God only knows

NO L'Arc, NO LIFE!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
なんとか1週間以内に書き終わった!

というわけで、豊橋レポの最後、MCです。もれなく管理人のツッコミ入りですが、ご了承をば。本編レポの前編はコチラ、後編はココに。MCの位置はその本編レポ参照。

毎度のことながら、すべて記憶に拠っていますので、こんな言い回しじゃなかったとか、ここで言ったんじゃないとか言われても対処しかねます。ご自身の判断でお読みください。

ちょっと時間がないので総括は省いてMCだけ。総括はまたのちほど。なのに文字数が12,381(半角じゃないよ)とかありえないことになっている…!
【MC1】
曲が終わったあと、樋口さんとえらい長いことしゃべってた。それからマイクに向かい、
「豊橋ー」
イエー!のコール&レスポンス。豊橋だから豊橋、って言ってるの当たり前なんだけど、最初なに言ってんだろうと謎だった(笑)普通に考えたら、地名を叫ぶことって普段の生活でまずないし。
「おとなしいかと思ったけど」
客席から、『なんでー?』
「いや、最初おとなしかったから」
なんでもないことのように、あきれたというよりはぼそっと言うような口調。
「でも大丈夫だな。俺がリードしてやっから。とりあえず、羞恥心を捨てて。隣の人が変な動きしても笑うなよ。自分が変な動きしてたら…」
ここでちょっと間。
「――俺が愛してやるから」
カッコいいね!(笑)頼もしいね、が正解か。客は悲鳴にも似た声を返す。そりゃあ愛してもらいたいよね(笑)
「楽園へ連れてってくれよー!」
客がいつもどおりレスポンスをしてると、HYDEさん突然、キーを上げて高い声で、
「イエー!」
なに?声マネ??(笑)そして何事もなかったかのように。
「楽園へ行こうぜー。じゃあ次、DOLLYって曲」

【MC2】
『はいどー!』と呼ばれ、マイクも通さずに「はい」と返事を。それが聞こえるからびっくり。どんだけ狭いんだ会場。おそらく初めて、マイクもなにも通さない生声を聞いたけど、別に変わらずいい声でしたよ(笑)
涼のおばあさま(最近出てこないから言うと、涼がなにを言ったわけでもないのにHYDEを妖精と呼んだ伝説の人)がかつて、「hydeって歌ってるときはあんな声なのに、しゃべると声がちがうから、はあって思うのよ」と言ってたけど、まさにそのしゃべるときの声。あの声は(もちろん歌う声は言うまでもなく)ちょっとした武器だと思う。人に敵意を持たせない。
『豊橋どう?』
「あー?」
ご丁寧に首まで傾げてみせる。
『豊橋好きー?』
またもや微妙な反応をするHYDEさん。そんなにおとなしかったかなあ。うそでもいいって言ってあげてよ、地元のファンのために!とちょっと思った(笑)
『豊橋は何県?』
前の2つの質問の回答がこれじゃ、訊きたくなる気持ちもちょっと、いやすごくわかるんだけど、あまりにも失礼な質問なので機嫌を損ねるんじゃないかとヒヤヒヤした。でもすぐに、
「あいち」
って答えられたのでひとまず安心。調子に乗った客は、
『愛知好きー?』
と訊き始める。また首を傾げるも、それで思い出したらしく、
「前来たときさあ」
ギターに添えた手元を見たりしながら。
「愛・地球博行ったんだけど」
『暑かったー?』
たぶん言った子は昨年そう言ってたことを思い出したんでしょう。
「暑かった。もうなんでこんなとこ来たんだろう、みたいな感じで」
ディテールは曖昧だけど、こんなようなことを言ってた。
『マンモスは?』
詳しいなあみんな。マンモス楽しみにしてたのも知ってるんだね(笑)
「マンモスも見たけどさあ、こんなんなの?みたいな感じで」
小さいとは言ってなかったと思う。でもすーごいがっかりしたような、ふてくされたような声で言ってた。
「帰りにさ、タクシー乗ろうとして、20分か30分歩かされて。灼熱の太陽の下を」
時間は言ってたような言ってなかったような…。でも、長く歩いたみたいなこと言うけど大した距離じゃないとかいうオチじゃ、と想像してたのに、それは長いわと思った記憶があるので、具体的に分数を言ったか、もしくは想像できるようなことを言ったんじゃないかと。
「豊橋はさ、名物とかないの?」
ここからは名物MCのセクションへ。金沢では結構迷走した客の返答が、面白いくらいそろう。
『ちくわー!』
たしかに豊橋の駅で、これ見よがしに売ってた。ところがHYDEさん、
「俺、あんまり練り物得意じゃないんだよね」
の一言で一蹴。うわー。
「おっぱいまんじゅうってさ、豊橋じゃないの?」
客席からかなりの勢いで、
『あんじょー!』
との答えが。でも聞き取れなかったらしく、
「え?」
『あんじょー!』
再び言うものの、HYDEさんわかったのかどうか。豊橋じゃないことはわかったんだろうけど。聞いたとき、あ、名古屋から豊橋へ向かう電車で通った「安城」かな?と思ったのだけど、どうやらそうらしい。安城市のものだそうで。
「むしゃぶるように食いました」
『いくつ食べたー?』
質問がおかしいよ…。
「1つです」
『1つでいいのー?』
えーと…もういいんじゃ…。
「足りないぜ」
ちょっと茶化すように。でもちゃんと答えるんだ、そこは(笑)
「他になんかないの?」
『おおあんまきー!』
たぶんそう言ってたと思う。
大赤字?大変やな。働きやぁ」(関西弁)
いくらなんでも、もし財政が赤字だったとしても、そのことを名物という豊橋市民はいないと思うんだよ、HYDEさん(笑)
『おおあんまきー!』
ちょっと意地になる地元のファン。
「おおあんかけ?あんかけ?」
あんかけとは言ってないんだけど…。ますます意地になる地元のファン。
『おおあんまきー!!』
「あんまき?」
ああ、ようやく正解に行き着いた…!しかしそのわりにHYDEさんの反応が薄い。どんなものかを前の方の子に聞いたらしく、ふーんっていう感じの反応を返してはいるんだけど、なんだそれだけか的な様子。お気に召さなかったのかしら。こんなふうに反応が薄くてね、っていう話を友人E(和歌山出身)にしたら、「和歌山だって大した名物ないのに!」と憤慨してました(笑)
ところでいま「おっぱいまんじゅう」といっしょに「おおあんまき」を調べたんですが、知立市の名物になってますね、これ。豊橋から近いのかと思いきや、安城の隣らしい。愛知の名物ってことだったのかな?調べてて引っかかったんだけど、歌もあるんだとか。興味のある方は「おおあんまき」で検索してみてください(笑)

【MC3】
(もう一度事情を説明するのが手間なので、最初だけコピペ)
またJINちゃんだよ!(笑)
FAが最近JINちゃんとKAZさんばっか当たるみたいなこと言ってたけど、さらにほとんどJINちゃんのときしか立ち会えてない自分はどうなの。そしてたぶん、使い回し率が高くなってるのは当たりすぎてるからなんだろう。
いつものように、1つのセクション(MCで区切り)が終わるごとに、出たい人の救出作戦が行われてるんだけど、ちょうど涼の目の前がスタッフの通り道になっているため、度々視界がさえぎられる。そのせいで、気がついたらパンと音がしてたので、何周目だったのかはわからず。
「セセセセンキュー、センキュー、センキュー、センキュー」
字面がうっとうしいけど、このくらいは言ってた(笑)
「地元のみなさん、こんにちは。地元の……恒例となった、メンバーMC。HIROKIの煽りが聞きたかった人ー?」
HIROKI(の声)「盛り上がってるかー!」
というようなことを言ったと思うけど、またしてもディテールまでは…。
「KAZのほんわかしたムードを味わいたかった人ー?」
あっちょっと新しくなってる。
KAZ「みんな、盛り上がらなきゃだめだよぅ」
スローテンポで読むと雰囲気が出ます。どうしよう、ちょっとこの人すきだ(笑)FURUTONもさることながら、KAZさんもなかなかいい声だと思う。ツアーが終わるまでに1度でいいからKAZさんのMCを聞いてみたい。
「FURUTONの愛のささやきが聞きたかった人ー?」
FURUTON「俺と2人で、夜明けのコーヒーを飲もうぜ」
うーん相変わらずいい声。
「HYDEの愛のささやきが聞きたかった人ー?」
ここまで来るともう、前と同じことしか言わないだろうと薄々わかってるだろうに、盛り上がる客席。
HYDE「かんべんしてくらさいよー」
きれいにオチがついたところで、
「これからも、HYDE&HYDEバンドをよろしくぅ!」
とJINちゃんが締め。するとHYDEさんが、
「はい」
となぜか返事を(笑)
「出たい人はいまのうちね。出たいやつはいないか?」
と言うと、いくつか手が上がる。えらくビシッと上がってるし、HYDEさんも、「死にそう?」
と訊ねる。そしたら前の方にいた子が、なんかあまり声を張らずに『HYDE……死にそう』と返して。たぶん、「HYDE『に』」とかだったんだと思うけど、はっきりとは聞き取れなくて。HYDEさん本人は聞き取れたらしく、なんの感慨もなさそうに、そんなこと知ってたよぐらいの感じで、
「あ、そうか」
なんですか『あ、そうか』って(笑)

【MC4】
この日もステージへ出てくると、まず水を撒く。水鉄砲じゃなくて、普通のペットボトルで2杯ほど。それほど気合入れて撒いてなかったので、こっちまでは飛んで来ず。
「いい声出てんじゃねえか。豊橋ぃ」
豊橋初めてのお褒めの言葉(笑)
「俺が声出したら、みんなも声出してくれる?セックスといっしょだろ?」
おおっと。そっちへ持っていくのか。
「自分が高ぶれば、相手も高ぶる。男だとか女だとか関係ねえ。これは人種を超えた……あっちがうわ」
素の顔になるHYDE氏。
「性別を超えたセックスだ!」
カッコよく決めたかと思いきや、ちょっと鼻のあたりに右手をやりながら笑ってた。
ファンになった最初の頃は、やらしいこと言われると、「はずかしいからやめて!」って蒼白にすらなりかけてた自分がいたのに、いまは「しょうがない人だな」とちょっとあきれるだけっていうのが、とてもいや(笑)
「出たい人は手上げて。いまのうちだ。もう止まらねえからな。容赦しねえぞ」

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006.06.01 22:18  | # [ 編集 ]

はじめまして。
誰かのためになってるのかどうかわからないようなレポですが、読んでいただけたようでよかったです。
コメントの件については、6/2の記事にも書いたとおり、応じかねますのでご了承ください。

2006.06.02 19:18 URL | 涼@管理人 #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://7thskylight.blog42.fc2.com/tb.php/111-449cfcf6

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。