God only knows

NO L'Arc, NO LIFE!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
予告どおりの雑感です。まずはSHINEから。ほんとはNEXUS 4から書くつもりだったんですが(一応タイトルでは最初の曲だし)、GiGSにNEXUS 4のスコアが載ったので、それを見ながらじっくり聴いてから書くことにします。いっしょにLOVE ADDICTのスコアも載ってたから見ながら久しぶりに聴いたら、意外とよくできてるなぁと思ったりして、結構これもおもしろかったです。ちなみに今月号のGiGSは表紙巻頭VAMPSでしたが、読者層しぼりすぎじゃないのかGiGS。

ところで今日って29日ですよね。29日といえば、われらがラルクさんがMステに出る日であり(しかも次は何年後かわからない…!)、VAMPSのハロウィンの先行結果発表の日であり、Kenさまがなにかを起こす(たぶん)予定の日じゃないですか。

な の に。

これから兵庫の田舎の方(らしい)まで調査に行かなければならないなんて!こんな朝っぱらから家を出て(よってこれは昨夜、睡眠時間をけずって書きました)、帰りはもしかしたらMステに間に合わないかもしれないなんてー!(倒)なぜよりによって今日なのか。ほんとはDVDの鑑賞会だって今日する予定だったのにさ…卒論め!

と書きなぐったらとりあえずすっきりしたので、気分を切り替えて(笑)、雑感をお楽しみください。わたしは出かけます。うーん…また駅まで走らないといけないな、これは。
スポンサーサイト
L’7レポが途中ですが、ちょっと閑話休題ってことで、VAMPSのファーストシングルのPVの雑感です。気持ちがまだL’7に残ってるので、PV解禁もスルーしようかとちょっと思ってたんだけど、気がついたらちゃんと初OAを録画してました。これはもう身についた習慣ですね。寝る前に歯を磨くみたいな。…うーんなんの自慢にもならない。

でもまだラジアンでの音源初OAは習慣化されてなかったので、それはすっかりスルーし(本気で忘れてた)、めざましで放送されたサビしか知らずにPVを見る予定だったんですが、その前にPATi PATiを見たら「エロい」「やらしい」が連発されてて、おいおいどんな曲なんだよ…と思いながら見たPVの雑感です。だってイトウアキさんLET’S GET IT ONを親切にも日本語訳してくれちゃってるんだもん…いや知ってたけどね、言われなくてもね。

というか、それよりも!それよりもわたしは、同じくイトウさんが歌詞から抜粋していたMOM, I’M SORRYのほうにびっくりして、HMVで思わず吹き出しました。だって、だって「ママごめんね」ってあなた!!女の子目線なの?しかもこういうこと言うのって若い女の子だよね?

わたしの中では、「ママごめんね」にはブリグリのI’m in Heavenのイメージがあるので(ママに内緒で夜中に部屋を抜け出して彼とパーティに行っちゃう女の子の歌)、その言葉にはそういう、ティーンの女の子特有の大胆さと、内緒でママに言えないようなことをしに行っちゃう背徳感からくる高揚感、開放感、そういうものが内包されてるんだけど…ハイディ?どうなってるの??

と、疑問符をいっぱい浮かべながら見たPVの雑感、です。CDでーたやワッツインに出ていた歌詞を見てしまったいまとなっては、これがちっとも女の子目線ではなかったことはわかってしまっているんですが(訳に“俺”って書いてた“俺”って)、初見の時点では知らなかったってことでひとつ。
えーと、大丈夫です(笑)本編感想の約半分しかないので、そんなに構えずに追記を開いてくださいませ。普段の記事の1.5倍ぐらいはありますけど…まあたかだか1.5ですから!

評判どおりの、すばらしいライヴDVDでしたねー。この津々浦々も、本編も含めて。これだけ長々と感想書いてれば、改めて言わなくても伝わってるとは思いますが(笑)同じく評判のよかった、前回L’Anniversary LiveのDVDのときも、さかのぼったら3回にわけて(!)感想書いてました。なんにせよ、ようやくラルク側にファンの需要が伝わったようで、うれしいことです。

なによりも、画質が異様にいいですよね。最初は大画面の液晶で見たので、そのせいかと思ってたけど、家で小さいブラウン管で見てもきれいだった!(笑)普通に見ててもわかるけど、1/2とかのスローにするとすごいよくわかりますよ。遅くしても1枚1枚の画の輪郭がはっきりしてる。

普通のDVDでこのレベルなんだから、ブルーレイだったらもっとキレイなんでしょうね。HYDEが1枚出して以降、ブルーレイという言葉も聞かなくなりましたけど、1本化もされたし、元々こっちの陣営だったラルクさんなんかすぐ出してきそうな感じするんですが。え?前はすぐ変わったら困るって言ってたじゃないかって?うんまあそうなんだけど(笑)、でも、どうせすぐに完全移行にはならないから大丈夫ですよ。ビデオ→DVDのときと同じで。

うちはまだ、再生機(PS3)が実家に1台あるだけなんですが、ラルクがブルーレイと両方出すことになったら、いまならブルーレイを買うかもしれないなー。見られるなら最大限の高画質で見たい。と思うラルクファンは、世の中にごまんといるでしょう(断言)。フランスに行くファンがあれだけいるんだからブルーレイの1台くらい!(笑)

という感じで、なんの話かわからなくなってきたところで、追記はDisc2の感想です。
というわけで、こっちはc/wのDune 2008の雑感。どうせわかれちゃったので、ついでにDRINK IT DOWNのほうで書き忘れたジャケットの話を導入にでも。

どこかのサイトで最初にジャケットがアップされたときも思ったんですが、実物見るとますますよくて、歌詞カードを広げて思わずためつすがめつ眺める。アートディレクションのクレジットを探そうとしてたとかそういう話じゃないですよ。…そういう話ですけど(笑)あんまりよくできてるから(というか好みだから)、誰だろう?と思って探したんだけど、なかったですよね?シングルは曲に対するクレジットはいつもほとんど書いてないけど、ジャケットが誰の手によるものかくらいは書いてあったと思うんだけどなぁ。もし見落としだったら放置せずこっそり教えてください(笑)

ラルクさんのこういう、ジャケットだとかロゴだとかに対する良し悪しって、わたしは結構はげしく二極化する傾向にあって、“すごい好み”か“わからない”かのどっちかなんですよ(笑)たとえば、THEARTER OF KISSのロゴは“わからない”し、あのツアーのFCチケの配色なんてどうやったらこんな魅力のない配色にできるのかまったく理解できなくて、あれこれ言ってたのはご存知の方もいらっしゃるでしょう。

CDのジャケットは最近好みの範疇に入るものが多かったけど、これは曲にも合っててデザインとしても秀逸で、かっこいいとかより、よくできてるなーって感じですね。白黒赤青の対比的な配色に変化を与える、タイトルとバンド名のシルバーが嫌味じゃないし浮いてもいない。ピクチャーレーベルや歌詞のフォントに至るまでちゃんとトータルで考えられてて、目が行き届いてる感じがするし、非常に好みでなによりでした。間に挟まってるぺたぺたのデザインには腰が砕けるけど(笑)
見ました!!見ましたよー昨日のNew Cutsで。最近下降気味だった気分がいったん底まで行って、変な方向に浮上し出した時期だったので、相乗効果でえらいことになり、1回見たら寝ようと思ってたのに、結局2度、3度と見ちゃった。こないだ近所の大型SCで、なにもないのに派手にすっ転んだスズです☆(変な気分続行中)デパートとかSCとかの床ってなんであんなに摩擦が小さく出来てるんでしょうね。カートをスムーズに転がすため?子どもとか転んで危ないと思うんだけど。……ではなくて。

ラジアンでのフル解禁とPV試聴の開始が同日だったので、そんなに待たなくても解禁されると信じて、試聴でチラ見したりしなくてよかったです。感動が薄れるから(笑)とはいえ、PVの撮影はツアー中。ツアー中の撮影といえば、MY HEART~の、いかにもメンバーの稼働率が低いPVがあるわけで、あんまり期待しないように、なるたけフラットな気持ちで臨む所存だったんですが、昨日ちらっとのぞいたディストのBBSで“ヴァンパイア”という魅惑のワードを目にしてしまったら、期待しないほうが無理ってもんですよねー!(笑)

というわけで、テンション高めに感想です。久々のimpressionカテゴリですね。
昨日は、全国のラルクファンが朝から夜中までラルクさんに振り回されっぱなしでしたねー。かくいうわたしももちろん振り回され、特に朝の衝撃が強かったので、夜にはすっかり疲れ果て(身体より脳が)、ろくなことを思わない気がしたので、KISSを聴くのはやめて、音楽戦士とぷっすまだけ見て寝ました。フライングしてその日に聴かなかったのは初めてかもしれない。

夜中の1時2時に大爆笑して、隣りの住人は非常に迷惑だったと思われる音楽戦士およびぷっすまの感想はまた明日書くとして、今日はKISSの雑感を書こうかと思います。感想っていうよりは、ほとんどファーストインプレッション。なにせまだ1回しか聴いてないから(笑)じっくり聴きこんでからの感想はまた別に、2週間ぐらいしたら書こうかな。印象って聴きこむと結構変わるので(極端なこと言うと最初は好きだったものが「いまいち」に思えたりする)。

昨日は帰りにHMVに寄って引き取って来たんだけど、予約票を渡したあとがえらく長い。いつもはレジの後ろの棚を開けて、ぱっと出してくれるのに、予約票の片割れが綴じてあると思われるファイルを、めくっては見、めくっては見してる。普通はCDに予約票が貼ってあるのにちがうのかなあと思って、お兄さんの足元見たら、段ボール箱いっぱいのKISS!

こんなにあるの見たことない!と思って、思わずレジカウンタの向こうから必死に数えましたよ(笑)ざっと数えただけでも40はあったかな。シングルは20そこそこぐらいしかいつもないから、倍ですよ、倍。こんな田舎の私鉄沿線のCD屋でこれは結構すごいと思う。ちなみにMちゃんが行った難波のタワレコには、100枚を超えるKISSがダンボールに詰まってたらしい。しかも、Mちゃんが店内にいた間だけで、6枚は売れたとか。ラルクって人気あるんだねー!(?)

この先の追記は、KISSの外身および中身のネタバレあり。
昨夜は別のものを録画してたので、今朝6:30からのを録画しつつ、見ながら朝ごはん食べてたんですが…もうおっかしくてごはんどころじゃない!(笑)朝からいい笑いをありがとう、って感じでした。昨日寝る前に見たりしなくてよかった(寝られなくなること請合い)。

正直、昨日のめざましでOAされた分(1番のBからサビ)だけ見たときは、なにが悪いってわけじゃないけど、なんかちがうんだよねえ、と思ってたんですね。九十九里で撮ったって話も、サンタの話も聞いてたけど、こんななのかー、ふーん、と。だけどフルで見たいまは、

hydeがかわいいからもうなんでもいいや(*´∀`*)

という、おまえどこのhydeファンだよ!と激しいツッコミが方々から飛んできそうな気持ちです。だってハイディのあんな笑顔がPVに撮られたこと、かつてあったかしら?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。