しかった、って記憶しか…。いろいろあったんだけど、会場出たら忘れちゃった。

【purification】
白っぽい照明だった気が。
yukihiroさんも目閉じて歌うんだなーと。

【egotistic ideal】
ここから、アンコールも含めたラストまではセットリストどおり。…だと思いたい。
「とべよー!」って言われたんでめちゃくちゃ跳んだ。この曲もchillと並んですきな曲。だけどずっとegoisticだと思ってた(笑)意味的にはどうちがうのかよくわからないんですが。
yukihiroさんが下手へ行っちゃって、見えづらいなあと思ってたら、tomoさんが上手へやってきてantzの横で弾いてた。向かい合って弾いたりもしてて、すーごいカッコよかった!惚れるー(笑)やっぱyukihiroさんが常々、ルックスは大事って言ってるだけはある。

【let’s dance】
「踊れ」とかなんとか言われ、踊りまくり。この曲CDで聴くよりライヴのほうがカッコいい。会場もイントロ聴いただけですごい盛り上がってたし。
yukihiroさんが下手来てくれた!近っ。細っ。薄っ。
yasuoくんのドラムカッコよかったよ。CDのとき、なんだやっぱりyukihiroさんか、なんて言ってごめん(笑)実際見ると、どれだけわけわかんないかがよーくわかります。

【enmity】
最後の曲が云々て言ってたけど、これもディテールが思い出せない…。
曲の途中で照明のライトが全部消えて、ステージの真上にある作り付けっぽい白い正方形の電気だけがつく状態になってびっくりした。yukihiroさんが天井仰いだりするから、電源落ちたのかと。でもそういうことじゃなくて、演出だったらしく。いっしょに客電もつけて点滅させてた。
yukihiroさん、yasuoくんのバスドラのあたりで激しくヘドバン。
そしてこの曲はとにかく長い!終わるかなー、次こそ終わるかなー…、終わらない(笑)
この曲のあとかな?antzがペットボトルを投げてきて、ちょうど目の前の人がキャッチ。惜しい!(笑)

~encore~
MCに書き忘れたから書くと、メンバーが出てくるまでがすごく長くて。本編終わってはけてってから、すぐアンコールって言い始めたのに、ずーっと出てこない。ラルク並みに出てこない(笑)もう終わりなのかな、と思ったくらい。一応掛け声は「アンコール」で統一だったかな?他の言い方してる人いたけど、はっきり言ってなんて言ってるのかわからないし、あんまり意味はなさそうだった。ラルクは(HYDEもだけど)アンコールやるのってほとんど予定調和みたいなものだから、どんだけ長いこと出てこなかろうとそれほど気にならないんだけど、yukihiroさんだとつまんなかったら出てこないかもと思ってこわくて、すごい必死で「アンコール!」(笑)

【amniotic】

【it’s a fine day】
これ、REVELATIONみたいだった(笑)それは当然そうなんだけど、なんていうか、曲の性質が。とりあえず拳突き上げないと、みたいな。

【stoop down】
うーんこの曲かどうかわからないんだけど、antzのギターのフレーズが信じられないぐらいカッコよかった。たぶんそのとき、ほんとに「信じられない!」っていう顔してたと思う(笑)こんな目の前で弾かれたらそりゃあもう…!ステキでした。

最後のキメをやったあと、他のメンバーがはけてく間、yukihiroさんはドラムが載ってる台に手ついてちょっと体重預けながら、上手のほうをどこともなく見てた。それからセンターへ出てきて、モニターの上に上がり、群がる客に向かってなぜか手招き。上手のほうにいた客も後ろのほうにいた客も寄っていくから、急に周りがスカスカになる。終わったのに呼んでどうするんだよ、と思った。というか言ったかもしれない(笑)なんだったんだろうなあ、あれは。

antzが上手のステージの前方ギリギリまで出てきて、手をいっぱいに伸ばしてくれたからさわった!(笑)いまさらながらすごい距離で見てたんだなあと実感。

yukihiroさんは上手へ行き、どうってことない顔でantzのマイクに額をゴツン。……え?笑…っていいんだよね?みたいな(笑)ぶつかったんじゃなくて、明らかに自分でぶつけてた。謎。さらにその場で投げちゅーを2回。おいしいよ、金沢!てっきり投げちゅーはMake On The Holidayで見納めだと思ってたのに。あれで味を占めたのかしら。

そしてまたセンターへ戻ると、両手を広げて声援を受け止め、その手をそのまま身体の前で合わせてお辞儀。はけてくときも、もうほとんど下手のそでに隠れちゃってるのに、身体は向けないで右手だけ伸ばしてバイバイしてた。yukihiroさん…!

最後にはけてったのはantz?メモにすら「antz?」って書いてあって曖昧なんだけど(というのもいま思えば、ステージ上の位置的にはtomoさんがいた場所だったような…)、貴族みたいな優雅な礼をとってはけてって終了。

すると、自然に拍手が起こる。思えばライブハウスで拍手したの初めてのような…。ラルクのときは1曲終わってもしたりするけど、HYDEではしたことない気がする。そんな雰囲気の終わり方じゃないからか。


【覚書】
・yukihiroさん、よく舌出したりしてた。
・たまに両手広げるのもやってた。
・イヤモニのコードがTシャツの外へ出てたんだけど、それが邪魔なのかいじったり。
・アンコールの曲のとき、すごい満足そうに笑ってた。yukihiroさんが歌いながら笑ってる…!と思ってびっくり(笑)
・antzのペットボトルだけ(たぶん)コントレックスのピンクのフタだった。
・後ろの方に、どう見ても2リットルサイズのペットボトルがあったように見えたけど…誰の?
・tomoさんが上手で弾いてたとき、曲の途中なのに右手をシルクハットのつばのあたりまで持ってきて、敬礼じゃないんだけど…なんて言うんだろう?相方に聞いたら、「長さん」だって言えばわかるって言うんだけど、涼にはわからないんですけど(笑)「おいっす」みたいな、そういう手振りをやってくれて。こう書いちゃうとカッコよさもなにもないんだけど(笑)、これが紳士的でほんっとうにカッコよかった。


【総括】
すーごい楽しい「初acidライヴ」でした!楽しい、そして面白いが妥当な表現だと思う。怯えてたわりに(笑)、場所がよかったのか押されて苦しいとかもなかったし、かといって後ろだったわけじゃなくて結構前で見れたし。実際はどこより多いってくらいにダイバーが発生してたらしいですね。全然気づいてなかったけど。

よく見たら、レポにあんまり「yukihiroさんカッコいい」って書いてないような気がするけど(笑)、なんかあんまり…なんだろう。迫力!って感じではなかったというか。カッコよかったんですよ?にらまれたりしなかったからかなあ。たぶんそこだと思います。ちょっと想像してたacidのライヴとちがったので。いや、いつもにらんでるとか思ってるわけじゃないんですけど(笑)でも全然、それが悪かったっていう話ではなくて。こういうライヴも、acid的にアリなんだなっていう。「おまえら勝手にしろ」っていうライヴじゃなくて、いっしょに盛り上がったりできたのかなっていう感じがした。主観ですけど。

正直言うと、もっと恐いものを想像してたので(笑)、楽しいが先行しちゃったのかな。恐さでいえばHYDEの方がよっぽど恐かった(なにで比較してんだ)。帰れとか言われなかったし。

最初にいきなりBIG CATとかで見なくてよかったなあと思った。田舎の小さいハコで見れてよかった。秋田や郡山みたいには(行ってないけど/笑)ならなくても、いいライヴでした。

はじめまして、羅紗と申します。
acidレポ巡りをしててたどり着いたのですが、
前々からラブログさん経由で何度か拝見させて頂いていました。

私もacid金沢参戦してたのですが、記憶ほとんどなかったので
素敵レポにたどり着けて幸せですVv
MCもすごい正確に書いてらっしゃって感動しました!

それでは、短いですが失礼します。
これからもブログ運営がんばってください!

2006.06.17 19:38 URL | 羅紗 #Y4KfA4iM [ 編集 ]

羅紗さん、はじめまして。

金沢、行かれてたんですね。こんなのでよろしかったでしょうか?わたしもあまり覚えていなくて、MCをしっかり書くことでお茶を濁した感がだいぶあるんですが(笑)

でも、そんな言葉をいただけて望外の幸せです。ありがとうございます。そう言っていただけると、次もがんばろうという気持ちになります。

コメントありがとうございました!

2006.06.18 11:01 URL | 涼@管理人 #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://7thskylight.blog42.fc2.com/tb.php/156-73ccb014

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。