God only knows

NO L'Arc, NO LIFE!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
テストやらレポートやらで、ブログにあんまり時間をかけられないので。ほんとは溜まってるレポを消化したいところなんですが。でも明日はゴチャまぜレポをやろうと思います。…寝坊しなければ。

今日はなに書こうかなあと思いながらうとうとしてたら、なんというか支離滅裂な夢を見ました。目の前の英語から逃げたい一心だったのか。

関係ないけど英語の先生は、いつもちがう曲のタイトルを言って、CARESS WHISPERを流してましたね。あの先生はずっとあの曲がCARESS WHISPERだと知らないままなんだろうか。

いまちょっとつづりに自信がなくてググッたら、hydeが歌ったときのレポが出てきて笑いました。こんなだったのかあ(当時見てなくて、のちに総集編で歌ってるとこだけ見た)。おっと話が逸れてるぞ。


それで、夢。
たぶん1時間おきくらいに寝たり起きたり繰り返してたんで、混乱したんだと思うんですけど。時間とか空間とか。

相方とライヴに行った帰りだったんじゃないかと思うんですけど。そのライヴもラルクなのかそれとも誰かのソロなのかわからない(終わってるから)。たぶんいつものように高速バスに乗ってて。荷物抱えて。東京とか、遠いところだったんでしょう。

なぜかその途中、『hydeさんがすきだって言ってた本を探そう』という話になり。よく考えたらライヴの帰りって夜なんですよね。おかしいなあ。一泊したあとだったのか。まあなんにせよそういう話になって。
路線バスでもないのに、途中で降りるという強硬手段を取る二人(笑)。あてがあるとも思えないのに本屋(すげえでかい)にたどり着く。この本屋がまた妙なところで。夢によく出てくるんですよ。現実には行ったことないし、あるとも思えないんですけど。でも確実に同じ本屋。

で、その本を見つけたはいいんですけど、どんなタイトルだったんだろうなあ。すごく装丁がきれいで、かわいかったのは覚えてるんですけど。しかも結構大判だった。もしかしたら絵本の類だったのか。とにかくそんな、普通に売ってる文庫本とかじゃなかったことは確か。

そしてその後なぜか何事もなかったかのようにバスに乗って。でも着いたのが大阪じゃなくて地元(なにを間違えたんだろうか)。なんだかよくわからないけど実家に帰ったら、『あんたよくそんな小さい荷物で帰って来れたねー』と母が。

……小さい荷物?

………わー本しか持ってねえ!

持ってたキャリーはどこへ置いてきたんでしょうか。びっくりして目が覚めておしまい。

なんともわけのわからない夢でした。やっぱりライヴは見れないし。加えて中途半端な出演の仕方のhyde氏。あの本はなんだったのか。すきな本じゃなくて、描いた本か?とか思って、そういや絵本描きたいとか言ってたなあとぼんやり思い出しました。

えーと…それだけです。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://7thskylight.blog42.fc2.com/tb.php/141-607426f9

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。