God only knows

NO L'Arc, NO LIFE!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
あー…油断した。完全に油断してました。めざまし等のときのまとめ撮りだと思って。なのにあの妖精ときたら!

なんでうつ伏せになって肘ついて(頬杖のときもある)、ふらふらさせながらしゃべってんの!

K.A.Zさんが怪我してるから座らなきゃいけないのはわかる(椅子がないので床に直に)。わかるけど、その隣に並んだらよかったんじゃない。ていうか普通そうするよね。その体勢で、カメラ目線で(アイメイクばっちりで迫力の目力)、笑みさえ浮かべながら、

「Music Japan TV COUTDOWNをご覧のみなさん、VAMPSです!……の、HYDEとK.A.Zくんです」

って、ファーストシングルのリリースコメントじゃないだろ!初々しさがみじんもない!(笑)
スポンサーサイト
ですって、奥さん!(hydeのように大仰なおばちゃん手振り)

なんのこっちゃと思って見に行ったらそんなに大したことでもなくて拍子抜けしたのは内緒の方向で(笑)だってこれ、JasonがMySpace書いてるスタンスといっしょじゃないの。とにかく広めて!聴いてもらって!っていう。まあ新人なので(笑)、そこからはじめないといけないわけですが、結局どこ行ってもほとんどHYDEがしゃべってて、見た目ほとんど“HYDE”と変わら…いえいえ、なにも言ってないです。ところでそんなJasonは最近どうしてるのかと思ったら、涙でキーボードを壊してました参照)。相変わらず大げさなJason。

コメントの類は各所で出ていて、しかも見事に携帯ばっかりなのでうっとうしくて(←)、ほとんど放置してるんですが、この60億人計画をやってるgirlswalkerのとこのコメントだけは見てきました。普通に誰でも見られるやつと、その計画に参加すると見られるってやつ。内容はプロモーショントークなので、どうということもないんだけど(めざましのときのまとめ撮りだから無駄に美人なことは保障)、どっちのコメントでも「VAMPSです」って言いながらHYDEが裏ピースをしてるんですけどこれいつのまにデフォルトに…?

しかもmusicぴあの表紙のときみたいに挑発的にビシッとキメてるんじゃなくて、頬に寄せているので、写真(というかプリクラ?)を撮るときの女の子のようですけど…やっぱりVAMPSのHYDEはそういう設定なのね。HYDEとK.A.Zさんで男女のユニット。それがVAMPS。うん、なんか別に違和感もないしそれでいい気がしてきた…どうせ妖精だしな…。
デカいなぁとは思っていたけど、プロフィールの183という数字を見てびっくり。kenちゃんよりデカいじゃん!(ものさしが常にラルク仕様)いやーそうかそうか、そうですか。どうりで踊り狂うHYDEとそれに乗っちゃうベーシストのツーショットが大人と子どものようだったわけだ。183というとうちの父(181)より大きいから、ちゃんと大きく感じるだろうなぁ。小さい頃から家の中に180以上の人がいると、180以下は「長身」に分類されないんですよ。あ、kenちゃんは例外です。脚が長くて実際より大きく見えるから。

さて、いきなり身長の話からであれですが(笑)、ju-kenさんとおっしゃるベーシストだそうで。HYDEは自分の口からはまだ言ってないんじゃないのかな、と思ってたんだけど、ju-kenさん自身が書かれていたのね。そういえば、ライヴのスケジュールがおもしろいことになってましたよ。ZEPPの6~10daysの間にディストのオフ会もあるし、てっきりライヴがない日もずーっとVAMPS(およびHYDE)が会場を押さえてるんだと思ってたけど、合間に何度か土屋アンナのライヴが入ってました(笑)

これわざと当てたのかな?VAMPSの怒涛のツアースケジュールに付き合うだけで大変なのに、間に別のライヴもあってなんて、移動があったらより大変ですよね。でも休みなしで5daysも大変だろうなあ…ヴォーカルとかドラムよりは負担は少ないんだろうけど、でも、ねえ?
予告どおり、というわけにはやはりいきませんでしたが(笑)、相変わらず空気の読めない感じで大阪初日のMCです。ちょっと変則ですが、本編レポをアップしてしまうと、Vol.1だけ書きっぱなしてしばらくそのままになる可能性があるので、キリのいいMCを先に上げます。このままMCだけ連続でぱーっとアップしちゃおうかな…いやいや、そこまでするとやっぱりあれなのでしませんけれど、でもとても魅力的な話だなぁ(MCレポは比較的時間がかからない)。

そういえばこないだ…と言っても、もうずいぶん前だけど、この初日のあった週に(笑)、ツアーピックを買いに心斎橋の楽器屋さんに行ったんですよ。もう何度目かわからないので、まっすぐ売り場へ行ってささっと選んで、レジでお金を払っていたら、どうも聴き慣れたベースラインが聴こえてくる。

……HONEYだ。

店の奥でベースの試奏をしてる人がいて、その人が弾いてるみたいなんだけど、もう無心にHONEYなわけですよ。ひたすらにHONEY。世間にもよく知られている曲とはいえ、ベースラインだけでわかってしまった自分(たち)がちょっとおかしくて、隣の相方にそう言っていたら、HONEYが途中からNEO UNIVERSEに。えええ!? いつもこの曲練習してんのかな…譜面なしでさらっと弾けるってことは、相当弾き込んでるってことだよね…。

まあたぶんわたしも相方も、これらがどの曲だったとしてもベースだけで判別できたと思いますが(自慢にならない)、ちょっとおもしろい体験だったなーという話でした。こうやってツアーのたびに足を運んでますけど、こういうのは初めてですよ。

と、いうわけで、肝心のMCは追記から。
最近またメールを送ってくるようになった天嘉友乃会、じゃないや、CLUB MAVERICKだっけ。いつもは全然興味のない所属アーティストの情報を送信してくるので、ぱっと見て消してるんですが、昨日はVAMPSの配信情報が流れてきてびっくり。え、ハイディったらほんとに古巣に戻ったの?でもマーヴェリックからメールが来るってそういうことですよね?ということは、天嘉…じゃないや、ああもう、ややこしいな。びっくり箱に出られたりもするってこと?

びっくり箱といえばですねえ、今年もあるかわかんないけど、あると信じて(笑)、もちろんそこらへんは予定を空けるようにしてあるわけじゃないですか。まだ半年も先なのに予定が入ることはまずないにしても、気持ちの上では。そんな感じでぼーっと過ごしていたら、こないだゼミのときに、卒論提出までの日程を説明されて、「クリスマス周辺も当然のようにゼミあるし提出迫ってるから実家にも帰れないかもね」的なこと言われたんですけどどうしよう!と、昨日ジャニヲタの友人に力説してました(笑)だって、年に1度の楽しみなのに!年末武道館は年中行事なのにー!!

しかも今年は、それぞれでソロのタームがスタートしてるタイミングですよ。いまだってVAMPS以外にもちらほら噂があるみたいだし。そんなときに行かないなんてありえないでしょう。学生最後の年(=自由の身でいられるのも最後なら、便利な土地にいられるのも最後)なのに。

実はすでにチケットを確保してるVAMPS名古屋公演の翌日にも、同じゼミの子が卒論のために行う子ども向けのイベントがあるらしいんだけど、これはすでにこっそりその子に根回しして、「ごめん、ほんっとにごめんやけど、リハとかもしくは当日も参加できないかもだけど、それまでは全力で手伝うから許して!実はライヴがあるからだけどもし休めそうにない雰囲気だったら先生には法事って言うから黙っといてな(小声)」と言ってあります。薄情な友人でごめん。でもTだってわたしを新潟(調査に行く)に置き去りにするつもりなんだからそんなのおあいこよ!と心の中では思っています。

さて、話はまったくもって変わりますが、今日はこないだ大人買いした雑誌感想を述べておこうと思って出てきたのでした。それと、昨日出たkenちゃんの活動情報について。えーと、相当、長い記事になってます。こんなに長いんじゃ目しょぼしょぼするじゃん!と思われた方は、2日にでも分けて読んでください(笑)
L’7レポが途中ですが、ちょっと閑話休題ってことで、VAMPSのファーストシングルのPVの雑感です。気持ちがまだL’7に残ってるので、PV解禁もスルーしようかとちょっと思ってたんだけど、気がついたらちゃんと初OAを録画してました。これはもう身についた習慣ですね。寝る前に歯を磨くみたいな。…うーんなんの自慢にもならない。

でもまだラジアンでの音源初OAは習慣化されてなかったので、それはすっかりスルーし(本気で忘れてた)、めざましで放送されたサビしか知らずにPVを見る予定だったんですが、その前にPATi PATiを見たら「エロい」「やらしい」が連発されてて、おいおいどんな曲なんだよ…と思いながら見たPVの雑感です。だってイトウアキさんLET’S GET IT ONを親切にも日本語訳してくれちゃってるんだもん…いや知ってたけどね、言われなくてもね。

というか、それよりも!それよりもわたしは、同じくイトウさんが歌詞から抜粋していたMOM, I’M SORRYのほうにびっくりして、HMVで思わず吹き出しました。だって、だって「ママごめんね」ってあなた!!女の子目線なの?しかもこういうこと言うのって若い女の子だよね?

わたしの中では、「ママごめんね」にはブリグリのI’m in Heavenのイメージがあるので(ママに内緒で夜中に部屋を抜け出して彼とパーティに行っちゃう女の子の歌)、その言葉にはそういう、ティーンの女の子特有の大胆さと、内緒でママに言えないようなことをしに行っちゃう背徳感からくる高揚感、開放感、そういうものが内包されてるんだけど…ハイディ?どうなってるの??

と、疑問符をいっぱい浮かべながら見たPVの雑感、です。CDでーたやワッツインに出ていた歌詞を見てしまったいまとなっては、これがちっとも女の子目線ではなかったことはわかってしまっているんですが(訳に“俺”って書いてた“俺”って)、初見の時点では知らなかったってことでひとつ。
まるで連載のような顔をして書いてきたL’7大阪ファイナルレポも、これにて締めです。これが終わったらちょっと小休止ってことで、LOVE ADDICTのPV雑感を書くつもりでいます。たまには脳も休めないと、記憶がこぼれてしまいそうなので。雑感となるとまたちがう回路を使うので、ちょっと気分が変わるのですよ。VAMPSのファーストシングルとラルクの休止前最後のライヴでは、全然意味合いもちがいますからね。主にプレッシャーの大きさが(笑)

えー、MCレポはですね、別に速記の達人とかではないので、当然のことながら、一字一句そのまんまというわけにはいきません。ただ、慣れと記憶力によって多少はカバーされてると思いますし、相方と2人で擦り合わせているので、ほとんど網羅できてるはず、です。ちょっとした語尾とかまでは保証できませんが、会場で聞いたような気分ぐらいにはなれるかなと。

実はMCでいちばんしんどいのは、しゃべる機会の多いhydeではなく、kenちゃんだったりします。kenちゃんは頭の回転が速いので、しゃべってる間に次のことを考えていて、ぽんぽん言葉が出てくるんですよ。たとえ大した内容じゃなかったとしても(笑)だから追うのが大変。hydeも分量的には変わらなかったり、むしろ多いときもあるけど、考え考えゆっくりしゃべるので(「えー」とか「あー」とか「フー!」とか無意味な言葉が多い)、ちゃんと覚えたり書いたりする間があるんですよね。あとなにを言い出すかわりと想像がつく(笑)

はい、そんな感じのMCレポです。MCの位置などはVol.1のセットリストにてご確認をば。
おとといから分割してアップしている大阪ファイナルレポ、本編ラストをお届けします。ふふふ、すごい長さになってきましたよ…(壊)まあでも、先は見えてます。あとはMCレポを体裁整えてアップしたらおしまい。これでわたしのL’7もようやく終わりを…と言いたいところですが、まあ、終わらないでしょうね(笑)他の公演のレポにも片をつけるまでは。

さっきHMVで、どれを買うか考えるのが面倒になったので、ええい全部じゃ全部!と音楽雑誌(PATi PATi/CDでーた/ワッツイン/oricon style)をまとめ買いしたら、店員さんが厚意で袋を四重にしてくれました。四重ですよ、四重。米じゃあるまいし(お米だって普通は二重です)。

講演会の資料を封筒に入れて持っていたことに、袋を二重にした時点で店員さんが気づいたためにこうなったんだけど、いやぁなんというか…貴重な体験をしました。

というわけで、それとはまったく関係なく、追記から渾身のレポをどうぞ!Vol.1から読む方はこちら。
昨日アップした大阪ファイナルレポ、Vol.1の続きです。

L’7が終わったばっかりだっていうのに、VAMPSの活動がにわかに活発化してきて、休む間もないって感じですね。こっちも、向こうも。水曜日に配達記録の不在票が入っててなにかと思って再配達頼んだら、VAMPSツアーのHyde Room先行分のチケットでしたよ。9/29公演の。こんな失くしそうな早さで届けられても…。

そんな中、oricon styleのL’7東京初日レポは見て来ましたよ。内容にきちっと目を通してはいないんだけど、hydeがてっちゃんとyukihiro先生に(恐れ多くも!)ちゅーをかましたことがしっかりと明記されていて、なんだかなと思いました。さすがに写真とかはなかったですが。前ツアーのとき、てっちゃんとhydeのキスシーンをばーんと一面に載せたMUSICAがなにかやってくれることを期待…していいのかしら…だってそんなえっと…まあ、それとは関係なく、これは大阪公演のレポです!(笑)

では追記からどうぞー。
国内全通のくせにいきなりこれかよって感じですが(笑)、L’7大阪ファイナルのレポです。いま完成にいちばん近いのはこれと東京ファイナルなんだけど、より記憶が新しく、きちんと結晶化して残しておきたい方の8日分から書き上げようかなと。

燃え尽き症候群だとか、毎日泣き暮らしてるとかではもちろんなく、単純に疲労(たぶんね)からなかなかレポが進まず、お待たせしました。2週間でラルクのドーム公演(1本3時間)を5公演ですからねえ。そりゃ消耗もするってもんです。ただ、いつものごとく、お肌の調子だけが無駄にいいです。おそるべし妖精の粉(適度な運動と発汗によるデトックス効果ではなく、あくまで魔性のせい)。

えーと、とりあえず、いつもどおり3部作(本編2部+MC編)のつもり…だったんですが、諸事情により長くなってしまったので4部作(本編3部+MC編)に変更します(笑)最終公演ですが、うちでは最初のレポになってしまうので、演出+セットのこと等々も書き込むようにしてます(だから長い)。毎回ステージ全体が見える場所で観ているわけでもないので、日によって書いてることがちがってくると思いますが、そこらへんはご了承をば。

では、追記からレポをどうぞ。そういえば関係ないけど、この下のセットリスト速報の“ネタバレ注意”が滑稽ですよねえ。もう終わってるんだからなんのネタバレもないっての(笑)
※ネタバレ注意!



※ネタバレ注意!



整骨院(骨盤矯正で通院中)の先生に、東京でラルクのライヴを見てきたという話をしたら、「あーラストライヴ!」と言われました(どーん)。いやいや、3年の休止前のラストという意味ではたしかにそうだけど、そうじゃないのよ。これが直後ならまだしも、告知からそろそろ1ヶ月も経とうという頃ですよ。そんなことぐらいではへこたれず、「ライヴが3年休止ってだけで、活動休止じゃないって本人たちは言ってるんですよー」とやんわり言うわたし。

なのになぜか「えーでも解散なんじゃないんですかー?」と食い下がられ、「はははちがいますよー」という声は少々こわばる。おのれ、言ってはいけない2文字を…!(ヴォルデモートか)そういえばその先生、32歳男性でhydeと出身が同じなんだけど、あの県の人ってみんなhydeの地元だって知ってますよね。同じ出身地の友人にそう言ったら、「そうだよー!有名だもん!」と返されました。そういうもんなのかしら。

その先生、高校生のとき友人に、「ラルク聴いといたほうがええで」と言われ、まだインディーズだった頃の彼らのCDを買って、その頃は聴いていたらしい。年代的にはそんなものなのかなーと思いながら話を聞いていたら、「誰のファンなんですか?」と訊かれて、ここでhydeと答えたら負けだと思ったので、「えーと、ドラムの…yukihiroっていう。聴かれてた頃はちがう人だったと思うんですけど」と答えるhyde寄りのyukihiro贔屓。

知らないかもと思って注釈をつけたんだけど、sakuraの抜けたときのことをズバッと言われ、ちょっとひるみつつ(いやなんとなく…)、はいはいと質問に答えるものの、その先生がユッキーのことを「あの子」と呼ぶのが途中からおかしくなってきて、吹き出しそうでした。だって「あの子は歌詞とか書くんですか?」とか言うんだもん。「あの子も歌うんですねー」。誰だよあの子て!知り合いか!

とまあ、そんな感じでこの2日ほどを過ごしてきたわけですが、あっという間に大阪ですよ。
ただいま戻りました!えー、丸4日におよぶ遠征だったんですが、途中救急車のお世話になるなど、諸事情ありまして、やると宣言していた遠征用ブログの更新があまりできなくて申し訳なかったです。セットリストが若干速報というには遅れてしまっていたことも。

なぜ人生2度目の救急車体験になってしまったかというと、2日目のライヴのあと、東京組と会って「仕事休んでもライヴ休まず」「整骨院に通ってもライヴ休まず」という標語を生み出してから電車に乗ってホテルへ戻ろうとしたんですが、その途中、駅の階段の真ん中で突然ばったり倒れてしまったんですねー。

で、相方がセカチューのごとく助けを呼んでくれたらしいんだけど、その間も意識がなかったわたしは記憶がなく、とても残念…ではなくて、ぶっ倒れたときに手すりと階段で頭を打ったらしく(覚えてない)、親切なドラマーのお兄さん(パールのドラムを運ぶ鞄を持ってらした)が呼んでくれた東京消防庁の救急車で運ばれ、上の2つに「救急車に乗ってもライヴ休まず」という新たな標語を加えるなった、とまあこういう話でして。

運ばれて各種検査をされたものの、意識を失ってたのも大した時間じゃなかったらしいし(相方談)、今日はお酒を飲み過ぎず、早めに寝るようにって言われただけで普通に生活して大丈夫とお墨付きをもらったので、中日はホテルでグダグダしていたものの、ちゃんと3日目も参加してきたし、ご心配をおかけしましたがスズは元気です!同じくERに運ばれていたおばあさんが、けろっとした顔で「格が上がったわね」と言ってらして、それを見て「わたしも格上がったかな?」とか言えるくらいには。

いやぁ、気がついたらセカチュー状態だったこともびっくりしましたが、救急車の中で住所を書かされたため、「旅行?」と訊かれ、もしかしてライヴではっちゃけすぎたのが原因とも限らなかったので、正直に「いえ、旅行というか、コンサートを見に来てて…」と答えたら、「なんのコンサート?」「どこで?」と重ねて訊かれ、「ラルクアンシエルの…」「東京ドームで…」と答えなくてはいけなかったのがいちばん居たたまれなかったです。

と、いうわけで、前置きが長くなりましたが、追記ではこの3daysをさらっとおさらいしときます。レポはすぐには出来上がらないので(なにせもう3日もしたら大阪公演)、とりあえずの措置で特筆すべきことだけ。

※ネタバレ注意!
※ネタバレ注意!

追記:
ちょっとした勘違いにより曲が前後してたので訂正。
※ネタバレ注意!


今日はちゃんと確認したので、つづりは合ってると思います!(笑)
※ネタバレ注意!

遅くなりました!ミラクルの連続で楽しかったですが、とりあえずセットリストだけ上げます。確認できてないのでもしかしたらつづり間違ってるかもしれません。安易に信じないように(笑)曲自体は合ってるはずです。

追記: つづりやカタカナ表記を直しました(笑)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。