God only knows

NO L'Arc, NO LIFE!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
※ネタバレ注意!





スポンサーサイト
※ネタバレ注意!




ご、ごぶさたしております……スズです……。

あまりにも放置が長引くと、日に日に出て行きづらくなっていくという…。あの、正直に言います。夏JACKで倒れたわけでもないし(疲れて2日ほど使い物にならなかったけど)、新型インフルにかかったわけでもなく、ただその…、言うなれば精神的なダメージからのリカバリのため、ちょっと充電しておりました。

ちなみに夏JACKには無事参加でき(高速1000円渋滞にも巻き込まれず)、フェス初参戦にしてはまあまあ上手く見れたほうだと思います。PC持参だったくせに、夜にセットリスト速報をやらなかったのは、ひとえにオフィシャルサイトでレポがあることを知ってたからです。もちろん見た分はメモ取りましたが。

えーと、結局ホール内で見たのは、筋肉少女帯(後半)、acid、清春兄さん(後ろでシッティングで)、カラス(左に同じ)、Ken、tetsu、DEAD END、シド、VAMPS、44MAGNUM(後ろでシッティングで)、オールスターズかな。前半の若手は、ホスピタリティエリアのモニタで鑑賞。

見てのとおり、なにしろ夜がしんどかった。前半ブロックの最後尾で、三角座りして寝てるときありましたからね。寝ようと思ったわけじゃなく、すわったら意識が飛んだ(マジです)。かっくんかっくんなってるのを見て、倒れて頭を打たないように、相方がそっと後ろに立ってガードしてくれてたほど(持つべきものはやさしい相方…)。
でも、タイムテーブルってそういう意味じゃないんですけど……。これってタイムテーブルじゃなくて、出演順とかプログラムとかいうやつじゃないのか。と、発表されてすぐさま見に行ったスズさんは思った。これで計画立てろっていうほうが無理じゃん…いやがらせか?そうなんだな?だと思ったよ!

まったく発表されずになだれ込む場合もあるわけで、それに比べたらいくらかマシ、といえばたしかにそう。少なくとも、トップバッターじゃない、とかはわかるわけですからね。なんとかVAMPSまではねばりたい…!とかさ。でも、JACK(天嘉)には特有の問題が2つはあるわけですよ。

まず、アーティストごとの出演時間がまちまち。かつては最短15分、とかいうこともありましたからね。トイレ休憩できるギリギリの時間。…まあそれはおいといて。出入りの時間がやっぱり読めないですよね。転換の時間もどのくらい見てあるのかわからないし。去年はいくつか見て、時間が読めるようになってから席立ってましたから。

そして最大の問題は、間にセッションが入るであろうこと。加えてそれについては何の情報もないこと。去年はセットチェンジが少なくて済むようにプログラムを組んであって、おかげで短時間での転換を実現してたので、今年もきっとそうなるでしょう。

だからまったく読めないとは言わないけど、誰がなにやるつもりなのか全然わかんないのに、どうせぇっちゅうねんって話ですよね。かつては事前に発表されてたこともあったし、今回も少なくとも、入るときに配るかなんかしてほしいなぁ。それいい考えじゃないですか?クロークも中だから、邪魔なら預ければいいだけだし。

……まあ注文はほどほどにして、と(笑)
の、前に。そのライヴ当日夜中にL’7パリ特番のスペシャル版を放送するって、なんかの嫌がらせ!? しかも23時半からとかですよ、お嬢さん。終演22時予定なんですけど!しかも絶対22時には終わらない。賭けてもいい。

人生のかかった試験のため、うなされながら眠っている娘の代わりに録画を頼まれてくれたはずの父親にミスられ、前回の特番を見逃してるスズさんからすれば、もちろん朗報ですけれども。しかし、あえて。あえてそこを夏JACK当日ってどういうことやねーん!

なんで?お盆だから?ご家族お誘いあわせどころか、一族郎党お誘いあわせて見てね☆みたいな話?これも布教活動の一環ってことですか。というか、「ラルクって解散したんじゃないの?」とか親戚のおじさんに言われても、わざわざ反論しなくていいように、とか?うわぁ、ありがたくって涙が出ちゃう!

まあ、なにをそんなにぐちゃぐちゃ言ってるかというと、結局誰かに録画を頼まないといけないという事実におののいているだけです(ごく個人的な事情)。だって、家でいちばん信頼できるはずのパパンに裏切られたんじゃ、もう誰を信用していいやら…わかりました。保険をかければいいんですね。複数の人に頼むのだ。そうだ、ブルーレイレコーダを持ってるHちゃんに頼んでみよう。あれ、なんかすごくいいアイディアじゃない…?

さて、気を取り直して本題。いよいよ約1週間後にせまった夏JACK(相方との間ではしつこく「夏のびっくり箱」と呼んでる)。これに向けて気持ちをライヴにシフトさせるべく、そして現実的かつ物理的な準備を行うべく、To do listおよび持ち物リスト的なものをつくってみました。天嘉に始まるJACKの中でも初めての“夏フェス型”イベントなので、そこらへんの情報も集めて、普段わたしと相方が使っている持ち物リストに追加修正を加えてみました。
今回は短く二文字で帰ってきました!そうです。今度は本当の帰還です。…とりあえずは。舌の根も乾かぬうちになにを、って感じですが、やることはやって、結果待ちの状態なのですよ。その結果次第ではまた忙しくなるかもしれないし、そこはなんとも言えず。でもたぶん大丈夫だと思います。

復活、と打ちながら、そういやラルクさんは「復活」という言葉を何度使えば気が済むんだろう…とちょっと考えてしまった。きっとこの先も「復活」とか「再会」とか繰り返すんだろうな。「再開」じゃないですよ、「再会」。「会うだけかよ!」とツッコんでいたのはどこの雑誌だったか。

でも、L’7ツアー中の去年、突然「2011年までライヴ休止」と言われたときには、2011年なんて遠すぎる未来のことだと思ったけど、あれから1年経って、ラルクが動いてない状態にも慣れてくると、そうでもないか、と思えてくるから不思議なもんです。ソロとラルクのスイッチも何度目かになると、いろんなことに予想がつくようになるし、やっぱり慣れなのかも。

今年はいよいよ、公式には初めて(ですよね、たぶん)、天嘉改めJACKもとい夏JACKにて4人がそれぞれのソロで同じ舞台に立つことにもなりましたねー。こういうのって泡祭り以来ですよね。あのときも4人がそろってたわけじゃないし。
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。